Break My Stride / 想い出のステップ (Matthew Wilder / マシュウ・ワイルダー) 1983



Last night I had the strangest dream
I sailed away to China
In a little row boat to find ya
And you said
you had to get your laundry cleaned
Didn't want no one to hold you
What does that mean
And you said

昨晩 奇妙な夢を見たよ
僕がきみを探しに
ちっちゃなロー・ボートで中国に向かうんだ
でもきみは
"洗濯物をきれいにしなきゃ"
"恋人も要らないから"って言う
僕が"どういう意味?"って聞くと
こう言ったんだ

Ain't nothin' gonna break-a my stride
Nobody gonna slow me down, oh no
I got to keep on movin'
Ain't nothin' gonna break-a my stride
I'm running and I won't touch ground
Oh no, I got to keep on movin'

何にも私の足取りを乱させない
誰も私をスローダウンさせられない そうよ
私は前に進んでいかなきゃならないの

何にも私の邪魔はさせないわ
私は走り続け 地面に触れることはない
そうよ 私は前に進むだけ

You're on the road and now you pray it lasts
The road behind was rocky
But now you're feeling cocky
You look at me and you see your past
Is that the reason why you're runnin' so fast
And she said

きみは道を進んで
それが長く続くよう祈ってる
過ぎてきた道は険しかったけど
でもいま きみは自惚れすぎさ
僕を見てよ
そしてきみが何したか思い出して
それがきみが
そんなに速く走らなきゃいけない理由なの?
するときみは言ったね

Ain't nothin' gonna break-a my stride
Nobody gonna slow me down, oh no
I got to keep on moving
Ain't nothin' gonna break-a my stride
I'm running and I won't touch ground
Oh no, I got to keep on moving

何にも私の足取りを乱させない
誰も私をスローダウンさせられない そうよ
私は前に進んでいかなきゃならないの
何にも私の邪魔はさせないわ
私は走り続け 地面に触れることはないの
そうよ 私は前に進むだけ

Never let another girl like you work me over
Never let another girl like you drag me under
If I meet another girl like you, I will tell her
Never want another girl like you, have to say
Oh

きみみたいな女の子には
絶対にもう殴られたりしないよ
きみみたいな女の子には
絶対にもう引きずられたりしない
きみみたいな女の子に会うことがあれば
僕は言ってやる
きみみたいな女の子なんていらないよ
そう言ってやるんだ
ああ

Ain't nothin' gonna break-a my stride
Nobody gonna slow me down
Oh no, oh no, I got to keep on moving
Ain't nothin' gonna break-a my stride
I'm running and I won't touch ground
Oh no, I got to keep on movin'

僕の進む道は何にも邪魔させない
僕は僕のスピードで進んでいくんだ
そう そう 僕だって前に進んでいくんだ
何にも僕の進むのを邪魔させない
僕だって走り続け 休むことはない
そう 僕は前に進むだけなんだ

Ain't nothin' gonna break-a my stride
Nobody gonna slow me down
Oh no, oh no, I got to keep on moving
Ain't nothin' gonna break-a my stride
I'm running and I won't touch ground
Oh no, I got to keep on movin'

僕の進む道は何にも邪魔させない
僕は僕のスピードで進んでいくんだ
そう そう 僕だって前に進んでいくんだ
何にも僕の進むのを邪魔させない
僕だって走り続け 休むことはない
そう 僕は前に進むだけなんだ

Ain't nothin' gonna break-a my stride
Nobody gonna slow me down
Oh no, I got to keep on moving
Ain't nothin' gonna break-a my stride
I'm running and I won't touch ground
Oh no, I got to keep on movin'

きみみたいな我がままな女はもう沢山だ
僕だって前に進んでいくのさ
くだらないことには付き合ってられないよ
僕は進んでいく
僕は進んでいくんだ

Ain't nothin' gonna break-a my stride
Nobody's gonna slow me down
Oh no

何にも僕の歩みを止めさせないよ
誰にも僕の歩みを邪魔させないよ

Writer/s: WILDER, MATTHEW / PRESTOPINO, GREGORY
Publisher: Universal Music Publishing Group, BUG MUSIC, WINDSWEPT HOLDINGS LLC, Kobalt Music Publishing Ltd.

break stride
=足取り[足さばき]を乱す
cocky=うぬぼれて 自信過剰
work over=殴りつける 痛めつける

Released in 1983
US Billboard Hot100#5
From The Album
"I Don't Speak the Language"

Idontspeak.png

breakmystride japan

 軽快でレゲエタッチの楽しいPOPS。邦題"想い出のステップ"。このアルバムは輸入盤で買ったなあ。砂浜に埋まってる女性のお面がちょっと怖かった(-_-;)けど。
 この曲の歌詞は、"誰にも私の足を止めさせない"…そんな我がまま娘のことを歌った歌なのかな、と思っていました。そんなつもりで和訳を始めましたが…なんと色々と発見してしまいました!

◆この曲の歌詞の意味について

 "我がまま娘はもうこりごりさ"~というような物語なのですが、実はこの陰に強烈なレコード会社への皮肉と彼のミュージシャンとしての誇りが隠れていたのです! (-_-;)

"Break My Stride"のSongfacts(Website)には次のように書かれていました。
*英文を大意として和訳するのは僕なので、いつものように自信なし(汗)。実際の英文を読みたい方はこちらをクリックしてください。

●この曲の歌詞は、女性との関係にしくじった男性の歌ですが、その背景にはマシュー自身がいます。実際のインスピレーションはその時点のアリスタレコードの大御所クライヴ・デイヴィスが関わっています。マシューはインタビューにこう答えています。
デイヴィスとマシューは1981年にサインを交わしましたが、レコーディングについて何の話もないのでフラストレーションが溜まっていました。そこでマシューとソングライターのパートナーであるグレッグは"Break My Stride"を書きました。"僕とクライヴ・デイヴィスとの関係がこの曲を書く原動力になったんだ。この曲の歌詞はあの時の僕の人生の状況を歌ったものなんだよ"

matthew.png

●マシューと友人は自分たちでこの曲をセッションしました。(スタジオはクワイエット・ライオットの"メタル・ヘルス"をプロデュースしたSpencer Profferのスタジオだとのこと)マシューは"Break My Stride"をアリスタに提出しましたが、何のリアクションもなく気になっていました。ところがA&Mレコードの社長に話す機会があって聞いてみたところ、カセットテープに収められた"Break My Stride"の音源にクライヴからのメモが付いていたそうで、そこには"面白い歌だ。でも売れないだろう"と書いてあったとのこと。マシューが事実上クビになってしまったのかと思い、落ち込んでしまいます。

●でも踏みとどまってレコードショップを回ってこの曲を紹介していくなかでEpicの子会社の"Private I レコード"からレコードが発売されることになりました。
 クライヴ・デイヴィスは見誤ったようです。"Break My Stride"は全米・全英ともにトップ5に入る大ヒットとなりました!
:マシュー、よかったね!
:マシューの心の中『…テメコノクライヴ、オレハヤッテヤッタゼ…!(-_-メ)』

imagesW8LZIBR2.jpg

◆ということでして、この歌詞に出てくる「You」「She」ってのはクライヴ・ディヴィスのことだったんですねぇ~!下の赤い字で書かれている部分は"クライヴ・ディヴィス"と入れ替えて読んでください!

きみみたいな女の子には
絶対にもう殴られたりしないよ
きみみたいな女の子には
全体にもう引きずられたりしない
きみみたいな女の子に会うことがあれば
僕は言ってやる
きみみたいな女の子なんていらないよ
そう言ってやるんだ

クライヴもそのことがわかったから、悔しくて"この曲は売れないぜ"って言ったのかもしれませんね。おおコワ~(-_-;)。

◆この歌詞の女の子の性格がよくわからなかったんですよね。"あんたなんか構ってられない。アタシが前に進む邪魔しないでちょうだい"って何を焦っているんだろう?って思っていました。これもアリスタレコード・クライヴの音楽ビジネスのなかでのし上がり、生き残ろうとしている姿だと思うと納得します。すると、最初の方に出てきた夢で「get your laundry cleaned」は"社内で起きたトラブルを解決する"とか、Didn't want no one to hold you"は"誰も信用できない。信じるのは自分だけ"とか、そういうことのメタファーなのかなと思ったりします。
 そして終盤の"Ain't nothin' gonna break-a my stride…"のコーラス部分ですが、そんなクライヴに対して、"僕はアンタに邪魔なんかしないから、アンタも僕の邪魔すんなよな。僕も前に進んでいかなきゃいけないんだから!"という彼のミュージシャンとして生きていく決意を感じました。ということで、いつの間にか、彼のセリフになっていたのです!これが、めった和訳の勝手訳ですね(-_-;)。

◆"想い出のステップ"が最高位5位になった週の全米チャートです。
US Top 40 Singles January 21, 1984

ポール&マイコーに代わって"YES"が1位に!プログレバンドが1位になるって当時びっくりしたよ。11月に日本に来てくれます。3位カーマは気まぐれ、動きいいです。4位、6位も好きな曲だなあ。

-1 2 OWNER OF A LONELY HEART ??? Yes
-2 1 SAY SAY SAY ??? Paul McCartney & Michael Jackson
-3 9 KARMA CHAMELEON ??? Culture Club
-4 6 TALKING IN YOUR SLEEP ??? The Romantics
-5 7 BREAK MY STRIDE ??? Matthew Wilder
-6 8 I GUESS THAT’S WHY THEY CALL IT THE BLUES ??? Elton John
-7 5 TWIST OF FATE ??? Olivia Newton-John
-8 13 JOANNA ??? Kool & The Gang
-9 10 RUNNING WITH THE NIGHT ??? Lionel Richie
10 3 SAY IT ISN’T SO ??? Daryl Hall & John Oates

◆ディック・クラークのマシューへのインタビュー(ほんとインタビューだけの動画です)
↓↓↓↓↓


◆マシュー自身のTo40ヒットは計2曲。もう1曲がこの"The Kid's American"。1984年 最高位33位のヒットです。
↓↓↓↓↓


◆なんとノー・ダウトのアルバム"Tragic Kingdom"ってマシューのプロデュースだったんだ!この曲も好きだったんだよな。レゲエを取り入れるってのも手法なのかな。ちなみに紅一点のリード・ボーカルは Gwen Stefani(2005年に Hollaback GirlをNo1にします)です。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Break My Stride
・King Kong Online Store
・Break My Stride Songfacts
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
I Don't Speak the Language / Bouncin Off the Walls Import
Matthew Wilder ¥1,685
*2枚のアルバムのカップリングです。
41HVP7bPYQL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

意外なルックス

曲は知っていましたが、初めてお顔を
拝見しました。スーパーマリオみたい
ですね(笑)
声の雰囲気とサウンドで。やはり当時流行っていた白人のハワードジョーンズ
みたいな容貌ではないかと勝手に
想像していました。

赤い服だし

あもーれさん、僕も「スーパーマリオ」と思いましたよ(笑)。赤い服着て歌ってるし。緑の服の"ルイージ"の映像もないかと探しました…!

マシューワイルダーの検索で着ました。
どうしても思い出せない曲「Break My Stride」。

なんとノーダウトのプロデュースをやってたのですね・・スゲエ。ありがとうございました。

旧友に再会!?

mffactory02さん、コメントありがとうございました。
そうなんです。「トラジック・キングダム」も結構流行りましたよね。これがマシュウのプロデュースだったなんて!"おお、きみも頑張っていたんだね"って旧友に会ったような感じがしました!