Life、Love&Hope / ライフ、ラブ&ホープ (Boston / ボストン)2013



Everybody says they do,
but you know they don't
They say they're looking out for you,
but you know they won't
Can't you see I believe ...
I'm living on faith
On my knees,
and I can see the promise I can make

誰もがやっていると言う
でも実際はそうじゃない
みんなきみを探してると言う
でも実際は違うんだ
わかるかい 僕は信じてる
僕は誠実に生きてるんだ
ひざまずいて祈ると
僕が約束できることが見えてくる

And life has taken me so far from shore
And I, I'm breaking free,
I see what life is for
You take a little time for love
but don't give in

人生は僕を浜辺から遠くに連れていった
僕は…僕は自由になるんだ
人生って何のためにあるのかわかったのさ
愛のためには少し時間が必要さ
だからあきらめちゃいけない

And never open up the door,
how can you win? Yeah,
Can't you see I survive
... just living on faith
On my knees but I'll arrive,
and stand by your side

ドアを開け放ってはだめだ
そしたらどうしたらいい?
わかるかい 僕が生き残ってるのは
…信念を失っていないからさ
ひざまずいて 僕は到達したんだ
きみの味方になったんだ

'Cause love has taken me,
it's opened the door
And I, I'm breaking free,
I see what love is for
Oh, I see what love is for
And I'm not afraid anymore

愛が僕を連れてきてくれた
愛がドアを開けてくれた
そして僕は 自由になれたんだ
愛が何のためにあるのかがわかった
ああ 愛が何のためにあるのか
僕はもう怖いものなんかない

People searching for
the truth they can't find
And everybody looks at you,
but they're so blind
They're all lining up behind a door,
they can't get in

人々は見つかるはずのない
真実を探し求めてる
誰もがきみを見るけれど
その誰もが見えてないのさ
みんなドアの後ろで順番待ち
でも決して入ることはできない

They send another soul to war,
it's such a sin
Can't you see I survive
... just living on faith?
On my knees but I'll arrive
to stand by your side

そして彼らは他の人々を
戦争に送り込む
なんて罪深いことか
わかるかい 僕が生き延びてるのは
…信念を持って生きてるからこそなんだ
ひざまずいて
そして僕はたどり着くんだ
きみのそばに立つために

And hope has taken me,
it's opened the door
And I, I'm breaking free,
I see what hope is for
I see what hope is for
No I'm not afraid anymore

希望が僕を連れてきたんだ
ドアをあけてくれたんだ
僕は 僕は自由なんだ
希望って何のためにあるのか
希望って何のためにあるのか
僕はわかったよ
そうさ 僕はもう怖いものなんかない

(Tom Scholz)

Released in 2013
From The Album"Life、Love& Hope"

819qsPRE+TL__SL1500_.jpg

◆アルバム『ライフ、ラブ&ホープ』(Life, Love & Hope)はBostonの6作め、11年振りのアルバムです。この前作からのリリースの間隔についてはさほど驚かないものの、デビュー時からのヴォーカルであるブラッド・デルプが2007年3月に天に召されてから、こうやってボストンのNew Albumが出ることに僕はちょっとびっくりしました。そして来日してくれること!これは本当に嬉しいかったです。

DSC_3000_500.jpg

◆Wikipediaでは次のように案内されています。
:ボストンの6枚目のスタジオ・アルバムである。
 2007年に加入した現リード・ヴォーカルであるトミー・デカーロが初めて「オリジナル曲」のリードヴォーカルを務め、更にコーポレイト・アメリカから加入しているキンバリー・ダーム、最近加入したデヴィッド・ヴィクターの他、バンドのリーダーでリードギターのトム・ショルツ自身が初めてリード・ヴォーカルを務める曲が収録されているアルバムである。

・このアルバムについて更に詳しくはJihiroさんのJihirogをご覧ください。

◆この曲はアルバムのタイトル曲。
彼らの"人生""愛"そして"希望"についてのメッセージが込められた曲です。

最初に"人生"、次に"愛"、最後に"希望"について歌っています。
"人生"には"愛"が必要で、"愛"のためにも"希望"ためにも、"信念"(faith)が必要ってことなのかな。

アルバムのライナーノーツでは次のように紹介されています。
:持っていてもっとも価値のある3つのもの。本当に大切なものが何であるのかに気づくためには、衝撃的な出来事を経験しなければならないこともある。

トムがどんな衝撃的な出来事を経験してきたのか…ブラッドを失ったことをどう乗り越えて、人生、愛、そして希望を見つけたのか、今回のライヴでもしっかり聴いてきたい曲です。

window01.jpg

◆この曲のライヴ音源です。
↓↓↓↓↓


◆インストナンバー"Last Day Of School"。学校を出る最後の日って僕はどんなこと考えていたかな。確かにこの曲、そんな思いに近いかも…?
今回のライヴのセットリストにも入っておそらく演奏してくれるはず。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Life、Love&Hope
・アルバム Life、Love & Hope ライナーノーツ
・Boston Official Website
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲がほしい)
ライフ、ラヴ&ホープ
ボストン
価格: ¥ 2,327

819qsPRE+TL__SL1500_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント