Don't Answer Me / ドント・アンサー・ミー (The Alan Parsons Project / アラン・パーソンズ・プロジェクト)1984



If you believe in the power of magic
I can change your mind
And if you need to believe in someone
And turn and look behind

きみが魔法の力を信じてるなら
その考えを変えさせてしまうのは僕だ
誰か信じられる人を必要としてるのなら
きみは振り返ってよく周りを見た方がいい

When we were living in a dream world
Clouds got in the way
We gave it up in a moment of madness
And threw it all away

僕たちが夢のような世界にいたときだって
目の前には暗雲がたち込めていたんだ
僕たちは後先のことを考えず
あきらめて投げ捨ててしまったのさ

Don't answer me,
don't break the silence
Don't let me win

Don't answer me,
stay on your island
Don't let me in

僕に答えなくていいよ
沈黙したままでいいんだ
僕はきみに答えさせるつもりなんてない

僕に答えないで
きみはきみの場所にいればいい
僕をそこに立ち入らせないでくれ

Run away and hide from everyone
Can you change the things
we've said and done?

人の目から隠れて逃げるんだ
僕らがしてきたことを
もう変えることなんてできないよ

If you believe in the power of magic
It's all a fantasy
And if you need to believe in someone
Just pretend it's me

きみが魔法の力を信じるなら
僕は言う それは空想なんだって
きみが誰かを必要としてるなら
それは僕だってふりをしたらいいさ

It ain't enough that we meet as strangers
I can't set you free
So will you turn your back forever
On what you mean to me?

他人のように接するんじゃだめなんだ
それじゃ
きみを自由にさせてあげられない
だから
僕にはきみが大切な存在だったとしても
後ろを向いて永遠に出ていってくれ

Don't answer me,
don't break the silence
Don't let me win
Don't answer me, stay on your island
Don't let me in
Run away and hide from everyone
Can you change the things we've said and done?

僕に答えなくていい
沈黙したままでいい
僕はきみに答えさせるつもりなんてない
僕に答えないで
きみはきみの場所にいればいい
僕をそこに立ち入らせないでよ
人の目から隠れて逃げるんだ
僕らがしてきたことを
もう変えることなんてできないよ

Don't answer me, don't break the silence
Don't let me win
Don't answer me, stay on your island
Don't let me in
Run away and hide from everyone

自分勝手だけど僕はこう思う
黙って聞いてほしいんだ
きみを打ち負かそうなんてしたくない
だから黙って聞いてくれ
きみはきみの考えでいいじゃないか
僕はそのことに何も言わないよ
もう終わったことなんだ
僕たちは逃げるしかないんだよ

Don't answer me, don't break the silence
Don't let me win
Don't answer me, stay on your island
Don't let me in
Run away and hide from everyone

もう答えないでくれ

Don't answer me
Don't answer me
Don't answer me
Don't answer me

僕に答えないでくれ
黙って聞いてくれ
僕に答えないで
僕に答えないで…

Songwriters PARSONS, ALAN / WOOLFSON, ERIC
Lyrics c Universal Music Publishing Group

get in the way=妨げる
a moment of madness=かっとなって

Released in 1984
US Billboard Hot100#15
From The Album"Amonia Avenue""

220px-The_Alan_Parsons_Project_-_Ammonia_Avenue.jpg

◆今日はフィル・スペクター(風)の分厚い"ウォール・オブ・サウンド"の曲をこの曲含めて3曲お届けします!

◆この曲も大好きな曲で、もっと早めに訳したかったのですが、どうも物語がしっくりと自分のなかに落ちてきませんでした。今もあまり確信が持てず、少々飛躍した意訳部分があります...(^▽^;)。

◆主人公の男。これまで2人の間に何があったのかは不明ですが、もう彼女との交際を「あきらめている男」。一方彼女は"魔法を信じて"いて「二人で努力すればなんとかなる」って思ってる。彼の方は彼女のようにポジティブにはなれない。もう話し合うのには疲れた。かといって、相手を自分の意見で打ち負かすほどの気力もない(Don't let me win)。
 "It ain't enough that we meet as strangers.I can't set you free"はいまだよくわかりません。二人の関係を終わらせる=他人になる、ということかと思いますが、「他人のように接するだけじゃ十分じゃない」ということは「物理的」にも「顔を会わせないようにする」ということ、「どちらかが遠くに去っていく」ことなのでしょうか。そうでないと"きみを自由にさせてあげることができない"のです。これは"やさしさ"なのか"エゴ"なのか。
 いずれにしても、いい曲なのですが、歌詞は朝から味わいたい曲じゃないよな~(-_-;)

◆サウンド的にはフィルスペクターの分厚い"ウォール・オブ・サウンド"のこの曲。ハッピーソングのような出で立ちであるがゆえに、哀愁や哀しみを深く表現しているようでもあります。歌詞がちょっと複雑でヒネった感じがあるので、あまり歌詞の内容は気にされず日本でもよく聴かれているように思いますが、英語圏の国では、歌詞の点から"自分の交際相手との別れを想い出す…"というような方が多いようです。Songfactsのコメント欄を見てそう思いました

◆このアルバムジャケットは何を現しているんでしょうか?色んなパイプがあるのですが、なんか顔のようにも見える…ジャケット裏面はみんな顔を下にして何をしているのか?(その顔がジャケットのようになっている?)

51m+zPKCx5L.jpg

 "Anmonia Avenue"というタイトルについて、Wikipediaには次のようにありました。
"アルバムのタイトルはエリック・ウルフソンがイギリスのブリングハムで訪れた帝国化学産業(ICI)で触発されたものです。最初彼が見たのはいくつものパイプが通り、人も誰もいなく、木々も生えていない場所で、アンモニア・アベニューと書かれた看板でした。 
 公共の観点から産業の科学的発展を誤解する可能性があり、また、科学的な観点からは社会の理解が欠如することもあることに注目しています"。
 科学(化学)の発展と社会の理解との食い違い?について言っているのでしょうかね。人間の機械化と機械の人間化についてとか…。

 Anmonia.jpg

◆この曲の bassとacoustic guitarを弾いているのはパイロットのDavid Patonだ!

◆このアメコミ風PV。ハッピーエンドで終わります。この歌詞の二人の出会いの話と取るか、それともアラン・パーソンズの皮肉と取るか…。
↓↓↓↓↓


◆2009年の12月に腎臓がんで亡くなったボーカルのエリック・ウルフソン。このYoutube動画のクレジットには"a tribute to Eric Woolfson by Alan Parsons"とあります。
↓↓↓↓↓



(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Anmonia Avenue
・Don't Answer Me Songfacts
ジャケット写真もここからいただきました。

((この曲を購入!)Amazon.co.jp
Ammonia Avenue CD, Original recording remastered, Import
アラン・パーソンズ ¥ 992

220px-The_Alan_Parsons_Project_-_Ammonia_Avenue.jpg



関連記事

コメント

非公開コメント