Theme From "Mahogany"(Do You Know Where You're Going To?) /マホガニーのテーマ (Diana Ross / ダイアナ・ロス)1976



Do you know where youre going to?
Do you like the things
that life is showin' you?
Where are you going to?
Do you know?

あなたは自分がどこに行こうとしてるか
わかってる?
人生があなたに見せてくれるものを
あなたは気に入るかしら?
あなたはどこに行くの?
わかっているの?

Do you get what youre hopin' for
When you look behind you,
theres no open doors
What are you hopin' for?
Do you know?

自分の望むものを手に入れられる?
後ろを振り返ったとき
開いているドアがなかったとして
あなたが望むものは何?
わかっているの?

Once we were standin' still in time
Chasin' the fantasies
that filled our minds
You knew how I loved you
but my spirit was free
Laughin at the questions
that you once asked of me

ある日 私たちは頭のなかに
いっぱいの幻想を追いかけて
静かに立っていたの
あなたはどんなに私が
あなたを愛してるかわかってた
でも私の魂は自由なの
あなたが前に私に問いかけた質問も
笑い飛ばすほどに

Do you know where youre going to?
Do you like the things
that life is showing you
Where are you goin' to?
Do you know?

あなたは自分がどこに行こうとしてるか
わかってる?
人生があなたに見せてくれるものを
あなたは気に入るかしら?
あなたはどこに行くの?
わかっているの?

Now lookin' back at all weve planned
We let so many dreams
just slip through our hands
Why must we wait so long
before well see
How sad the answers
to those questions can be?

今振り返ってみる
私たちがしようとしたことを
本当にたくさんの夢が私たちの両手から
すり抜けていってしまった
夢をこの目で見るまでに
どれだけ待たないといけないの?
この人生の問いかけには
なんて悲しい答えが返ってくるの?

Do you know where youre going to?
Do you like the things that life is showing you
Where are you going to?
Do you know?

あなたにはわかる?
自分がどこに行こうとしてるのか
あなたの人生でこれから起こっていくことを
喜んで受け入れられる?
あなたの行先はどこ?
あなたは知ってるの?

Do you get what youre hopin' for
When you look behind you, theres no open doors
What are you hopin' for?
Do you know?

あなたは望むものを手に入れられる?
後ろを振り向いたとき
ドアがすべて閉ざされていたとしても
あなたが望むものは何?
あなたは知ってるの?

Songwriters GOFFIN, GERRY/MASSER, MICHAEL
Lyrics c EMI Music Publishing

Released in 1976
US Billboard Hot100#1(1)
From The Album"Mahogany Soundtrack"

mahogany.jpg

◎もしかすると映画「スター誕生」の出演はバーブラ・ストライサンドではなく、ダイアナ・ロスだった!?
◎この曲っていい曲で、何か賞を獲るのにふさわしくないですか?それとも凡曲ですか?

◆「ビリー・ホリディ物語」でダイアナは女優として輝かしいデビューを飾りましたが、その女優としての地位を確固たるものにする必要がありました。彼女が次に主演する映画を何にするか検討がなされ、そのなかに「スター誕生」があったそうです。でもこの主役の座はバーブラが射止め、ダイアナは「マホガニー」の主演が決まりました。ダイアナがエスター(バーブラの役柄)だったら…?ジョン・ノーマン・ハワード(クリス・クリストファーソン)役は黒人の俳優がやったのかな。うーん、想像つかない(-_-;)。

◆「マホガニー」は無名デザイナーからカリスマモデルへと転身した一人の女性の生き様を描いた物語。映画のキャッチフレーズは"女のしあわせは わかちあう人がいないなら それは無意味…今、最高のエンタティナー「ビリー・ホリデイ物語」のダイアナ・ロス!その心は再び愛に燃えて…"だったそうです。
 映画はまだ見ていませんが(ごめんなさい)、トレーシー(ダイアナ)はブライアン(ビリー・ディー・ウィリアムズ)に「成功とは、それを分かち合える愛する人がいて初めて意味があるものなんだ」という大切なことに気づかされるようです(-_-;)。

◆そんなストーリーをイメージすると、"問いかけ"の多いこの曲は物語にもピッタリ合っているように思えます。この曲を作ったのはマイケル・マッサー。"バラード作りの名手"です。

Michael M

(Michael Masser)の他の作品例
・Touch Me In The Morning / Diana Ross(1973)#1
・Saving All My Love For You / W.Houston(1985)#1
・Greatest Love Of All / W.Houston(1986)#1
Nothing's Gonna Change My Love For You / Glenn Medeiros(1987)#12

◆映画のヒットと合わせて素敵なこの曲は全米1位になりました。しかし、この年のアカデミー賞の音楽部門に、この曲はノミネートもされなかったのです(-_-;)。アカデミー賞の選定委員会はこの曲を候補にする価値なしとしたそうです!
 いや、この曲こそオスカーにふさわしい!と人々は賞賛し、嘆願書を出そうという動きまで起きてしまい、委員会は再度召集することとなり、この曲はノミネート曲に選ばれました。そして本選…。最終的には第48回アカデミー賞音楽部門はこの曲ではなく、キース・キャラダインの"I'm Easy"(映画「ナッシュビル」)となりました。
 "I'm Easy"は僕も好きだけど…オスカーは"Theme From Mahogany"の方が似合ってるんじゃないの~?(歴史は変わらないけど)

◆ダイアナが来日します!年明けに日本武道館2days! 単独公演は19年ぶりとのことです。

diana-hip-banner1.jpg

◆これいつ頃のスター時かな。ダイアナはスタイルいいよな~。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985(音楽之友社)
・ソングライター100(ヤマハ・ミュージック・メディア)
・Wikipedia Mahogany
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ベスト・オブ・ダイアナ・ロス(来日記念盤)
ダイアナ・ロス&シュープリームス¥3,497

41CEB0XMGAL__SL500_AA300_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

イメージするのは、マホガニー、コーヒー

以前はこの曲の存在をなんとなく認識していました。
"Here, There, And Everywhere" と同じ曲であるかのように感じていました。
その後、2曲は異なる曲なのだと認識しました。
まあ、でも時代の肌ざわりがありますよね。
80年代なかば以降はこういうのは絶滅してるかな。

時代の肌さわり

Lac.さん、コメントありがとうございます。たしかに、”Here,There,and Everywhere“の途中のメロディと“Do you know where you going to?”が似てると思いました!語りかけるようなメロディ、Here? There? Where? と自分がいる「場所はどこ」と問いかける歌詞なんかも似てますよね。それがおっしゃる“時代の肌さわり”はたしかに感じます!