New Song / ニュー・ソング (Howard Jones / ハワード・ジョーンズ)1984



Ive been waiting for so long
To come here now and sing this song
Dont be fooled by what you see
Dont be fooled by what you hear

ずっと待ってたんだ
ここでこうしてこの歌を歌えることを
目に見えるものに騙されないで
耳から聞こえるものに誤魔化されないで

This is a song to all of my friends
They take the challenge to their heart
Challenging preconceived ideas
Saying goodbye to long standing fears

これは僕の友達みんなに捧げる歌
挑戦する心を持っている人のため
先入観にとらわれないようにしよう
長く続いてた恐れにサヨナラを言おう

Dont crack up,
Bend your brain
See both sides
Throw off your mental chains

負けちゃダメさ
頭をやわらかくしてね
物事の両面を見てみよう
きみの心の鎖を解き放て!

Dont crack up,
Bend your brain
See both sides
Throw off your mental chains

くじけるな
頭を使うんだよ
物事は一面的じゃないんだ
きみを縛る悩みなんか捨てちまえ!

I dont wanna be hip and cool
I dont wanna play by the rules
Not under the thumb of the cynical few
Orladen down by the doom crew

ヒップとかクールとかなりたくないよ
決まりきったルールに縛られたくもない
何人かの皮肉屋たちの言いなりも嫌だし
運命共同体の荷を負うのもゴメンだよ

Dont crack up,
Bend your brain
See both sides
Throw off your mental chains

くじけないで
頭をやわらかくして考えよう
物事の両面を見るんだ
きみを縛る心の鎖を解き放て!

Dont crack up,
Bend your brain
See both sides
Throw off your mental chains

負けちゃダメさ
頭を働かせるんだ
物事の両面を見てみよう
きみを縛る心の鎖を解き放て!

I've been waiting for so long
To come here now and sing this song
Dont be fooled by what you see
Dont be fooled by what you hear

This is a song to all of my friends
They take the challenge to their heart
Challenging preconceived ideas
Saying goodbye to long standing fears

Dont crack up,
Bend your brain
See both sides
Throw off your mental chains

くじけないで
頭をやわらかくね
物事の両面を見てみよう
きみを縛る鎖なんか捨てちゃおう!

Songwriters HOWARD JONES
Lyrics c SONGS OF KOBALT MUSIC PUB OBO HOWARD JONES MUSIC AMERICA

under a person's thumb=人の言いなりになる
the few=少数派

Released in 1984
US Billboard Hot100#27
From The Album"Human's Lib"

71aUa5sQidL__SX450_.jpg

Howard_Jones_New_Song_single_cover.jpg

 あれ?この曲最高位27位なんだ。もっと上位までヒットしたと思ってたんだけどな。全米チャートの記憶と日本でのヘビー・ローテーションで聴いた記憶とごっちゃになってるのかな。
 80年代当時はほんとによく耳にした曲です。きっと皆さんもそうですね!
 電子ピアノのピコピコサウンドと弾むようなリズム。"心の鎖を解き放て!"のあとの"Whoo、hoo、hoo!"も覚えて一緒に歌いました。

◆この曲のSongfactsのページでハワードがこの曲で次のように言っていました。

"僕はそのとき工場で働いていたんだ。昼は工場で、夜は演奏する毎日だった。僕の歌を聴いてくれる人たちにこう言いたっかったんだ。きみが本気で望むなら、夢を実現するんだってガッツや決意さえあれば、その夢は叶うんだってこと。その人がやりたいことに集中できれば人生のなかで本当に得意なことができるはずだ"そのことをこの歌は歌ってるんだよ。心に持つ恐れを解き放ち、いさかいがあるときは両方の面から見てみようってこと、そしてメンタルに悩んでることなんて放りだそうってこと。これが僕のマニフェストなんだっていつも言ってるんだ。とてもポジティブな歌だろ。僕は自分の音楽キャリアのなかで人生をポジティブに生きる歌を書いていったんだよ。"

◆2012年の2月にもBillboard Liveに登場してくれました。そのときは1日2回のステージのうち、1st Stageをデビューアルバムの"Human's Lib"、2nd Stageは2nd Albumの"Dream Into Action"の全曲演奏ってことになっていて、観に行く人は両方行きたいけどお金もないし、どっちに行くか?と悩んだことでしょうね!

howardjohns.jpg

*これはその来日の際のハワードからのメッセージです。
↓↓↓↓↓


◆"New Song"が最高位27位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles March 31, 1984

ヴァン・ヘイレン「ジャンプ」に代わって、1位はフットルース!2位ロックウェルくんはモータウンのCEO"ベリー・ゴーディ"の息子さんですね。7位はフィル・コリンズ「見つめて欲しい」。映画「カリブの熱い夜」の主題歌。

-1 4 FOOTLOOSE –•– Kenny Loggins
-2 2 SOMEBODY'S WATCHING ME –•– Rockwell
-3 1 Jump –•– Van Halen
-4 5 HERE COMES THE RAIN AGAIN –•– Eurythmics
-5 3 GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN –•– Cyndi Lauper
-6 6 I WANT A NEW DRUG –•– Huey Lewis & The News
-7 12 AGAINST ALL ODDS –•– Phil Collins
-8 8 AUTOMATIC –•– The Pointer Sisters
-9 9 ADULT EDUCATION –•– Daryl Hall & John Oates
10 14 MISS ME BLIND –•– Culture Club
27 28 NEW SONG –•– Howard Jones

◆「New Song」のスタジオ・ライヴ。Chainに縛られてるパフォーマーも登場です。
↓↓↓↓↓


◆New Song LIVE on Now Thats What I Call 1983 (Nov 2008)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia New Song(Howard Jones Song)
・New Song Songfact
・Billboard Live Tokyo Howard Jones 2012
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Human's Lib Import
ハワード・ジョーンズ

71aUa5sQidL__SX450_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント