Theme From “The Greatest American Hero”(Believe It Or Not) / グレイテスト・アメリカン・ヒーローのテーマ (Joey Scabury /ジョーイ・スキャベリー)1981



Look at what's happened to me,
I can't believe it myself.
Suddenly I'm up on top of the world,
It should've been somebody else.

ねえ見てよ 僕に起こったことを!
自分でも信じられないのさ
突然 僕がこの世界の頂点に
そんなこと
他の人に起こるべきことなのに!

Believe it or not,
I'm walking on air.
I never thought I could feel so free eee eee.
Flying away on a wing and a prayer.
Who could it be?
Believe it or not it's just me.

信じられないかもしれないけど
僕は空を歩いてるんだ
こんなに自由な感じと思ってなかったよ

おそるおそる
でもほんとに飛んでるんだ
信じようと信じまいと
僕がそうなっちゃったんだ!

Just like the light of a new day,
It hit me from out of the blue.
Breaking me out of the spell I was in,
Making all of my wishes come true ue ue.

まるで生まれ変わった日の日差しみたいに
突然 光が僕に降り注いてる
かかっていた魔法から僕を解き放ち
僕の願いをみんな実現してくれたんだ!

Believe it or not,
I'm walking on air.
I never thought I could feel so free eee eee.
Flying away on a wing and a prayer.
Who could it be?
Believe it or not it's just me.

信じられないかもしれないけど
僕は空を歩いてるんだ
こんなに自由な感じと思ってなかったよ

おそるおそる
でもほんとに飛んでるんだ
信じようと信じまいと
僕がそうなっちゃったんだ!

writer(s)
Mike Post, Stephen Geyer

Believe it or not=信じようと信じまいと
on a wing and a prayer
=神頼みで;運にすがって
cf.「do something on a wing and a prayer.」という形でよく使われる。何かを行う際に、準備不足だがなんとか成功することを祈る様子を表す

Released in 1981
US Billboard Hot100#2
From The Album”America's Greatest Hero”

220px-Joey_Scarbury_Believe_It_or_Not.jpg

このラーメンマンのような「中」のマークは何でしょうか?(笑)

hc0g7400000p0pkb.jpg
*こちらは昨年12月に発売されたファミリーマートさん「ラーメンまん 担々麺風」(Family Mart Webサイトより)

これはスーパースーツの文字。真ん中の棒は刀なんですかね?
ウィキペディアでは
:アメリカ人の理解できない漢字(中国文字)で不可思議なイメージを与えたかっただけで、何の字でも良かったとの事である。なお、この漢字の「中」のように見える字は、プロデューサーのスティーヴン・J・キャネルがデスクで使っていた四角いハサミをモチーフにしたものとも言われている。

◆ジョーイ・スキャベリーはカリフォルニア出身のシンガー。小さいときからコンテストに出て歌を歌っているうちに、シンガーソングライターのジム・ウェッブの父親に見い出されました。そして歌い続けるうちに、近々始まるABCテレビのシリーズ番組「ザ・グレイテスト・アメリカン・ヒーロー」のテーマソングを歌うチャンスが到来しました!作曲とプロデューサーはマイク・ポスト。全米大ヒットとなりました。

◆TV番組「The Greatest American Hero」は日本でのタイトルは「UFO時代のときめき飛行 アメリカン・ヒーロー」で、1981年から1983年まで3シーズン放映されました。ストーリーは以下(Wikipediaより)です。
:主人公ラルフ・ヒンクリーは平凡な高校教師であるが、妻とは離婚訴訟中で、一人息子の親権を争っている。そんなある日。その場に居合わせたFBI捜査官のビル・マックスウェルと共に、突然UFOと遭遇し、胸に漢字の「中」に似たマークのついた赤いスーパースーツを与えられ、世の中の正義を守るために悪と戦えと告げられる。
 混乱したラルフはスーツの取扱説明書を無くしてしまい(UFOと遭遇した場所から立ち去るときに落とす)、手探りでスーパーマン稼業をはじめることとなってしまった。そんな彼の秘密を共有し、助けるのは美人教師の恋人パムと、ビルのふたり。
 Greatamaricanhero.jpg

 なんか"アメリカン・ヒーロー"と聞くと僕はジム・クローチの"ラスト・アメリカン・ヒーローのテーマ(I Got A Name)"の方を想い出しちゃいますね…!

◆この曲が最高位2位!というのは全米トップ40ファンの方ならしっかり記録されていると思います。この曲のあとシングルカットされた「When She Dances(邦題:浮気なダンス)」は最高位49位でしたので記憶に残らない。ミスター一発屋!なのです。

*“Believe It Or Not”が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending August 15, 1981

この曲の1位を阻止したのは「エンドレス・ラブ」!この強い曲が1位になったと同時2位。そりゃあ相手が悪かった…!「エンドレス・ラブ」は9週連続No1になります。
ちなみにそのときの2位は…「Believe It Or Not」(2)、「Slow Hand」(3)、「Queen Of Hearts」(2)、「Authur's Theme」(2)となっています。「Authur's Theme」はこの後1位になるので、「エンドレス・ラブ被害者の会」結成はジョーイと、ポインター・シスターズ、ジュース・ニュートンの3名(笑)

-1 2 ENDLESS LOVE –•– Diana Ross and Lionel Richie
-2 3 THEME FROM “GREATEST AMERICAN HERO” (Believe It Or Not) –•– Joey Scarbury
-3 4 I DON’T NEED YOU –•– Kenny Rogers
-4 1 JESSIE’S GIRL –•– Rick Springfield
-5 5 ELVIRA –•– The Oak Ridge Boys
-6 6 SLOW HAND –•– The Pointer Sisters
-7 7 BOY FROM NEW YORK CITY –•– The Manhattan Transfer
-8 8 HEARTS –•– Marty Balin
-9 9 QUEEN OF HEARTS –•– Juice Newton
10 11 (There’s) NO GETTIN’ OVER ME –•– Ronnie Milsap

◆TV番組「SOLID GOLD」に出演して"Believe It Or Not"を歌うジョーイ。ヒゲが書いてあるように見える(笑 ごめんね)
↓↓↓↓↓


◆番組「The Greatest American Hero」のオープニング場面。
↓↓↓↓↓


◆"Believe It Or Not"のプロデューサーであるマイク・ポストが1981年に出した曲「Theme From Hill Street Blues」。全米10位になりました。ギターはラリー・カールトン。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia アメリカン・ヒーロー
・Wikipedia Believe It Or Not
・たった1曲のスーパーヒット2 1968~1984(音楽之友社)
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
America's Greatest Hero Import
Joey Scarbury

Americas_Greatest_Hero.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

ズッコケヒーロー番組は低予算でこけた

テーマソングはヒットしたけどヒーロードラマは日本のパーマンのようにはヒットせず、当初の予定より早く打ち切りになったみたい。当時としても余りにチャッちい仕掛けというより初期のテレビのスーパーマン並みの飛行シーンじゃ子供でもバカにされる!

No title

藤井モリオさん、コメントありがとうございます。昔のヒーロードラマや怪獣映画は今見ると、ちゃっちー仕掛けに思わず...!がありますね。ウルトラマンの八つ裂き光輪が当たる前に真っ二つになってしまう怪獣とか...、おいおい糸が見えてるよ…とか(^▽^;)。映像はともかく、この歌は歌がいいですよね!(とフォロー)