Ships / 人生は航海 (Barry Manilow / バリー・マニロウ)1979



We walked to the sea
Just my father and me
And the dogs played around on the sand

僕たちは海に歩いていった
父と僕の二人きり
犬達が砂の上を走り回っていたけれど

Winter cold cut the air
Hangin' still everywhere
Dressed in gray,
Did he say Hold my hand?

冬の寒さが空気を切るようで
いまだに至るところで立ち込めてる
グレイのコートを着た僕たち
父は“手をつなぐか?”と言ったかな

I said,
love's easier when it's far away
We sat and watched a distant light

僕は言ったんだ
“愛は遠くにあるときは簡単なんだ”って
僕ら二人は座って 遠くの光を見ていた

We're two ships that pass in the night
and we both smile and we say it's alright

We're still here
It's just that we're out of sight
Like those ships that pass in the night

僕たち二人は船なんだ 夜を渡る船
二人とも微笑んで 平気だよって言ったんだ

二人でずっとそこにいて
そして僕らは見えなくなった
まるで船が夜を渡っていくように


There's a boat on the line
Where the sea meets the sky
There's another that rides far behind

海と空の境界線
水平線にボートが浮かんでる
かなり後ろの方にもう一台
別のボートが浮かんでる

And it seems you and I
are like strangers
A wide ways apart
as we drift on through time

まるで他人同士のような
あなたと僕みたいだ
時の波間を漂うように
遠く離れてしまっているんだ

He said,
it's harder now, we're far away
We only read you when you write

彼は言った
“今が大変なときなんだ
俺たちは離れ離れさ
お前が手紙をくれたときだけ
俺たちはお前を理解できる

We're two ships that pass in the night
And we smile when we say it's alright

We're still here
It's just that we're out of sight
Like those ships that pass in the night

僕たち二人は船なんだ 夜を渡る船
二人とも微笑んで まあいいさって

僕ら二人 ずっとそこにいたけど
そして僕らは見えなくなった
まるで船が夜を渡っていくように

We're just ships that pass in the night
And we smile when we say it's alright

We're still here
It's just that we're out of sight
Like those ships that pass in the night

僕たち二人は船 夜を渡っていく
二人とも微笑んで 平気だよって言ったんだ

二人でずっとそこにいて
そして僕らは見えなくなった
まるで船が夜を渡っていくように

We're just two ships that pass in the night
And we smile when we say it's alright
We're still here
It's just that we're out of sight

僕たちは船 夜を航海する船
そんなこと感じて二人笑いあう
そして“お互い頑張う”って

二人座っていつまでも海を見ていた
そして
そんなときは過ぎてしまったことを
僕たちは感じていたんだ…

Songwriters Hunter, Ian
Lyrics © EMI Music Publishing

Released in 1979
US Billboard Hot100#9
From The Album“One Voice”

shipsbarry.jpg

 11月の月イチ・バリーは「Ships(人生は航海)」です。
今日11月2日は僕の父親の命日でありまして個人的ではありますが、父のことを歌った歌を掲載したい日であります。(昨年はこの歌を取り上げさせていただきました。この歌もいい歌です

◆原題と邦題、この曲のタイトルにある通り、人生を船に例えて歌った歌なんだろうというのは理解していましたが、歌詞を詳しくあたってはいませんでした。
 1st verse…主人公がまだ小さいときの想い出だったんでしょうね。肌が切れそうな寒い中、二人で座って海を見ている。父はやさしさを見せて“手を握ろうか”と言ってきました。いや?どうだったかな?と、そんなに優しい父だったっけな?と想い返したのでしょう。でも「離れているときは愛はたやすい」なんて子どもが言うかな? ちょっと疑問に思いましたが、主人公は子供といっても高校くらい?すでにそんなに大きくなっていても、我が子の手がかじかんでると思ったら「手を貸しなさい。握ってあげよう」って言ってしまうかもしれないし。そして息子は旅立ち、親子は離れ離れになります。

 2nd verse…1st verseの時代から何年か経ったのち、父子は再会します。海に浮かぶボート。そのだいぶ後ろにボートがもう一つ。どっちが息子で、どっちが父親なのでしょうか?“お前が手紙を書いたときだけ、“私たち(“We”となってますね)はお前を理解(Read)できる”と訳しましたが、“Read”は“理解する”ではなく単純ながらも“読む”かもしれません。このときの父親と主人公は何歳になっていたのでしょうか?もしかすると本当に高齢で、手紙でももらわない限りは字を読むことをしなくなっていたのかもしれません。また、ここで“We”と複数なっているのは“父と子”のお互いのことなのか?それとも、ここまで登場していないけど母親(かーさん)が生きていたのか、それとも父は後妻をもらっていた(無粋)のかもしれない!?

 船は必ず海を航海していきます。一つの場所にとどまっていることはありません。僕たちは仲良く海に漂っていたけれど、時が経ち、時代は変わり、そして人はまたひとつ年を取っていきます。海を航海している船達も視界から消えていきます。出会いそれは別離の始まりです。

 でも…寒い中で、親父と一緒にいつまでも夜の海を見ていたこと…彼は忘れないと思います。

◆改めてビックリ。この曲はイアン・ハンターの作品でした。彼がまだバンド“Mott The Hoople”に所属していたときに書いた作品で、彼の父親との関係を歌詞に書いたと言います。すぐにはレコーディングされずにイアンの1979年のソロ・アルバム「You're Never Alone With A Schizophrenic(バイオレンスの煽動者)」に収録されました。バリーはよくすぐに取り上げたな。

220px-Youre_Never_Alone_With_A_Scizophrenic_album_cover.jpg

◆“Ships”が最高位9位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles December 1, 1979

バーブラ&ドナの大迫力デュエット「No More Tears」が1位。2~3位はバラードが続きます。5位はイーグルス“今夜胸が痛いぜ”。6位ルパートが大ジャンプアップ。大人になってピニャ・コラーダを飲んだときに、こんなもんかな?と思ったな(-_-;)。7位スティーヴィー「愛を贈れば」。バリー「人生は航海」は9位を2週続けたのち17位に後退します。

-1 1 NO MORE TEARS (Enough Is Enough) –•– Barbra Streisand / Donna Summer
-2 2 BABE –•– Styx
-3 3 STILL –•– The Commodores
-4 6 PLEASE DON’T GO –•– K.C. and the Sunshine Band
-5 5 HEARTACHE TONIGHT –•– The Eagles
-6 12 ESCAPE (The Pina Colada Song) –•– Rupert Holmes
-7 8 SEND ONE YOUR LOVE –•– Stevie Wonder
-8 4 DIM ALL THE LIGHTS –•– Donna Summer
-9 11 SHIPS –•– Barry Manilow
10 10 POP MUZIK –•– M

◆エンターティナーのステージです。Barry“Ships”.
↓↓↓↓↓


◆これがイアン・ハンターのオリジナル。「バイオレンスの煽動者(You're Never Alone With A Schizophrenic)」から。
↓↓↓↓↓


◆Ian Hunter“Ships”オーケストラをバックに歌います。ちょっとこれ、感動的。バリーよりももっと...!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia One Voice
・Wikipedia You're Never Alone With A Schizophrenic
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
One Voice Import
バリー・マニロウ

Barry_onevoice.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

大好きだったバリー、なぜかまだ小生記事で取り上げていないことを反省!来年こそは!

エアサプライの後で…!

RWさん、エアサプライの後でよろしくです(^^)/