Owner Of A Lonely Heart / ロンリー・ハート (Yes / イエス)1984



Move yourself
You always live your life
Never thinking of the future
Prove yourself
You are the move you make
Take your chances win or loser

自分自身で動け
いつだって自分の人生に恥じないように
将来のことばかり考えてるんじゃない
自分自身を証明しろ
自分を作るのは自分の行動だけさ
勝っても負けてもチャレンジするんだ

See yourself
You are the steps you take
You and you,
and that's the only way

自分を見つめてみろ
自分の足で踏み出すしかない
自分なんだ 自分だけだ
それしかないんだよ

Shake, shake yourself
You're every move you make
So the story goes

揺らせ 自分を揺り動かせよ
自分を作るのは まずは行動からだ
そうやって物語は進んでいく…

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
Much better than a
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

孤独な心の持ち主
孤独な心の持ち主
壊れた心の持ち主よりずっといいんだよ
孤独な心の持ち主

Say - you don't want to chance it
You've been hurt so before

言うんだ チャンスなんか要らないって
きみはずいぶん前から傷つけられてきたから

Watch it now
The eagle in the sky
How he dancin' one and only
You, lose yourself
No not for pity's sake
There's no real reason to be lonely
Be yourself
Give your free will a chance
You've got to want to succeed

よく見てごらん
鷲が空を舞っている
踊ってるのは孤高のダンス

きみは 自分自身を失ってる
お情けなんかじゃなくて
孤独でいる本当の理由なんかないんだよ

きみ自身でいろよ
自由で振る舞うんだ
成功したいって思わなきゃダメさ

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
Much better than a
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

孤独な心を持っている奴

孤独な心を持っていても
壊れた心を持つよりずっといいんだよ

孤独な心の持っている奴

Owner of a lonely heart

きみは孤独な心の持ち主なんだね

After my own indecision
They confused me so
My love said
never question your will at all
In the end you've got to go
Look before you leap
And don't you hesitate at all
- no no

僕自身の優柔不断さが
僕をそうとう混乱させている
僕の恋人は言ったよ
自分の意思を決して疑わないでって
だって最後には行かなきゃならないんだ
転ぶ前に準備すればいい
そして
決してためらわないことなく
ノー ノー

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
Much better than a
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

孤独な心の持ち主
孤独な心の持ち主

壊れた心を持つよりましさ
孤独な心を持っていても

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
Much better than a
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

孤独な心の持ち主
孤独な心の持ち主

傷ついた心を持つよりましさ
孤独な心を持っていても

Owner of a lonely heart

孤独だっていいんだよ

Sooner or later each conclusion
Will decide the lonely heart
Owner of a lonely heart
It will excite it will delight
It will give a better start
Owner of a lonely heart

遅かれ早かれ
その人が達した結論によって
孤独かどうかが決まるのさ
興奮したり 大喜びしたり
よりよい出発ができるんだ
孤独な心を持っていたって

Don't deceive your free will at all
Don't deceive your free will at all
Owner of a lonely heart
Don't deceive your free will at all
Just receive it

自分の自由な心
自分の自由な心に疑いを持つな
孤独な心を持っているきみ
自分の自由な心を大切にするんだ
そのまま受け入れるのさ

Songwriters: ANDERSON, JON/SQUIRE, CHRIS/RABIN, TREVOR CHARLES/HORN, TREVOR CHARLES
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

for pity's sake=お情けですから
indecision=優柔不断 ためらい
Look before you leap=「転ばぬ先の杖」

Released in 1984
US Billboard Hot100#1(2)
From The Album“90125”

220px-90125album.jpg

 「こわれもの(Fragile)」「危機(Close To The Edge)」の“イエス”がシングルチャートで1位になるなんて!と思いましたよね~。僕のなかではプログレッシブ・ロックのバンドがシングルヒットは出してはいけない、っていうものがありました。(おいおい、ピンク・フロイド“The Wall”はどうなのよ←あれはコンセプトアルバムの代表曲だからいいのだ←ノリ突っ込みの解説)

◆このときのイエス再結成!のメンバーは、
ジョン・アンダーソン(ヴォーカル)
クリス・スクワイア(ベース)
トレヴァー・ラビン(ヴォーカル、ギター)
アラン・ホワイト(ドラムス)
トニー・ケイ(キーボード)の5人。プロデュースはトレヴァー・ホーンが手掛けている。トレヴァーはバグルス(“ラジオスターの悲劇”がありましたね)をヒットさせた経験もあるミュージシャンでその後プロデューサーとしても活躍しますね。新生イエスはこれまでのイエスのイメージから相当わかりやすくポップになって大ヒットしました。

◆途中で“ギュン”とか“ジャン”とかキーボードを中心に楽器を一斉にならした音は“オーケストラル・ヒット”って呼ばれるんですね。マイケルの“Bad”のイントロなんかにも使われています。「Owner Of A Lonely Heart」のなかでは、僕は主人公の“めまい”のような効果音になっていてこの曲の不思議な感じを盛り上げてくれていると思います。

220px-Owner45.jpg

◆訳してあらためてわかったのですが、歌詞は結構ポジティヴ。“孤独な心”ってマイナスイメージではなく「自分で自分のことは決めるんだ」という「孤独であることを実感する」って意味のようなことかもしれない。これ、福永武彦さんの「愛の試み」(新潮文庫)を想い出しました。ちょっと飛躍しましたか(^▽^;)

ainokokoromi.png

(人が生きる本質的な基盤として孤独があり、愛とは運命によってその孤独が試みられることに対する人間の反抗に他ならない。〉と考える著者が、愛と孤独についての一切の妥協を排した思索の跡を綴るエッセイ。
(amazon.co.jp「愛の試み」ページの解説)

◆8月24日 L.Aでのライヴ・セットリストです。日本公演もほぼこんな感じかな。

「危機」の曲はなぜかアルバム順を逆さから。New Albumからは2曲。「こわれもの」全曲のあと、アンコールはサードアルバム「Yes Album」(1971)から「I've Seen All Good People 」。そしてこの曲だ!

Close to the Edge - In reverse:
1. Siberian Khatru
2. And You and I
3. Close to the Edge

Heaven & Earth:
4. Believe Again
5. The Game

Fragile:
6. Roundabout
7. Cans and Brahms
8. We Have Heaven
9. South Side of the Sky
10. Five Per Cent for Nothing
11. Long Distance Runaround
12. The Fish (Schindleria Praematurus)
13. Mood for a Day
14. Heart of the Sunrise

Encore:
15. I've Seen All Good People
16. Owner of a Lonely Heart
(with members of Syd Arthur)

◆“ロンリー・ハート”が最高位1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles January 21, 1984

ポール&マイケルに代わって首位に。翌週1位を続けたあと、カルチャー・クラブに首位を譲ります。4位ロマンテッィクス。寝言で彼女の浮気をしってしまうんですねえ。コワイですねえ。6位エルトン、そいつをブルースって呼ぶんだろうな。

-1 2 OWNER OF A LONELY HEART –•– Yes
-2 1 SAY SAY SAY –•– Paul McCartney & Michael Jackson
-3 9 KARMA CHAMELEON –•– Culture Club
-4 6 TALKING IN YOUR SLEEP –•– The Romantics
-5 7 BREAK MY STRIDE –•– Matthew Wilder
-6 8 I GUESS THAT’S WHY THEY CALL IT THE BLUES –•– Elton John
-7 5 TWIST OF FATE –•– Olivia Newton-John
-8 13 JOANNA –•– Kool & The Gang
-9 10 RUNNING WITH THE NIGHT –•– Lionel Richie
10 3 SAY IT ISN’T SO –•– Daryl Hall & John Oates

◆むむっこれがこの曲のPVか。不気味だ…(-_-;)。
↓↓↓↓↓


◆Lugano, Switzerland 2004.のライヴです。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Owner Of Lonely Heart
・Wikipedia 90125
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
イエス:グレイテスト・ヒッツ
イエス 11/19発売です!

61SDWRBJ17L__SX425_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

ディスコでヘビロテでした

こんばんは。
イエスがNO1シングルなんてと不思議でしたが、時々行った硬派系のディスコでかかりまくっていたので、そういう層を巻き込んでのヒットだと納得したのを思い出しました。
12インチの変形ピクチャーレコードが何種類も出ていたのも印象的でした。

話は関係ないのですが、お時間のあるときにでもめっ太さんに対訳をお願いしたい曲があります。
エルトン・ジョンのイギリスでの1位「サクリファイス」ですが、メロディがとてもきれいで気に入っているのですが、歌詞の状況が見えないまま今にいたっています。
歌詞の中に二つの心が二つの別の場所にあるというようなのがあるのですが、自分の心が二つに分かれているのか、二人分の心が二つの場所にあるのか?
サクリファイスを自分に感じているのか、誰かに感じさせてNOと言っているのか、まるで意味がわかりません。
シンニード・オコナーのヴァージョンがエルトンのものより静謐で神がかりです。
気が向いたときに、いつでも結構なので、よろしくお願いします。

ピクチャーディスク

ぽむたんさん、おおっピクチャーディスクとはコレですね!
装丁はLPレコードのサイズだったんでしょうかね。http://eil.com/shop/moreinfo.asp?catalogid=544166
エルトン「サクリファイス」は僕も好きな曲です!うけたまわり!

No title

懐かしい~・・この曲大好き♡
でも、今見ると、すごく意味深だね
あの頃と全然違う見方で感じるなぁ・・・
めっ太さんの一番好きなアーティストは誰ですか

意味深な歌詞

nakoさん、今回の"Owner Of Lonely Heart"の和訳は素直な前向きな歌詞に訳しましたが、実際の歌詞は"Lonely"など、もう少し皮肉めいた感じを入れるべきだったかなと振り返っています。"すごく意味深"と書かれていますが、そういうことを感じていただけているなら成功のように思います!
(PS)好きなアーチストが沢山いすぎて困ってます!でも和訳している曲の数が多いアーチストはやっぱり好きなんでその度合いがでちゃうなあと思ってます(^^)/

ドーナツ

この曲、妻とよくデートの締めで通ったミ◻・ドーナツを連想してしまいます。Yesのメンバーに叱られるかも!ごめんなさい。
ドーナツ食べながら有線で流れる曲をいろいろ会話の中に入れ、ついつい長居したりと80'Sは歌も映画もDCブランドの服も勢いがありました。今流行りの洋楽もよ~く聴くと80'Sポイと思うのは?私だけ?プロデューサーも小さいとき父母がよく聴いていた音楽がなんとなく頭脳に記憶されてんじゃないか?

あるでしょうね

yazoo-bf-109さん、子どもの頃に聴いていた音楽(親から聴かされていた音楽)であったり、記憶には残ってるでしょうね。明らかにオリジナルをモチーフに作ったものは追悼・オマージュソングとして公表されたりもしますよね。この曲のアレンジはアレだな!と敢えてわかりやすく作る邦楽もありますよね。日本のPAFFYの曲なんか、ビートルズだ!E.L.Oだ!なんてわかって面白かったです。

ピクチャーディスク

めっ太さん。ピクチャーディスクの写真ありがとうございました。
自分の持っていたのは青いヴァージョンで、大きさはLPよりも少し小さいサイズでした。

この当時、UKはピクチャーものが多かったです。
変形ものは大きさの関係からはシングルが多かったです。

「サクリファイス」。勝手なお願いを聞いてくださってありがとうございます。
ネットでいろいろな歌詞対訳のサイトを見ますが、日本語のニュアンスと違うことが多くて直訳になると意味が通じないことも多く対訳サイトで感心することが多いです。

No title

あららら残念・答えて下さらないのですね

サクリファイス

ぽむたんさん、期待せずにお待ちください!(汗)

代わりにお答えすると(^_^;)

nakoさん、一番ってなかなか難しいですよ〜(^_^;) でも一番好きな曲はギルバートオサリヴァンのアローンアゲイン←これは昔から公言。あと死ぬまでに観たいアーチストのライヴ(アーチストもしくは自分がね)は未だ来日していないボブシーガーさんですね!

ちょっと期待

焦らせてるみたいですみません。
「サクリファイス」は長い間、意味を探していたので、それにくらべれば急いでないので気になさらずに。
最近は、長年わかりづらかったニール・ヤングの「ハート・オブ・ゴールド」の大意がつかめたりしてネットに感謝感謝です。

自分はアメリカントップ40を聞くきっかけが「アローン・アゲイン」でした。
何で年間で上にロバータ・フラックが・・とか思いました。
はじめて自分で訳したいと思って訳したのも、この曲。
次は「ピロートーク」だったんで、かなり変わりますが(^^;)
「アローン・アゲイン」は国によって変則的な収録曲になっていて日本盤のLPが気に入らないくて、わざわざ輸入盤で注文して購入しました。
ジャケットは、いかにも「アローン・アゲイン」という目のギルバート・オサリバンでした。
当時、銀座のヤマハに取り寄せてもらって4800円もしました。子供には痛い金額でした。

あと以前、別のところにコメントしましたがロドニー・クロゥエルの大ファンで、彼の代表曲が「月にほえる」。オジーの曲とは別物です。
ボブ・シーガーのドライブのある曲とは少し違いますが、やっぱりボブ・シーガーです。
そのときに気分にもよりますが好きな曲ベスト5を選ぶとしたらかなりの確立で入るくらい気に入っています。
よくわからないことで悩んでるときに開き直って聴いてます。つまり、しょっちゅう聴いています。

shame on the moon先になります笑

ぽむたんさん、アローン・アゲイン!ボブ・シーガーと嗜好が似ておりますね!! NeilさんのHeart Of Gold も未だチャレンジせず…という名曲です。時が来たら…と思ってます。
Shame On The Moonは今月登場予定で「仕込み済」です(あっ言ってしまった) 「Sacrifice」より先にお届けします!その方のお気に入り曲だと和訳が気に入るかどうか、気にかかりますね(-_-;)。あとこちらは、Yesさんちのお庭ですので、続きは「Shame On The Moon」と「Sacrifice」のさいにぜひ!

12コメント

コメント数、多いですねー。
なんだかんだ結局は、皆孤独なんだ。仕事上でも相手に飲み込まれなければ、自分の思いどおりにことは、進んでいくだろうが!なかなか上手く行かない(/_;)/~~
立ち上がり!ゲッターのチタニイウムのように立ち向かいたいもんだ\(◎o◎)/