Heaven Is 10 Zillion Light Years Away / 1000億光年の彼方 (Stevie Wonder / スティーヴィー・ワンダー)1975



They say that Heaven
Is 10 zillion light years away
And just the pure at heart
Will walk her righteous streets someday

天国は1000億光年も先にあるって
そう人は言うんだ
純粋な心を持った者だけが
いつの日か
公正な道を歩いていけるんだ

They say that Heaven
Is 10 zillion light years away
But if there is a God
We need Him now

天国は1000億光年も先にあるって
そう人は言うんだ
もし神が本当にいるのなら
僕たちは今まさに必要としているんだ

"Where is your God?"
That's what my friends ask me
And I say, "It's taken Him so long
'Cause we've got so far to come"

“お前の神はどこにいる?”
と友達に聞かれたんだ
僕はこう言うさ
“神様も時間がかかってるんだ
僕たちもここまで来るのに
大変だったからね”

Tell me people
Why can't they say that hate
Is 10 zillion light years away
Why can't the light of good
Shine God's love in every soul

教えてよ
憎しみは1000億光年先に消え去ったって
どうして言ってはいけないのか?
正しい光が神の愛となって
みんなの魂を照らさないんだろう?

Why must my color black
Make me a lesser man
I thought this world
Was made for every man

どうして僕の肌の色が黒いというだけで
劣った人間ってことになるのだろう?
この世界は誰の元にも平等に作られたと
僕はそう思っていたんだ

He loves us all
That's what my God tells me
And I say, "It's taken Him so long
'Cause we've got so far to come"

神様は万人を愛してる
僕はそう信じてきたのさ
僕はこう言うよ
“神様はもうすぐ来るんだ”
“だって僕たちだって
 ようやくここまできたのだから”

But in my heart I can feel it
Feel His spirit, wow, oh, woo
Feel it, yeah, feel His spirit

でも心の中で感じるのさ
神の魂をね wow, oh, woo
きみも感じなよ 神の魂を

And I can't say that Heaven
Is 10 zillion light years away
But if so let all be pure at heart
Just to walk her righteous streets I pray

天国が1000億光年の彼方だって
僕にはそんなこと言えないよ
でももしそうならば
すべての純粋な心の持ち主が 
公正な道を歩いて行けるよう
僕は祈る

Let God's love shine within
To save our evil souls
For those who don't believe
Will never see the light

神の愛を僕らの心のなかに輝かせ
僕らの中の悪い魂を救ってもらおう
信じない者たちは
光を決して見ることはないんだよ

"Where is my God"
He lives inside of me
And I say, "It's taken Him so long
'Cause we've got so far to come"

“僕の神はどこにいる?”
神は僕の心のなかにいるのさ
僕はこう言う
”神はまもなくやってくる”
“だって僕らだって
ここまでようやく来たのだから”

Now people,
"Where is your God?"
Inside please let Him be
And I say, "It's taken Him so long
'Cause we've got so far to come"

でもみんな聞いてほしい
“神はどこにいるのか?”
どうか心のなかに神にいてほしい
僕は言う
“まもなく神は訪れる
だって僕らだって
ここまでようやく来たんだから”

But if you open your heart
You can feel it, yeah yeah
Feel it, feel His spirit, wow, oh, wow
Feel it, you can feel His spirit

だけどきみが心を開くのなら
感じるはずさ yeah yeah
感じよう 神の魂を wow, oh, wow
感じよう 神の魂を

I opened my heart one morning
And I show enough could feel it,
yeah yeah
Feel His spirit yeah, yeah
You can feel it, yeah, feel His spirit
You can feel it, yeah, feel His spirit

ある朝 僕も心を開いたら
僕にも感じられたんだ
神の意志が
きみも感じられるよ 神の魂が
きみも感じられるはずさ 神の心が

Songwriters WONDER, STEVIE
Lyrics c EMI Music Publishing

Released in 1975
All Japan Pop20#7
From The Album
“Fulfillingness' First Finale”

813Lf7hAQ9L__SX450_.jpg

1000億光年

この曲は日本での邦題で覚えていたのですが、全米ではシングルカットしてなかったのは知りませんでした。アルバム「ファースト・フィナーレ」からのシングルカットは全米1位になった「You Haven't Done Nothing(悪夢)」と「Boogie On Reggae Woman」の2曲だったんですね。

◆僕はちっとも信心深くないんだけど、この曲を聴くとやっぱり何かしら心が素直になるような感じがします。自分の嫌なところとかなんか人にたいしてどうしてもっと優しくできなかったんだろうとか、なんか神々しくなる自分がいます…。アルバム「ファースト・フィナーレ」はやっぱりA面が好きなんですよねえ。

1. "Smile Please" 3:28
2. "Heaven Is 10 Zillion Light Years Away" 5:02
3. "Too Shy to Say" 3:29
4. "Boogie On Reggae Woman" 4:56
5. "Creepin'" 4:23

この流れ!「やさしく笑って」の次に「神々しく」なったら、次は「照れくさくて言えないんだ」…。でピュアな気持ちにさらになったところで「レゲ・ウーマン」!

◆「スティービー・ワンダー 心の愛」からこの曲について書かれている箇所を抜き出します。
“この曲ではスティーヴィーは神の存在を呼びかけます。もし神が存在するなら「我々はいま彼を必要としている」。天国が概念上、私たちの生活から遠く離れたところに退けられてしまったという考えは間違っているとスティービーは言います。なぜ憎しみが去ったと言わないのかと問いかけ、神は我々一人一人のなかにいるんだと指摘する。「心を開き」さえすれば「神を感じる」ことができるんだ”
 生死の間をさまようほどの大事故に巻き込まれたスティーヴィー。奇跡の復活のなかでは彼自身、神の加護を感じたんでしょうね。天国はものすごく遠いところにあるけれど、信ずることによって神の魂を感じることができるんです。
この曲は後半に、ハンドクラップとバック・コーラスが入るところがまた“みんなで感じよう”って雰囲気が出ています。このハンドクラップはポール・アンカ、シリータ・ライト、シャーリー・ブリューワーなどが参加となっていますよ。

◆“1000億光年”と邦題についてますが、原題は“10 Zillion”となっています。いつか時間があるときにこの単位を確かめてみなければなるまい…!と思っていました。今日がその日だな。

 タイトルにある“Zillion”という単語(数の単位)を調べてみたところ、まず、英語の数の単位は「10の3乗ごと」に変わっていくようです。
10の3乗 thousand (千)
10の6乗 million (百万)
10の9乗 billion (10億)(英国では1兆)
10の12乗 trillion (1兆)(英国では百万兆)

ムムっ“zillion”が出てこないではないか!
実は“Zillion”は“million,billion にならった「造語」”
で「何億兆,無数」という単位のようです。な、なんと!(-_-;)

◆邦題のようにはっきりと「1000億」というからには、正確には(10億×100)で「a hundred billion」が正解。「1000億光年の彼方」と邦題につけるからには原題は「Heaven is a hundred billion light years away」でないといけません。
「10 zillion light years away」だと「ものすごく遠い彼方」ということになりますよ。
 英語のテストで出ないでヨカッタ!(^^)/ ←そんなもん出るかい

◆「1000億光年の彼方」は日本のチャートで最高位7位を記録!
1975年4月第2週でした。

「キラー・クイーン」に続く2位スリー・ディグリーズは日本語で歌う「にがい涙」。ミッテッタ、ハッズッヨッ!。ジョージの3位にジョンの4位。10位スージーの原題は「Your Mama Won't Like Me」。

-1 キラー・クイーン クイーン
-2 にがい涙 スリー・ディグリーズ
-3 ディン・ドン ジョージ・ハリスン
-4 夢の夢 ジョン・レノン
-5 プリーズ・ミスター・ポストマン カーペンターズ
-6 ユー スリー・ドッグ・ナイト
-7 1000億光年の彼方 スティービー・ワンダー
-8 恋のジューク・ボックス ザ・ルベッツ
-9 ジップ・ガン・ブギー マーク・ボラン&T.レックス
10 ママのファンキー・ロックン・ロール スージー・クアトロ

◆アルバムでは「1000億光年の彼方」の次の曲は「Too Shy To Say」。友達のshoheiさんが好きで結婚式で使った曲だ!
↓↓↓↓↓


◆A面ラストは“Creepin”。バックの女性ボーカルはミニー・リパートンです。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Fulfillingness' First Finale
・中古レコードAftermath
・「スティービー・ワンダー心の愛」シンコーミュージック
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ファースト・フィナーレ Original recording remastered
スティービー・ワンダー

220px-Fulfillingness_First_Finale.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

1000億光年の彼方

1000億光年の彼方は高校受験の時、みのもんたのAll Japan Pops 20で聞いておりました。
失礼ながら、歌詞と和訳をコピーさせて頂きました。
どの歌も私にとっては思い出ばかり。
ここのブログ、お気に入りに入れさせていただきました。

ありがとうございます

sohsukeさん、そうですよね。日本のPOPSベスト番組で、この曲はよく紹介されてました。一度聴いたら忘れられない歌詞。「1000億光年」なんて想像もつかない距離を想像したり…。記事に書きましたがこの曲を訳していて「10 zillion」の「Zillion」は“造語“とわかったときがショックでした(笑)。受験英語に出なくてヨカッタですね(^▽^;)。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。