Walk On (Medley) / ウォーク・オン・メドレー (Boston / ボストン)1994



~Walk On Medley~

<Walkin' At Night>

Instrumental

<Walk On>
Take a look around
and tell me what you see
I guess that all depend on
exactly what you want it to be

まわりを見渡してごらん
何が見えたか教えてよ
それはまさにきみが何を
望んでいるのかにかかっている

Is your cup half-full?
Is your cup half-empty?
How can you get what you need
in the land of plenty?

きみのカップは半分はいっぱい?
きみのカップは半分は空っぽ?
物の溢れたこの国で
自分がほしいものを
どうやって手にするの?

Everybody gets carried away
And everybody's trying
everyday to remind you

誰もがその日を楽しんで
誰もが毎日のように
きみに思い出させようとする

Oh, leave it behind you
What's it take to see?
What's it take to believe
right from wrong?
Never knowing where you belong

ああ 過ぎたことは忘れよう
何が見えるんだい?
善悪がわかるにはどうしたらいい?
僕らは自分がいる場所がわからないんだ

Walk on
Walk on
Yeah

歩き続けよう
歩き続けよう

Sometimes I feel like I'm just doing time
Everybody wonders where you're going
when you step out of line
Don't know all the answers,
someone's got to stand up and say "Hey"
If you want to win the game
then you know you're gonna have to play

ときどき時間を無駄にしてるって
思うのさ
誰もがきみの行く先を心配してるよ
きみが境界を踏み出そうとしてるから
すべての答えがわからないけど
誰かは立ち上がって
“ヘイ!”って言うのさ
きみがゲームに勝ちたいと思うなら
ゲームに参加しなきゃないらないんだ

Everybody's got to find a way
And everybody's trying everyday to remind you
What's standing behind you?
What's it take to see?
What's it take to believe right from wrong?
Never knowing where you belong

誰もが自分の進む道を見つけるんだ
誰もが毎日きみの過去に何があったか
思い出させる
いったい何が見えるんだい?
善悪の区別がつくのにどうしたらいい?
自分の居場所もわからずに

Walk on, yeah
Walk on
Walk on, yeah
There's no turning back
Walk on
Get your train on the track

だから
歩き続けるんだ 
今できることは
歩き続けること

振り返らずに
歩き続けよう
走ってるきみの列車に飛び乗ろう

<Get Organ-ized>
Instrumental

<Walk On(Some More)>

Take a look around
And tell me what you can see
I guess that all depends on
Exactly what you want it to be

まわりを見渡してごらん
何が見えたか教えてよ
それはまさにきみが何を
望んでいるのかにかかっている

Don't know all the answers
Everybody's running away, hey
If you want to win the game
Then you know it's a shame not to play

答えがすべてわからなくて
誰もが逃げていってしまう
ゲームに勝ちたいと思うなら
恥ずかしがらずに
ゲームに参加することだ

Everybody gets carried away
And everybody's got
Something to say to remind you
Keep looking behind you

誰もが調子にのって
誰もがきみに
過去を思い出させることを言う
過去のことを忘れずにいなきゃならない

It's never easy to see
What's it takes to believe
Right from wrong?
Never going back where Ive gone

正しいものと間違ったものを
見つけるのは簡単なことじゃない
かつてサヨナラした場所に
僕らは戻ることはない

Walk on, walk on
Walk on, yeah, yeah
Walk on, yeah, yeah
Walk on, yeah, yeah, yeah
Walk on, just walk on, yes

歩き続けよう
歩き続けよう
ただただ歩き続けるんだ

Songwriters
SCHOLZ, TOM / SIKES, DAVID ARTHUR / DELP, BRAD
Lyrics c Universal Music Publishing Group

get carried away=調子にのる
The train is on the track.
=列車が進行中

Released in 1994
From The Album”Walk On”

61MgZyDTz3L__SY355_.jpg

 ヒット曲ではないものの、この"Walk On Medley"は今回のライヴでもハイライトになるかな!と思います。Bostonの曲のなかでも"演奏を聴かせる曲"。全体を通じて"歩き続けていくんだ!"ということを歌詞でも演奏でも表現します。

◆アルバムに収録された全10曲中、4曲目から7曲目の4曲が"Walk On Medley"。「4.Walkin’At Night」と「6.Get Organ-ized」はインストゥルメンタル曲。全体で12~13分かかります。これらの曲について、アルバムライナーノーツに一言ずつ紹介があります。

WALKIN' AT NIGHT
ある人たちは犬を連れて歩く(WALK)。またある人たちはギターを演奏する(WALK)。

WALK ON
大人しくしている人々が大半のなかで、正しいことのために立ちあがる人々に捧げる曲

GET ORGAN-IZED
ハモンドB-3オルガンは偉大なオルガンなんだ。

WALK ON(some more)
少し遠くまで歩いて行こう-きみが信じるもののために。

◆アルバム"Walk On"は、前作「Third Stage」から8年経過して発表されたアルバム。こだわりは各所に見られます。アルバムのライナーノーツでも、
・ハンドクラップは本物の人間がやってるんだ。ドラムマシンじゃないよ!
・ハモンド(オルガン)とレスリー(スピーカー)は本物だよ。シンセサイザーじゃない!
・ピアノも本物のピアノだ。サンプラーではない!
・風の音は本物の風の音。ノイズジェネレーターで作ったものじゃない!
・クラビネットやストリングスも本物だ!でも、Nobody's Perfect!(失敗することもあります)
なんて記述があります。
 また、狩猟、肉食、毛皮売買、家庭内暴力の一切を禁止を訴える内容が、写真付で大々的にに記載されています。

◆ライヴでの"Walk On Medley"はド迫力だなあ!Bostonのプログレ&ハード・ロックだ。でも"Walk On!"とシャウトするところは残念な感じだ(-_-;)
↓↓↓↓↓


◆アルバムのオープニング、シングルにもなった「I Need Your Love」。
↓↓↓↓↓


◆この曲がアルバム「WALK ON」で一番好きという人も多いでしょう。「Livin' For You」。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Walk On
・アルバム「WALK ON」ライナーノーツ
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Walk on Import
ボストン¥1,201

61MgZyDTz3L__SY355_.jpg



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

このアルバムも持っていますよ~!聴きごたえありますよね。
(PS):グランドファンク公開いたしました~

WALK ON!

RWさん、アルバム「WALK ON」が発売されたときは賛否両論、僕も「ムムムッ」と思ってしまいました。
でもBOSTONの曲の歌詞に注目してみると、一貫して「前向き」なところは変わりません。この「組曲」も最初と途中に入るインスト曲が「途中休憩」や「前に進むにあたっての迷い?」、「立ちふさがる雨や嵐」を表現してるのかも?なんて思います。
(PS)RWさんブログ、GFRについて盛り上がってますね!