Chasing Pavements / チェイシング・ペイヴメンツ (Adele / アデル)2008



I've made up my mind,
Don't need to think it over
If I'm wrong I am right,
Don't need to look no further
This ain't lust,
I know this is love
But,

私 決心したわ
もう考え直すこともない
間違っていようと正しかろうと
先を見る必要もない
これは欲望なんかじゃない
そう これは愛なのよ
でもね

If I tell the world,
I'll never say enough
'Cause it was not said to you
And that's exactly what I need to do
If I end up with you

もし私がまわりに公言したとしても
それでも充分じゃない
だってあなたに話したわけじゃないから
でもそれがまさに私が伝えたいことなの
もしあなたとの仲がこれで終わりなら

Should I give up
or should I just keep chasing pavements
Even if it leads nowhere?
Or would it be a waste
even if I knew my place
Should I leave it there?
Should I give up
or should I just keep chasing pavements
Even if it leads nowhere?

私 あきらめるべきなの?
それともこのままこの道を行けばいい?
その行先がどこにもなかったとしても?

これは無駄なことなの?
自分の立ち位置がわかっていても
私は立ち去った方がいいの?
あきらめるべきなの?

それともこのまま続けていくべきなの?
それが無駄だとわかっていても…

I build myself up
and fly around in circles
Waiting as my heart drops
and my back begins to tingle
Finally could this be it?

自分を高める努力をして
堂々巡りをしながらも
私の心が落ち着くのを待っていた
そしたら背中がうずき始めたわ
ついには これがそうなのかしら?

Should I give up
or should I just keep chasing pavements
Even if it leads nowhere?
Or would it be a waste
even if I knew my place
Should I leave it there?
Should I give up
or should I just keep chasing pavements
Even if it leads nowhere?

あきらめるべきなの?
それともこのまま歩道を歩き続けるべき?
その先がどこにもつながらなかったとしても?
無駄に過ごすだけなの?
自分の居場所がわかっていても
私は立ち去った方がいいの?
あきらめるべきなの?
それともこのまま続けていくべきなの?
それが無駄だとわかっていても…

Should I give up
or should I just keep chasing pavements
Even if it leads nowhere?
Or would it be a waste
even if I knew my place
Should I leave it there?
Should I give up
or should I just keep on chasing pavements
Should I just keep on chasing pavements?

Oh Oh
Should I give up
or should I just keep chasing pavements
Even if it leads to nowhere

ああ
あきらめるべきなの?
それともこのまま続けるべきなのかしら?
どこにも行先がなかったとしても

Or would it be a waste
even if I knew my place
Should I leave it there?
Should I give up
or should I just keep chasing pavements
Even if it leads nowhere?

ああ
あきらめるべきなの?
それともこのまま続けるべきなのかしら?
どこにも行先がなかったとしても…

Songwriters
White, Francis Anthony Eg / Adkins, Adele Laurie Blue
Lyrics c Kobalt Music Publishing Ltd., Universal Music Publishing Group

lust=欲望
tell the world=公言する
go(fly) round in circles
=努力の割には進歩しない, 堂々巡りをする
build oneself up=評価を上げる
tingle=うずく ちくちくする

Released in 2008
US Billboard Hot100#21
From The Album"19"

220px-Adele19.jpg

アデル・ローリー・ブルー・アドキンスは、イギリスの女性シンガーソングライター。職場でJ-Waveを流していた時期がありまして、その頃にこの曲がよくかかっていました。女性のボーカルがすごく表現力が豊かで、歌詞を見なくても“Should I give up?or should I just Keep chasing pavements”は聞き取れたので“あきらめるべき?それとも小路を追いかけ続けるの?”という問いかけは伝わってきましたね。

250px-Adele_-_Live_2009_(4)_cropped.jpg

◆その後、PVを見てみました。途中の意味がよくわからなかったのですが、何度も観るうちに意味がだんだんわかってきました。

(交通事故場面)男と女が倒れています。
(車のなか)渋滞に巻き込まれてるアデルと彼氏。渋滞っていうのもあるけど楽しそうじゃない。うまくいっていないカップルなのでしょう。
(交通事故場面)男女の知り合いとみられる女性が倒れてる二人を女→男の順にいとおしそうに撫でて去る。
(倒れてる2人)倒れている2人の出会いのシーンの回想?を倒れてる
2人自身に演じさせる。(上から見た図)彼女のマフラーが風に飛んだのを彼が拾った出会いなのでしょう。接近する二人。交際が始まりました。
(車のなか)車を出て、事故現場を見に行くアデル。事故検分が始まっています。
(倒れてる2人)手紙?を男に渡す女。女の元には別な男の影。手紙を読む男。もう女がそばに寄っても振り向かないで背を向けたまま。二人の間は冷たくなってしまったようです。
(検分現場)木に寄りかかり検分を見ながら歌うアデル。アデルの彼も悩んでいる様子。アデルは“あきらめるべき?それともこのまま?それが行先がない道であっても?”と繰り返し歌っています。
(倒れてる2人)ほかの男、ほかの女の影ともくっつき離れたりしながらも、最後には元の2人が一緒になった様子。去っていく影とまわりの男女。倒れている2人は元の位置に。(仲直りしたところで事故が起こったということだと思われます)
(運ばれていく2人)それぞれストレッチャーの乗せられ右と左、別々に…。

◆この歌のできた背景のエピソードがWikipediaに載っていました。(大意)
“この曲はアデルの以前のボーイフレンドとの出来事について書かれています。彼がアデルを欺いていることがわかったので、アデルは彼のいるバーに行き、その顔にパンチを食らわせました。店を追い出されたそのあと一人で通りを歩きながら自問自答しました。
「あなたが追いかけていたものは何だったの?あなたは誰もいない舗道を追いかけていたの?」
アデルはこの曲を歌い自分の携帯電話で録音し、アレンジは家に帰って行いました。”

別れてしまうのか、それともこのまま幸せになれるかわからないけど続けていくのか、悩んでいたアデルは実生活では男にパンチを食らわせて別れる道を選びました。PVの最後も…死して別れていく男女が…。

220px-Adele_-_Chasing_Pavements.jpg

◆Adeleはこのとき“19歳”(アルバムのタイトル)。全英でアルバムは1位になりましたが、全米では4位。でも第51回グラミー賞に、主要2部門を含む4部門でノミネートされ、最優秀新人賞と最優秀ポップ女性歌手を受賞しました。そして“21歳”に“21”というアルバムを出し、19か国で1位。シングルもも“Rolling In The Deep”“Someone Like You”“Set Fire To The Rain”の3曲のNo1ヒットを出します。第54回グラミー賞でも主要3部門を含む6部門でノミネートされ、ノミネートされたすべての賞を獲得しました。受賞のリストは、アルバム『21』が最優秀アルバム賞・最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムの2部門、シングル「Rolling in the Deep」が最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞・最優秀短編音楽ビデオの3部門、同じくシングル「Someone Like You」が最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンスの1部門!

◆うわ~、すげえ。Adeleの歌唱力&表現力、思わず見とれて歌に引き込まれる!Chasing Pavements (Live at Royal Albert Hall) 2011
↓↓↓↓↓


◆デビュー前かデビューした頃のadeleかな。アコギ一本の演奏で歌います。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Adele
・Wikipedia Chasing Pavements
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
19 アデル

220px-Adele19.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント