【祝 来日決定】I'm Not In Love / アイム・ノット・イン・ラヴ (10cc) 1975



I'm not in love
So don't forget it
It's just a silly phase I'm going through

僕は恋してなんかないさ
そのことを忘れちゃわないでね
恋なんて僕も経験した ただの馬鹿げた段階さ

And just because
I call you up
Don't get me wrong,
Don't think you've got it made
I'm not in love,
no-no
(It's because)

それはつまり
僕がきみに電話するけど
誤解しないでってこと
やったね!なんて思わないで
僕は「恋」なんてしてないんだから
ノー ノー
(それはつまり…)

I like to see you,
but then again
That doesn't mean you mean that much to me

きみに会いたいと思うよ
でもそうは言っても
きみが僕にとって大きな意味があるって
そういう意味じゃないのさ

So if I call you,
Don't make a fuss
Don't tell your friends about the two of us

だからもし僕がきみに電話しても
大騒ぎしないでね
僕たちのことを友達に
話したりしちゃだめだよ

I'm not in love, no-no
(It's because)

僕は「恋」なんてしてないよ
ノー ノー
(それはつまり…)

Be quiet, big boys don't cry
Big boys don't cry
Big boys don't cry
Big boys don't cry
Big boys don't cry
Big boys don't cry
Big boys don't cry

静かに… 泣かないのよ…
男は泣かないの…
大人の男は泣かないの…
泣いちゃだめよ…
大人の男は泣かないの…
……

I keep your picture upon the wall
It hides a nasty stain that's lyin' there

きみの写真を壁に飾ってる
壁の汚れたしみを隠してくれるから
そこに貼っているのさ

So don't you ask me to give it back
I know you know
it doesn't mean that much to me

だから返してほしいって言わないでね
きみだってそれが僕にとって
大きな意味はないって知ってるよね

I'm not in love,
no-no
(It's because)

僕は「恋」なんてしてないよ
ノー ノー
(それはつまり…)

Ooh, you'll wait a long time for me
Ooh, you'll wait a long time
Ooh, you'll wait a long time for me
Ooh, you'll wait a long time

ああ きみはずっと
僕のこと待ってくれるんだ
ああ ずっと長い間待ってくれる
ああ きみはずっと
僕のこと待ってくれるんだ
ああ ずっと長い間待ってくれる

I'm not in love,
So don't forget it
It's just a silly phase I'm going through

僕は恋してなんかないさ
そのことを忘れちゃわないでね
恋なんて僕も経験した ただの馬鹿げた段階さ

And just because
I call you up
Don't get me wrong,
Don't think you've got it made, ooh

それはつまり
僕がきみに電話するけど
誤解しないでってこと
やったね!なんて思わないでってこと
僕は「恋」なんてしてないんだから
ノー ノー
(それはつまり…)

I'm not in love
I'm not in love

僕は「恋」なんてしない
僕がしているのは…

Songwriters ERIC STEWART
Lyrics c SCHUBERT MUSIC PUBLISHING INC.

but then again=そうはいっても その一方で
nasty=不潔な 汚れた
stain=しみ 汚れ

Released in 1975
US Billboard Hot100#2
From The Album"The Original Soundtrack"

10cc-The_Original_Soundtrack_(album_cover).jpg

2016年3月末に10ccの来日が決定しました(^^)/~~~

ビルボードライブWebサイトの案内です。

2015年1月 僕の書いた来日公演ライヴレポートです!

以下は2015年の来日決定のときの和訳&記事(2014年11月)です。

↓↓↓↓****************************


おおっ!10ccが来日。ビルボードライヴでのステージです!(大阪・東京)解散した今もなお根強い人気を誇るイギリスのバンド、10ccがビルボードライブに初登場です!

ラインナップはオリジナル・メンバーのグレアム・グールドマン(Graham Gouldman)のほか、リック・フェン、ミック・ウィルソン、マイク・スティーヴンス、ポール・バージェス。

●2015/1/21(水) ビルボードライブ大阪
●2015/1/23(金) 〜 1/24(土) ビルボードライブ東京
(amass.jpより)

◆10ccの曲はこれまでに「愛ゆえに」「トロピカル・ラヴ」の2曲を取り上げてきましたが、やはり10ccと言えばこの曲!「I'm Not In Love」を取り上げなくては…!

◆ビルボード・ライブのWebサイトから、10ccの紹介です。

:長い下積みを経て1972年にUKレーベルからのデビュー・シングル「ドナ」をスマッシュ・ヒットさせ、73年に1stアルバム『10cc』、74年に2ndアルバム『シート・ミュージック』を発表。75年にリリースした3rdアルバム『オリジナル・サウンドトラック』は彼らの最高傑作と称される。中でも全英1位、全米2位を記録したシングル「アイム・ノット・イン・ラヴ」は誰もが一度は耳にしたことのある10ccの代表曲として、TVCMに起用され、国内外を問わず多くのアーティストにカバーされている。その後メンバー脱退などを経て83年に正式解散を発表したが、2002年に結成30周年、2012年に40周年を記念しツアーを敢行。今回はオリジナル・メンバーのグレアム・グールドマンをはじめリック・フェン、ミック・ウィルソン、マイク・スティーヴンス、ポール・バージェスが集結。美しいメロディと不朽の名作を間近で味わえる、往年のロック・ポップスファン垂涎のステージとなる。

◆歌詞の意味について、エリック・スチュワートは次のように言っています。from S.O.S(Sound Of Sound)CLASSIC TRACKS: 10cc 'I'm Not In Love'
:そのとき、妻と僕は結婚して8年経っていたよ。彼女は僕に"どうしてもっと"I Love You"って言ってくれないの?って聞くんだよ。僕は頭のなかにくだらないアイデアが浮かんだ。こういう言葉って何度も繰り返すととにかくその価値を失ってしまうだろ。だから彼女にこう言ったんだ。"あのね。もし毎日のように僕が"I Love You"って言い続けてたら、その意味はイベントのようになってしまうんだよ"。
 そう彼女に宣言したら、別な言い方を考えてみようって気になったんだ。その結果僕が選んだ言葉が"I'm not in love with you,"で、この言い方がこの曲を通じて簿妙に意味をもっているんだ。
そしてそれが僕らの夫婦関係が続けられる理由になっているんだよ。
 この"逆心理"の言い方が明確に功を奏したといえます。エリックは最近39年目の結婚記念日を祝いました。(Published in SOS June 2005)

220px-10cc_-_Im_Not_in_Love_single_front_cover.jpg

◆"I'm Not In Love"は"愛してなんかいない"という和訳にはなりますが、本当に愛していないんじゃないんですね。"逆心理"って"キライ、キライも好きのうち"!?、小学生は好きな人をいじめちゃう←これは違うか(^▽^;)
つまり「愛してる」って言葉を否定して…
(1)愛なんて言葉に置き換えられないくらいきみのことを思っているっていう意味として「I'm Not In Love」と言っているのか。
もしくは、
(2)言葉として"I Love You"という表現を避け、"I'm Not In Love"と口にする。でも、別なもの(表情や仕草など?)で愛情を表現して相手に伝える。などのことなんでしょうね!(難しいですね~)

*最後は僕の発想ですが、この和訳のヒントを与えてくれ、またこの曲のサウンドの厚みについて紹介をしてくれたサイトがあります。こちらの方のサイトです。ありがとうございましたm(__)m。
I’m not in loveのサウンドの秘密 Entertainment Everyday ONE

◆また途中に入ってくる女性のつぶやき声。"Big boys don't cry…"(男は泣かないものよ)を繰り返します。これは10ccがレコーディングをしたストロベリー・スタジオの受付嬢であるキャシー・ウォーレンさんが務めてます!
kathy redfern

フォー・シーズンズの曲(恋のやせがまん)のタイトルにも使われたこのフレーズ、なんでここで挿入したんですかね。
 好きなくせに「好きじゃない」という"あまのじゃくな男"は、別な意味でまだ子どもなんですかね。そんな男が泣いているときに彼女(奥さん)は「(大人の)男は泣かないものよ」って言って頭を撫でてくれるのかな…。これは僕の願望はいっちゃいました(^▽^;)

◆アルバム「オリジナル・サウンドトラック」のアートワークもヒプノシスの作品です。(ロック・アート美術館 ~ヒプノシス編~)
fd4t04cc_dsa.jpg

originalsoundtrackinner.jpg

◆"I'm Not In Love"が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles 26th July, 1975

うーむ、ヴァン・マッコイのハッスル。3位に控えたイーグルス、7位に飛び込んできたビージーズに抜かれて最高位2位止まりのなってしまう運命なのでした…。名曲なのに、相手が悪かった…(-_-メ)

-1 2 THE HUSTLE –•– Van McCoy
-2 3 I’M NOT IN LOVE –•– 10 c.c.
-3 4 ONE OF THESE NIGHTS –•– The Eagles
-4 5 PLEASE MR. PLEASE –•– Olivia Newton-John
-5 1 LISTEN TO WHAT THE MAN SAID –•– Paul McCartney and Wings
-6 7 SWEARIN’ TO GOD –•– Frankie Valli
-7 9 JIVE TALKIN’ –•– The Bee Gees
-8 15 SOMEONE SAVED MY LIFE TONIGHT –•– Elton John
-9 11 MIDNIGHT BLUE –•– Melissa Manchester
-10 10 ROCKIN’ CHAIR –•– Gwen McCrae

◆これもPVかな。
↓↓↓↓↓


◆10CC - I'm not in love 2008
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia I'm Not In Love
・Wikipedia Original Sound Track
・Entertainment Everyday ONE
・ロック・アート美術館 ~ヒプノシス編~
・Billboard Live
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
The Original Soundtrack 10CC

10cc-The_Original_Soundtrack_(album_cover).jpg


アーチスト名検索(A-N)はこちらから
アーチスト名検索(O-数字)はこちらから


関連記事

コメント

非公開コメント

10CCはハマりまくりでした。この曲と愛ゆえに、そして1番好きなのはpeople in love.今もソラで歌えます。

もう登場しました?

RWさんブログ、10ccはもう出ましたか?まだまだ紹介したいアーチストがたくさんいますね!(^^)。

泣ける曲

儚いメロディで私の泣曲の1つです。
めったさんの逆説的な訳詞で
もっと泣けそうです。
(失恋とかの歌詞以上に心に来ますね)

Loveを使わずに想いを表現した作品

あもーれさん。そうですね、メロディの儚い感じ、ありますね。またこの曲は多重録音で不思議な感じを醸し出しているので、聴き手の感覚に訴えてくるものがあるんだろうと思います。「恋だとか愛だとかいう言葉を使わずにその気持ちを表現した作品」と思うべきなのかな。

大好きな曲

30年程昔になりますが、当時のボーイフレンドから誕生日に洋楽のカセットテープを頂きました。その中に入っていた曲の1つで、よく意味も調べずに「なんだ、私のこと好きじゃないのね〜」と聞き流していました。結局その方とは縁がなかったのですが、後から意味を知り他に入ってた曲も今でもよくかかる素敵な名曲ばかりで、愛されていたんだな、と懐かしく思い出します。

逆説的告白だったんですね!

misamisaさん、コメントありがとうございます。
そうですか~!30年前は彼の逆説的告白に気づくような年頃ではなかったんですね~(涙)。ひょっとして“I'm Not In Love”はカセットの前半に入っていて、だんだんと「I'm In Love」的な“愛情表現が強い”曲の構成になっていたのではないでしょうか!

泣けますね!

A面、B面どちらだったか忘れましたが、他には、ジョンレノンやスティービーワンダーなど知っている曲、知らない曲含めて15曲くらい入っていたと思います。この曲が初めて聞いたのにも関わらず一番記憶に残っています。洋楽の話を熱心に話しくれた事を覚えています。めったさんのブログにあるReOスピードワゴンも好きです。

カセットのプレゼント

70年代は自分編集のカセットのプレゼント、僕もよくやりました!(^_^;)。I'm not in loveも大切な想い出の曲になりましたね!