The Closer I Get To You / 私の気持ち (Roberta Flack And Donny Hathaway / ロバ―タ・フラック&ダニー・ハサウェイ)1978



The closer I get to you
The more you make me see
By giving me all you got
Your love has captured me

あなたの心により近づくたびに
あなたのことがよくわかってくるのよ
あなたはすべてを私にくれるから
あなたの愛から離れられなくなるのよ


Over and over again
I tried to tell myself
that we could never be more than friends
And all the while inside I knew it was real
The way you make me feel

何度も何度も繰り返し
自分自身に言い聞かせようとしてきたんだ
友達以上の関係になっちゃダメだって
その間じゅう心のなかで感じていたのさ
きみが僕に抱かせる感情は本物なんだって

Lying here next to you
Time just seems to fly
Needing you more and more
Let's give love a try

あなたの隣に横たわると
時間は瞬く間に飛んでいくわ
あなたがどんどん大切になっていく
もっと恋してもいいのかしら


Oh
Sweeter and sweeter love grows
Heaven's there for those
Who fool the tricks of time
With the hearts of love,
they find true love
In a special way

ああ
愛がどんどん素敵に育っていくよ
天国ってこういうことを言うのさ
愛に満ちた心で
時間のトリックをもてあそぶ人達は
本当の愛を特別な方法で見つけるんだね

The closer I get to you
The more you make me see
By giving me all you got
Your love has captured me

あなたの心により近づくたびに
あなたのことがよくわかってくるのよ
あなたはすべてを私にくれるから
あなたの愛から離れられなくなるのよ


Over and over again
I try to tell myself that we
Could never be more than friends
And all the while inside I knew it was real
The way you make me feel

何度も何度も繰り返し
自分自身に言い聞かせようとしてきたんだ
友達以上の関係になっちゃダメだって
その間じゅう心のなかで感じていたのさ
きみが僕に抱かせる感情は本物なんだって

The closer I get to you
The more you make me see
By giving you all I got
Your love has captured me

あなたの心により近づくたびに
あなたのことがよくわかってくるのよ
あなたはすべてを私にくれるから
あなたの愛から離れられなくなるのよ


The closer I get to you
The feeling comes over me
Me too
Pulling closer, sweet as the gravity

きみの心により近づくたびに
感情が溢れだしてくるんだ
私もそうよ
そばにおいで からだが震えてくるね

The closer I get to you

あなたのそばに近づくたびに
きみのそばに近づくたびに

Writer(s)
Reggie LucasJames Mtume
Lyrics c Universal Music Publishing Group, Sony/ATV Music Publishing LLC

all the while=その間ずっと
fool=もてあそぶ

Released in1978
US Billboard Hot100#2
From The Album“Blue Lights in the Basement”

Roberta-Flack-The-Closer-I-Get-188613.jpg

 1978年の頃の「全米トップ40」は毎週楽しみに本当によく聴いていました。僕が好きなのは基本的にロックとポップソング。ソウルやブラック、ダンスミュージックはあんまり好きでなく、自分の好きなアーチストやそれに近い曲を心のなかで応援し「敵」のように思ってしまう曲もしばしば。
 そのなかでも、このきれいなデュエット曲は“憎く思う”ことはありませんでしたね!

◆やっぱり「やさしく歌って(Killig Me Softly With His Song)」のRoberta Flackが歌っていたことが大きかったのかな。お相手のダニー・ハサウェイはこのとき初めて知ったのですが、ダニーも有名なアーチストだったんですね。2人は大学の同級生で、1972年にデュエットアルバムを製作し「恋人はどこに」などのヒットも出しました。「私の気持ち(The Closer I Get To You)」はその2人の久しぶりのヒットであり、この曲に続くデュエット・アルバムも作成するって話を聞いていました。

Flack = Hathaway - Where Is The Love - JAP_7__cover

 …だからそのダニー・ハサウェイの突然の悲報にはビックリしました。だって、ロバ―タとのデュエット・アルバムの作成中であり「私の気持ち(The Closer I Get To You)」のヒットからまだ1年しか経っていませんでした。精神的に参ってしまったダニーはホテルの窓から飛び降りて自分の生命を絶ってしまいました。1979年1月13日、ダニーはまだ33歳でした。

◆この曲はもともとはデュエット用に書かれたのではありませんでした。ロバ―タのマネージャーのデビッド・フランクリンは以前ダニーとも仕事をしていたこともあり、ダニーとデュエットをすることを想定して曲を書きなおしました。ダニーは臨床的うつ病の症状に苦しんでいて、しばしば入院を余儀なくされていました。ダニーがよく落ち込むことがあり、そのこともロバ―タとの関係に影響しました。2人の仲が元に戻ったあと、プロデューサーは病院にいるダニーのレコーディングの許可を得なくてはいけませんでした。

*ダニー・ハサウェイについてはこちらの方のブログに詳しく掲載されていますので、興味のある方はぜひお読みください。(Music Web Page Cross Your Heart

◆このような悲しい背景がある曲ではありますが、男女の息がぴったり、歌声にも愛が乗っかったような素晴らしいバラード・デュエットです。“The Closer~、The more~”という“The 比較級+The 比較級”という英語もちょうど勉強していた中高生にとってはとっつきやすかったです(^O^)

donny-hathaway_roberta-flack.jpg

◆“The Closer I Get To You”が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles 13th May, 1978

Bee Gees “Night Fever”の長期政権を終了させたのが、同じくサタデ-・ナイト・フィーヴァーのサントラよりイヴォンヌ・エリマン!しかし翌週は3位からウイングスが首位に。“The Closer I Get You”は2位をキープしましたが、その次の週にはランクダウンしてしまいます。

-1 2 IF I CAN’T HAVE YOU –•– Yvonne Elliman
-2 4 THE CLOSER I GET TO YOU –•– Roberta Flack with Donny Hathaway
-3 5 WITH A LITTLE LUCK –•– Wings
-4 6 TOO MUCH, TOO LITTLE, TOO LATE –•– Johnny Mathis / Denise Williams
-5 1 NIGHT FEVER –•– The Bee Gees
-6 7 YOU’RE THE ONE THAT I WANT –•– John Travolta and Olivia Newton-John
-7 3 CAN’T SMILE WITHOUT YOU –•– Barry Manilow
-8 10 COUNT ON ME –•– Jefferson Starship
-9 9 DUST IN THE WIND –•– Kansas
10 12 IMAGINARY LOVER –•– The Atlanta Rhythm Section

◆2人のデュエット「恋人はどこに(Where Is The Love)」。1972年最高位5位の大ヒットです。
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia The Closer I Get To You
・eil.com
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入したい)
The Very Best of Roberta Flack
ロバータ・フラック

91+Rhcx+WuL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

文法

コメント中の文法を思いました。英語の先生もよく、分かりやすい英語・・・で、カーペンターズやベイシティローラーズ、ジョンデンバーなんかを授業で歌わしてくれた?ような。ロバータの私の気持ちの裏話を聞けてよかったです。ロバータとなると、コーヒーのあのCMに行ってしまいます。なんとか英語に浸しみをもたそうと努力していた先生たち、ありがとう。忘れてました。だけど未だ、ダメです。

なかなかうまくいかないのが人生か(笑)

yazoo-bf-109さん、僕もこれだけ和訳漬けの生活してたら、もう少し英語ができていいはずなんですけどねえ。なかなかうまくいきません!

No title

この曲はMY all time best 3です!
聴くたびに切なくなります、ね。

それにしてもMettaさん、良い選曲です♥

声がしっとり

Cherryさん、そうですか!でもベスト3に入れてもいいくらいいい曲です!ロバータは声や歌い方も過剰でなくしっとりとしてますよね。「やさしく歌って」もコーヒーのBGMでもいいけれど、聴き込んでしまいます。この曲はパートナーのダニー・ハサウェイの歌声が滑舌よく、クッキリとした印象があるので、男女デュエット曲としてやっぱり聞き惚れてしまいますね。この二人にはもう1曲くらいデュエットヒット曲を出してほしかったのに…(涙)。

ダニー・ハサウェイ

悲しいですね。ダニー・ハサウェイ死んでたなんて、今知りました
和訳をありがとう。

No title

close2uさん、コメントありがとうございます。彼の今の声、そして新曲が聞けないのは残念でなりませんね。でも歌声は永遠、今も心に響く歌を歌ってくれますよ。