Ring My Bell / リング・マイ・ベル (Anita Ward / アニタ・ワード)1979



I'm glad you're home,
well, did you really miss me?
I guess you did by the look in your eye
(Look in your eye, look in your eye)

Well, lay back and relax,
while I put away the dishes
(Away the dishes)
Then you and me can rock a bell

家にあなたがいて嬉しいわ
ねえ ホントに私が恋しくなかった?
あなたの目を見てたらそう思えたの
(あなたの目でね あなたの目から)

そう 横になってリラックスしててね
私がお皿を片付けてる間に
(お皿を片付けるわ)
そしたらあなたと私
ベルを激しく鳴らせるわよ

You can ring my bell, ring my bell
You can ring my bell, ring my bell
You can ring my bell, ring my bell
You can ring my bell, ring my bell

私のベルを鳴らせるわ リンリンとね
私のベルを鳴らせるわ リンリンとね

The night is young
and full of possibilities
Well, come on
and let yourself be free

My love for you,
so long I've been savin'
(Love for you, love for you)
Tonight was made for me and you

夜は始まったばかり
沢山のことができるわよ
さあ こっちに来て
自由にくつろいでちょうだい

あなたへの愛
私ずっと 心に秘めていたの
(あなたへの愛 あなたへの愛)
今夜は私とあなたのためにあるのよ

You can ring my bell, ring my bell
(Ring my bell, ding-dong-ding, ah)
You can ring my bell, ring my bell
(Ring my bell, ring-a-ling-a-ling)

私のベルを鳴らせるわ リンリンとね
(ベルを鳴らして ディン・ドン・ディン)
私のベルを鳴らせるわ リンリンとね
(ベルを鳴らして ディン・ドン・ディン)

You can ring my bell,
you can ring my bell
Ding, dong, ding, ah, ring it
You can ring my bell,
anytime, anywhere
Ring it, ring it, ring it, ring it, ow

ベルを鳴らしてね
あなたにしてほしいの
ディン・ドン・ディンって

ベルを鳴らしてね
いつだって どこでだって
鳴らして 鳴らしてね

Songwriters
KNIGHT, FREDERICK DOUGLAS
Lyrics © Peermusic Publishing

Released in 1979
US Billboard Hot100#1(2)
From The Album“Songs Of Love”

220px-Anita_Ward_-_Songs_Of_Love_.jpg

220px-RINGBELL.jpg

 1979年のこの頃のチャートは「ディスコ勢」のなかにどれだけ僕の好きな曲が割入ってNo1になるか、ということを願っていました!
 この曲もそういう意味では嫌いな方で(コラ!)したが印象深いヒット!になりました。

◆1979年前半のNo1ヒットを追うと…好き嫌いがこんな感じでした。

・"Too Much Heaven" Bee Gees(好 まあ1位に相応しい)
・ "Le Freak" Chic (嫌のち好)
・ "Da Ya Think I'm Sexy?" Rod Stewart(好 ロッドだから)
・ "I Will Survive" Gloria Gaynor (好 カッコいい)
・"Tragedy" Bee Gees (好 よくできた曲)
・ "I Will Survive" Gloria Gaynor (嫌 返り咲かなくても・・)
・ "What a Fool Believes" The Doobie Brothers (大好)
・ "Knock on Wood" Amii Stewart (嫌 タイトルはカッコいいけど)
・ "Heart of Glass" Blondie (好 ブロンディだから)
・ "Reunited" Peaches & Herb (好のち嫌 4週1位は長い)
・ "Hot Stuff" Donna Summer (嫌 強すぎる)
・"Love You Inside Out" Bee Gees (好 1位は無理と思っていたので)
・ "Hot Stuff" Donna Summer (好 よく聴くとカッコいい)
・ "Ring My Bell" Anita Ward (嫌 1度聴けば充分)
・ "Bad Girls" Donna Summer (嫌 笛吹くのがうるさい)
・ "Good Times" Chic (嫌 中身がない歌 リズムのみ)
・"My Sharona" The Knack (好 ようやく好きな曲が1位にって感じ)

◆この曲はフレデリック・ナイトというR&Bシンガー兼レコードプロデューサーの作品で、10代の女の子の電話でのおしゃべりを題材にしたものでした。もともとはアニタではなく、当時、天才と言われていた11歳の歌手、ステイシー・ラティソーのために書かれた曲です。ただしレコード会社の契約の関係でステイシーは歌えないことになり、アニタに「Ring My Bell」を歌うチャンスが回ってきました。アニタは小学校の補助教員をしながら歌手活動をしていてファーストアルバムをようやく作っていたところでしたが、このアップテンポな曲をぜひアルバムに入れようとフレデリックが強く主張したそうです。(時代を見る目があったってことなんですかね)
 ちなみにステイシーはその後、Let Me Be Your Angel…1980年21位、Love On A Two Way Street…1981年26位のヒットを飛ばしますが、中ヒットにとどまってます。もしステイシーが歌ってたら…ときっとステイシーが思っていそう!

◆フレデリックは「Ring My Bell」というタイトルを気に入っていたのでこれは変えず、でも歌詞は、ステイシーより10歳以上も年上の当時22歳のアニタが歌うことになったので、それに合わせだいぶ“大人向き”に書き換えられたそうです。

◆“Ring My Bell”という言葉自体がいわゆる“そっち系”の隠語(^▽^;)であることもあり、この曲も“そっち系”の曲として、またアニタもセックスシンボルのように取り上げられたりしました。純粋なポップス好きな(!)僕としても“この曲は退廃した性文化を歌ったもので良くない歌だ!”と思い、この曲のアレンジでドゥーン、ぴゅーんのような電子音が入りますが、聴くたびに嫌いになっていきました。(アニタごめんね)
 (当時の日本のシングルジャケットに書かれていたフレーズ)
誰か私の心のベルを鳴らして欲しい!!全米ディスコ・アクション急上昇、アニタは妖しいアバンギャルド・レディ。

 まあ今になって言えば、時代にあった作品としての完成度に引きずられて、いきなりNo1ヒットを出したシンデレラ・ガール兼悲劇の主人公なのでしょうか。その後、ややヒットはあったようですが、基本的には1発屋として名を残しましたね。でもアニタはずっと歌手活動を続けられているようですよ。

◆日本のディスコでも流行したこともあり、いろんなエピソードなどがあるようです。こちらのサイトにも面白い話が載っていました!
ディスコ堂
ジェントル・ミュージック・ウェブ

◆ステイシー・ラティソー「Love On A Two Way Street」(1981年 全米26位)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Ring My Bell
・ディスコ堂
・ジェントル・ミュージック・ウェブ
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Songs Of Love
Anita Ward

220px-Anita_Ward_-_Songs_Of_Love_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

夜のベル

この人はめったさんが書かれているとおり、小学校の先生から歌手になったというのが印象的で、ラジオで昼のベル(学校のチャイム)から夜のベルを鳴らすようになったんですね〜と紹介されていました。
79年No.1の好嫌はだいたい似ていますよ。この曲は確かに1度聴けば充分かな。
私もドゥービーのこの曲大好ですが大人になってから良さがわかった感じです。
サバイバルとシャローナはう〜ん。
って感じです。

昼のベルから夜のベル(笑)

あもーれさん、ベルのエピソード、笑わせてもらいました(^o^)。僕はアニタの前職知らなかったなー。学校の先生だったとは。聞き漏らしたかな。でもそういうラジオの?エピソードって覚えてるものですね。
僕はこの曲を相当なエッチな意味で紹介してるスポーツ新聞の記事を当時読んだ記憶があります。でもめった和訳ブログの自主規制により紹介はしませんでした!(^_^;)