Have I Right / 初恋にレッツ・ゴー (Dead End Kids / デッド・エンド・キッズ)1977



Have I the right to hold you?
You know I've always told you
That we must never ever part
oh ooh ooh oh

僕はきみを抱きしめる権利ある?
僕らは絶対絶対離れるべきじゃないって
いつもきみに言ってるよね
oh ooh ooh oh

Have I the right to kiss you?
You know I'll always miss you
I've loved you from the very start

きみにキスしても許される?
僕はいつだってきみと会いたいんだ
初めて会ったときから愛してたのさ

Come right back I just can't bear it
I've got this love and I long to share it
Come right back
I'll show my love is strong

戻ってきてよ 我慢できないんだ
この愛をきみと分け合いたくてうずうずしてる
戻ってきてよ
僕の愛が強いんだって教えてあげるから

Have I the right to touch you?
If I could you'd see how much you send
those shivers running down my spine.
Ooh Ooh

僕はきみに触れても許されるかい?
もし触れることができたら
僕は背筋がゾクゾクしちゃうんだよ
Ooh Ooh

Have I the right to thrill you?
You know I'll wait until
you give me the right to make you mine.

きみをワクワクさせてもいいのかい?
きみを彼女にできるようになるまで
僕は待ってるよ

Well, Come right back I just can't bear it
I've got this love and I long to share it
Come right back I'll show my love is strong.
Oh yeah.
All right!

そう 戻ってきてよ 我慢できない
この愛を感じてからきみと分かち合えるのを
うずうずして待ってるんだ
戻ってきてよ
僕の愛が強いこと教えてあげるから
Oh yeah.
All right!

[Break]

Have I the right to hold you?
You know I've always told you
That we must never ever part.
No no no no no no

僕はきみを抱きしめる権利ある?
僕らは絶対絶対離れるべきじゃないって
いつもきみに言ってるよね
No no no no no no

Have I the right to kiss you?
You know I'll always miss you.
I've loved you from the very start.

きみにキスしても許される?
僕はいつだってきみと会いたいんだ
初めて会ったときから愛してたのさ

Come right back I just can't bear it
I've got this love and I long to share it
Come right back I'll show my love is strong.
Oh yeah yeah

戻ってきてよ 我慢できないんだ
この愛をきみと分け合いたくてうずうずしてる
戻ってきてよ
僕の愛が強いんだって教えてあげるから

Come right back I just can't bear it
I've got this love and I long to share it
Come right back right back where you belong
oh yeah
You belong
oh yeah
You belong

戻ってきてよ 我慢できないんだ
この愛をきみと分け合いたくてうずうずしてる
戻ってきてよ
僕の愛が強いんだって教えてあげるから
oh yeah
きみは僕のもの
oh yeah
きみは僕のもの

Writer(s)
Ken Howard, Alan Blaikley

send shivers down my spine
=背筋がゾクゾクする

Released in 1977
UK Single Chart#1
From The Album"Breakout"

Dead-End-Kids-Have-I-The-Right-353255.jpg

70年代のベイ・シティ・ローラーズの全盛期には、そのフォロワーのような形で紹介されるグループが沢山ありました!ハロー、フリントロック、バスター、そしてこのデッド・エンド・キッズ!
当時は何て歌ってるのかわからなかったのですが、メロディは覚えてます。そして何かしら「初恋だ!行け!アタックするしかない!」って歌なんだろうと思っていました(^▽^;)
 
◆彼らのプロフィールです。(Disk Union Progressive Rock On Lineより)
:スコットランド産ティーンエイジ・グラムポップ・グループ。ベイ・シティ・ローラーズの全英ツアーのサポートアクトを務めメジャーデビューするも、パンクの波に呑まれてあえなく砕け散った不遇のバンドです。音の方もB.C.R.に比べると低予算というか質実剛健なサウンドで、「カモン・レッツ・ゴー」や「グラッド・オール・オーヴァー」などの60年代ソングのカバーを挟みつつ、シングアロングしやすいキャッチーなロック&ロールを展開してます。グラムやパワーポップのファンはもちろん、Oiパンク好きまで楽しめる、ストンピン&ハンドクラッピンなワーキングクラス・ミュージック!

…だそうです。

Dead-End-Kids-Breakout-416511.jpg

◆上のビデオ、ちょっとちょっと、デッド・エンド・キッズさん!なに女の子踊らせてんの!上着を着せなさい!(^▽^;) あとギターの彼、なにぬいぐるみを背負ってんの!

◆この曲は1964年の全米5位のヒット、ハニーカムズのカバーですね。こちらはビートルズのフォロワーとしてでれきたブリティッシュのポップ・グループかな。下に動画をつけましたが女性ドラマーがカッコいいですね!

220px-TheHoneycombs.jpg

◆All Japan Pop20では最高位8位! 1977年8月第3週のチャートです。

BCR、ランナウェイズ、アバ、イーグルス、クイーン、カーペンターズ。人気者たちのなかで堂々第8位!

-1 あの娘はアイドル パット・マッグリン
-2 恋のゲーム ベイ・シティ・ローラーズ
-3 チェリー・ボンブ ザ・ランナウェイズ
-4 ホテル・カリフォルニア イーグルス
-5 ダンシング・クィーン アバ
-6 ふたりのラヴ・ソング カーペンターズ
-7 アイム・イン・ユー ピーター・フランプトン
-8 初恋にレッツ・ゴー! デッド・エンド・キッズ
-9 ロッキーのテーマ ビル・コンティ
10 きらめく光のように オリビア・ニュートン・ジョン

◆こちらが第2弾のヒット。「想い出の口づけ(All My Love Always)」。こちらはAll Japan Pop20で最高位16位。青春セツナ系メロディ。BCRに「想い出に口づけ(Remember)」という邦題があったが、こっちは「想い出の…」ですね。
↓↓↓↓↓


◆ハニーコムズのオリジナル。紅一点の女性がドラムなんだな!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・eil.com
・Disk Union Progressive Rock On Line
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
*アルバム「BREAKOUT」および「初恋にレッツ・ゴー」は残念ながら手に入らないようです。
上で紹介した「想い出の口づけ」はこちらに収録。

僕たちの洋楽ヒット DELUXE VOL.5 1977-79
オムニバス (アーティスト

61QYyg8OBXL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

うわー

めったさんもうすごい!
こんな曲ありましたねー。記憶の奥深くから蘇ってきて鳥肌が立ってしまいました。めったさんのブログの狙いはそこ??(笑)
それにフリントロック、ハロー。。あーまさに77年ですね。それとこのオールジャパンポップ20のランキング、凄く記憶あります。
またまた、自己満足投稿ですみません。

洋楽インジャパン

あもーれさん、ハイ、後からですが、それも「狙い」になりました(^▽^;)。
 もちろん「全米トップ40」の想い出曲を訳したいというのがこのブログのスタートだったのですが、そのうち、当時の日本の洋楽チャートも調べていくうちに、「全米トップ40」を聴き始める前の時代にラジオで日本の洋楽チャート番組を聴いていたことを想い出しました。その頃の曲は「邦題のタイトル」は覚えていても、原題や歌詞についてはまったくわからないでいた曲が沢山あります。この曲は歌詞の意味も「初恋にレッツゴー」だと思ってました!
 そんなわけで、今後も「洋楽インジャパン」も少しずつお届けできればと思います!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

日本の洋楽チャートならではの曲ですね。名曲なのに日本で忘れられてしまったら、埋れてしまうものが結構ある気がします。有名どこでもオリビアニュートンジョンは日本だけのシングルカットとかあって、日本版のベストでないと聴けないとか。
洋楽インジャパン、鳥肌の再来とともに?楽しみにしています。
私もなるべくコメントが少ない曲を狙いたいと思います(笑)

それと

邦題と原曲が全然違う。この時代ならではですね!

ツッコミお願いします

あもーれさん、僕のなかでは、こんな曲誰もツッコまないだろうなあ、と思いながら和訳、記事にしている曲もあります(笑)。ぜひぜひお願いします!

Re: 要望!

ニックネームさん、通常リクエストは受け付けてないのですが(僕自身に思い入れがない曲は和訳できませんので・・・)、この曲は「予定」してます。ただ、できたらニックネームさんの想い出やらを合わせて教えていただけると実現は早いかも…!

> 可能でしたら
> ベイシティローラーズの
> ラブ・ミー・ライク・アイ・ラブ・ユーを取り上げてください。