Mr.Roboto / ミスター・ロボット (Styx / スティクス)1983



Domo Arigato, Mr. Roboto
Domo Arigato, Mr. Roboto
Mata ahoo Hima de
Domo Arigato, Mr. Roboto
Himitsu wo Shiri tai

ドモアリガト、ミスターロボット
ドモアリガト、ミスターロボット
マタアフヒマデ
ドモアリガト、ミスターロボット
ヒミツヲ シリタイ

You're wondering who I am
(Secret, secret, I've got a secret)
Machine or mannequin
(Secret, secret, I've got a secret)
With parts made in Japan
(Secret, secret, I've got a secret)
I am the modren man

僕が誰だか不思議に思ってるのかい?
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
機械なの?それともマネキンなのかって?
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
部品は繊細なメイド・イン・ジャパン
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
僕は新しい人類なのさ

I've got a secret
I've been hiding under my skin

My heart is human
my blood is boiling
My brain I.B.M.

so if you see me
Acting strangely
don't be surprised

僕にはヒミツがあるんだ
この肌の下に隠しているのさ

僕の心は人間だよ
血だって沸き立ってる
頭脳はI.B.M製

だからもし僕が
おかしな行動をしてるのを見ても
ビックリしないでほしいのさ

I'm just a man who needed someone
And somewhere to hide
To keep me alive, just keep me alive
Somewhere to hide to keep me alive

僕はただの人間なんだよ
助けてくれる人と隠れる場所が必要なんだ
僕を生かしてくれるところと
僕を生かしてくれる人がね
僕を生かしておいてくれる隠れ家はないかな

I'm not a robot without emotions
I'm not what you see

I've come to help you
With your problems, so we can be free

I'm not a hero, I'm not a saviour
Forget what you know

僕は感情のないロボットじゃない
見た目とは違うんだ

僕はきみを助けにやってきた
問題あれば言ってよ そしたら僕たちは自由さ

ヒーローじゃないし 救世主じゃない
先入観はなくしてよ

I'm just a man whose circumstances
Went beyond his control
Beyond my control
we all need control
I need control
we all need control

僕は支配から逃れて
自由になったただの人間だよ
支配から逃れたんだ
みんな支配され管理されてる
僕も支配されてる
管理されないと生きていけない社会

I am the modren man
(Secret, secret I've got a secret)
Who hides behind a mask
(Secret, secret, I've got a secret)
So no one else can see
(Secret, secret, I've got a secret)
My true identity

僕は新しい人類さ
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
仮面の下に誰が隠れてるのかな?
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
だから誰にもわからないんだ
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
僕は本当は誰なんだかってこと

Domo Arigato, Mr. Roboto
Domo, Domo
Domo Arigato, Mr. Roboto
Domo, Domo

ドモアリガト ミスターロボット
ドモ、ドモ
ドモアリガト ミスターロボット
ドモ、ドモ

Domo Arigato, Mr. Roboto
Domo Arigato, Mr. Roboto
Domo Arigato, Mr. Roboto
Domo Arigato, Mr. Roboto
Domo Arigato, Mr. Roboto

ドモアリガト ミスターロボット
ドモアリガト ミスターロボット

Thank you very much, Mr. Roboto
For doing the jobs that nobody wants to
And thank you very much, Mr. Roboto
For helping me escape

本当にありがとう ミスターロボット
誰もやりたがらない仕事をしてくれて
本当にありがとう ミスターロボット
脱出するときに助けてくれて

Just when I needed to
Thank you, thank you, thank you
I want to thank you
Please, thank you, oh

まさに必要なときだったんだ
ありがとう ありがとう
ホントにありがとう
助かったよ ありがとう

The problem's plain to see
Too much technology
Machines to save our lives
Machines, de-humanize

問題ははっきりしているんだ
テクノロジーが進み過ぎてるんだ
機械は僕たちの生命を救うけど
機械は人間性を奪ってしまう

The time has come at last
(Secret, secret, I've got a secret)
To throw away this mask
(Secret, secret, I've got a secret)
Now everyone can see
(Secret, secret, I've got a secret)
My true identity

とうとうその時がきたんだ
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
このマスクを脱ぎ捨てるときだ
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
さあもうみんなわかるよね
(ヒミツさ ヒミツ、ヒミツがあるんだ)
これが僕のほんとの姿さ

I'm Kilroy, Kilroy
Kilroy, Kilroy

僕はキルロイだ キルロイ
僕はキルロイなんだ!

Songwriters Dennis De Young
Published by STYGIAN SONGS

go beyond=範囲を越える 越えていく
de-humanize=人間性を奪っている 非人間化する

Released in1983
US Billboard Hot100#3
From The Album"Kilroy Was Here"

519ZcoY6pXL__SX425_.jpg

"ドモアリガト、ミスターロボット"という日本語の入った歌詞のこの曲は結構多くの人が知ってるのではないかと思います。最近でも2012年の日本映画「ロボジー」でも使われていましたね。

◆1982年にスティクスが来日し、僕も武道館行きました。ステージがアルバム「Paradise Theater」仕様になっていて、最初にもうさびれてしまった劇場の前を掃除のオジサンがホウキを掃いていくと…傍らにデニス・デ・ヤングが現れ"Tonight's the night we make History…"と歌い始めます。カッコよかった~。で、実はこの時、彼らは日本にいるときにテレビで見たのは、工場で稼働する工業用ロボット達・・・デニス・デ・ヤングはこの場面を見て、ニューアルバムのコンセプトを考えたと言われています。

◆アルバム「Kilroy Was Here」の物語が当時のスティクスのライヴ前に流されたようです。
:この話のなかでは、独裁政府とDr.Righteousを指導者とするMMM(the Majority for Musical Morality)という団体がロックミュージックを迫害しています。人間のために色々な仕事をする日本製のロボット達がいる社会でもあります。
 キルロイはかつてのロック・スターですが今は投獄されていてます。そしてキルロイは看守ロボットを倒し、仮面をかぶり脱獄します。
 若いロック・ミュージシャンのジョナサン・チャンスが博物館に行って、1体のロボットと出会います。そのロボットが仮面を取るとそれはかつてのロックスター、キルロイでした!そこでライヴステージが始まります!
 スティクスのメンバー達にもすべて役柄が決まったいたようです。キルロイはデニス、ジョナサンはトミー、ドクター・ライチャスはジェームズ・ヤング。パノッソ兄弟の役柄は名前はわかりますが、物語では何をする人なのかな。
 
Dennis DeYoung - keyboards, vocals as Kilroy
Chuck Panozzo - bass, vocals as Lt. Vanish
John Panozzo - drums, vocals as Colonel Hyde
Tommy Shaw - guitar, vocals as Jonathan Chance
James Young - guitar, vocals as Dr. Righteous

*Mr.Robotoのビデオだけだと意味がよくわからないですよね。最後にロボットが仮面を取っても、出てくるのはロボットだし…。

◆"Kilroy was here"="キルロイ参上"について(Wikipedia)から
:アメリカの大衆文化などで見られる句のひとつ。壁の向こうから長い鼻を垂らして覗く姿を伴った落書きとして描かれることが多い。その起源は諸説あるが、少なくとも第二次世界大戦の頃にはアメリカの各所で見られた。

200px-Kilroy_Was_Here_-_Washington_DC_WWII_Memorial_-_Jason_Coyne.jpg

デニスはテクノロジーが発達したロボット社会への警鐘?とこの言葉をどうして結びつけたのかな?

◆歌詞の一部"I am the modren man"の"modren"について。
僕は気がつかなくて"modern"(モダン)だと思っていたのですが、スペルが"modren"になっていてデニスも確かにそう歌っているようです。海外のサイトでもWhat does "modren" mean? とyahoo.comに質問している人もいました。
Mr. Roboto (Styx): What does "modren" mean?

 そこで採用されていたBest Answerは、Modrenであっても翻訳英語のレタリングであり、Modernと同じ意味で使われている、と言うものでした。確かにネットなどで検索しても"Modren"ということで現代風の家具などの写真が沢山出てくるので、まあそうかな…と。(ちょっと引っ掛かってはいます)

◆Styxのミニ・ミービー"Kilroy was Here"(約9分30秒)。
キルロイ(デニス)含む囚人が観ているビデオはStyxの"Borrowed Time"。
↓↓↓↓↓


◆映画「ロボジー」より。五十嵐信次郎とシルバー人材センターVersion。五十嵐信次郎さんはミッキー・カーチスが演じてる!
↓↓↓↓↓


◆Styxは日本を愛してくれてます。2003年にリリースされたアルバム「Cyclorama」の最後を飾る曲は「Genki Desu Ka(元気ですか)」。“ドモアリガト”より強烈ですよ!(YoutubeにないのでVideoClip.bgより)
↓↓↓↓↓
「Genki Desu Ka」(こちらをクリック)
genki desu ka

(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Kilroy Was Here
・Kilroy Was Here Songfacts
・Yahoo.com
・Wikipedia ロボジー
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Kilroy Was Here CD, Import
スティクス

519ZcoY6pXL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

本当にありがとう ミスターロボット
誰もやりたがらない仕事をしてくれてってところ、
現状の私に似通っていて思わず苦笑いしちゃいました^m^
私も今が、ある件で正念場なので、がんばんなきゃなって
思っている時、音楽の力を借ります。
あっ・・shakakan ではなくてchakakhanでしたね^^;
うろ覚えなのでスペル間違いはしっちゅうです・笑
大変失礼しましたm<_ _>m

頑張ってください~!

nakoさん、“正念場”頑張ってください!終わったら“ドモアリガト”言いましょう!?

No title

いいえ、そんな事は言わせません・笑 ^m^
ちょっと、信じられないほど「いやな性格」で嫌いなので・・
訳、楽しみにしてます。では、

No title

中学生でラジオから録音するような頃です。
(レンタルレコードもLP1枚1000円の時代)
あぁ勘違い!!
キルロイ…黄色い!だと
今まで30年もの間思ってましたw
日本人=イエロージャップ!な思想が。
その当時の背景が解るようです(笑)
ほんと目からウロコです。

30年間^^;

びゃこさん、カミングアウトありがとうございます!(i'm kilroy! が俺は黄色い!)って日本語で叫んで終わるって思ってたんですね(笑)
でもキルロイはアルバムタイトルに出てくるので、これは何?とそこできづかないと同じように思ってる人、いるかもしれませんよー!また30年来の発見!あったら隠さずにカミングアウトしてくださいね(^^)

私も武道館行きました!

こんにちは。
武道館公演行きましたよ。
懐かしいです。
Modrenですが、電子機器企業名だそうですよ。
ところでタイトルのMr.Robotoはロボットじゃなくてロボトだと思うんですが、どうでしょうか?
ロボットはRobotですよね。

ROBOTOという名前?

大佐、武道館公演懐かしいですね。さびれたパラダイスシアターの前を掃除する男が通り過ぎると…デニス登場!でしたね。
ところで確かにいわゆるロボットのスペルは"ROBOT"ですよね。styxのこの曲の邦題も「ミスター・ロボット」だから気にしてなかったのですが(^▽^;)。なぜ"ROBOTO"にしたのか、はネットなど調べてもよくわからなかったのですが、キルロイを主人公にしたこの物語のなかでは、どうも"ROBOTO"という名前の「ロボット(ROBOT)」のようです。「Mr.ROBOTO」というのは一般的なロボットを指しているのではないみたいですね。