Do That To Me One More Time / 愛の証し (The Captain & Tennille / キャプテン&テニール)1980



Do that to me one more time
Once is never enough
with the man like you

もう一度お願い
一度じゃ十分じゃないのよ
あなたのような素敵な人は

Do that to me one more time
I can never get enough
of a man like you

もう一度お願い
満足なんてできないわ
あなたのような素敵な人は

Oh, kiss me like you just did
Oh baby,
Do that to me once again

ああ 今してたようにキスして
ああ ベイビー
もう一度お願いよ

Pass that by me one more time
Once just isn't enough
for my heart to hear

もう一度お願い
言葉で投げかけて
心に響くには
一度じゃ十分じゃないのよ

Tell it to me one more time
I can never hear enough
while I've got you near

もう一度お願いよ
もう一度言ってちょうだい
あなたと近すぎて
十分に聞こえなかったの

Oh, say those words again
like you just did
Oh baby
tell it to me once again

ああ 今の言葉をもう一度言って
たった今言っていたように
ああ ベイビー
もう一度 言ってほしいのよ

Do that to me one more time
Once is never enough
with the man like you
Do that to me one more time
I can never get enough
of a man like you

もう一度お願い
一度じゃ十分じゃないのよ
あなたのような素敵な人は

もう一度お願い
満足なんてできないわ
あなたのような素敵な人は

Oh baby,
Do that to me once again
Oh baby,
Do that to me one more time

ああ ベイビー
もう一度 お願いよ

One more time

もう一度だけ

(Toni Tennille)

pass=言葉を交わす

Released in 1980
US Billboard Hot100#1(1)
From The Album"Make Your Move"

220px-CaptainTennille_-_Make_A_Move.jpg

the-captain-and-tennille-do-that-to-me-one-more-time-casablanca-5.jpg

 1980年のNo1ヒット。マイケル"Rock With You"が4週1位。クイーン"愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)"が4週1位。キャプテン&テニールの"愛の証し(Do That To Me One More Time)"はその間の1週間だけ1位になりました。なんかでもタイプが違う曲が1位になるのもチャートがなかなか楽しいものです。特に彼らとしては1975年の"愛ある限り(Love will Keep Us Together)"以来の5年振りのNo1ヒットでしたので、なんとなく"ヨカッタね~"なんて気持ちでした。

◆キャプテン&テニールのTop40ヒットは以下の9曲。

1 "Love Will Keep Us Together"#1(1975,A&M)
2 "The Way I Want To Touch You"#4(1975,A&M)
3 "Lonely Night(Angel Face)"#3(1976,A&M)
4 "Shop Around"#4(1976,A&M)
5 "Muskrat Love"#4(1976,A&M)
6 "Can't Stop Dancin'"#13(1977,A&M)
7 "You Never Done It Like That"#10(1978,A&M)
8 "You Need A Woman Tonight"#40(1979,A&M)
9 "Do That To Me One More Time"#1(1980,Casablanca)

 9曲中3曲が4位!(多いなあ)。発売したレコード会社も掲載しましたがおわかりになりましたか?
 1~8まではA&Mレコードからの発売だったのですが、この"Do That To Me One More Time"はキャプテン&テニールが、レコードレーベルをカサブランカに変えてのヒットなのです。このことにはちょっとした背景がありました。

◆彼らが所属するA&Mレコード主催のクリスマス・パ―ティーに同じくA&M所属のカーペンターズも来ていました。そこでカレンがこう言っていたそうです。『彼らはこのレーベル(A&M)を売り出し、お金を稼がせてくれたのが誰だったのか忘れてしまったようね…』
 当時、A&Mは70年代初めにはカーペンターズ、中期にはキャプテン&テニールなどの大ヒットを飛ばし、それとともに会社を大きくしてきましたが、70年代後半にはかつての大ヒットを出したミュージシャンのヒットもそこそこになってきました。そんななか、音楽の流行をとらえ、ブリティッシュ・ニューウェーヴへ路線を変更しつつありました。"かつてのスター"に敬意を払い、また、今後もプッシュしていくといったような対応はもうしようとしないのがよくわかったのでしょう。
 そんななか、カサブランカ・レーベルはディスコ曲で大きくなってきたので、ディスコの停滞のなかでイメージを変えたいと考えていたようです。キャプテン&テニールのようなアダルト・コンテンポラリーなミュージシャンを求めていました。

imagesWNV5KAGT.jpg

◆カサブランカと契約した彼らに、ニューアルバム用の曲を聴かせてくれ、と社長と副社長が彼らの自宅にやってきたそうです。
「私たちはちょうど"愛の証し"を完成させた頃でした。私たち自身はこの曲を"ちょっとした曲"、つまり感じのいい曲だけど大曲ではないと考えていました。用意したアルバム用の曲を全部演奏したあと、"さて、最後にちょっとした曲も聞かせましょう。シングルカットするのにいい曲だと思う"と言って、エレクトリック・ピアノで弾いてみせました。すると二人は"すごい曲じゃないか。絶対にシングルにすべきだ"と言いました。」

 「愛の証し」はゆったりしたテンポの、ともすれば"きわどい歌詞"(^▽^;)の曲でしたが、彼らに新しいイメージを付け加えました。この曲の大ヒットにはこんな背景が…!というお話でした。

◆ネットで見つけた「キャプテン&テニール」のフィギュア。どういう人が買うのかな?
imagesZYU6YJ0G.jpg

◆「愛の証し」がNo1になった週の全米チャートです。
US Top 40 Singles February 16, 1980

マイケルに代わって「愛の証し」が首位に。クイーンが2位に迫ってます。3位は「弱虫トミー」。4位「クルージン」も僕は好きでしたね。8位にダン・フォゲルバーグ、きれいな曲です。10位はアンディ。ファルセットを効かせ、兄弟のバックコーラスも印象的な曲です。

-1 2 DO THAT TO ME ONE MORE TIME –•– The Captain and Tennille
-2 5 CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE –•– Queen
-3 3 COWARD OF THE COUNTY –•– Kenny Rogers
-4 4 CRUISIN’ –•– Smokey Robinson
-5 1 ROCK WITH YOU –•– Michael Jackson
-6 6 YES, I’M READY –•– Teri DeSario with K.C.
-7 7 SARA –•– Fleetwood Mac
-8 9 LONGER –•– Dan Fogelberg
-9 14 ON THE RADIO –•– Donna Summer
10 13 DESIRE –•– Andy Gibb

◆Midnight Specialでの"Do That One More Time"。トニーの表情に愛が溢れていていいですよね。
↓↓↓↓↓


◆この曲のPV。部屋にいるキャプテン(ドラゴン)と浜辺にいるトニー。キャプテンがデスカント・リコーダーを吹きます。最後には二人で見つめ合いながら歌います。おっサングラスを外したぞ。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Make Your Move
・Wikipedia Do That To Me One More Time
・ビルボード・No1・ヒット(音楽之友社)
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
20th Century Masters: Millennium Collection Original recording remastered, Import
キャプテン&テニール ¥1,053

51RJ5K46BML__SX355_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

キャプテン&テニール

キャプテン&テニールですが、1位になった"Love Will Keep Us Together"や"Lonely Night"など、大人のバラードでとても好きなグループでした。
シングルを出せばTop10ヒットだった頃から、ちょっと人気に陰りが出てきた時にこの曲が1位になって凄く嬉しかったのを覚えています。
この時のチャートを見ると、ハイセンスな素晴らしい曲が目白押しですね。

キャプテン&デニール人形は?

星船さん、ほんとそうですね。今回訳すにあたって改めてじっくり聴きましたが素敵な曲です。トニーの歌のうまさもあるんだろうな。だからなおさらのこと、記事にて紹介したキャプテン&テニール人形は解せない。子供が買うのだろうか?コアなファン対象のフィギュアなのか?←どうでもいいですね!