【Happy Valentines Day】 More Than Words Can Say / 君がほしい (Alias / エイリアス)1990



Here I am at six o'clock in the morning
Still thinking about you
It's still hard,
at six o'clock in the morning
To sleep without you

朝の6時 僕はここにいる
まだきみのことを考えているんだ
朝の6時 こんな時間なのに
きみがいない中で眠るのは
僕にはまだ苦しいんだ

And I know that it might
Seem too late for love
All I know

わかってるさ
きみと恋に落ちるには
もしかして遅すぎるってこと

でも僕がわかるのはこれだけなんだ

I need you now
More than words can say
I need you now
I've got to find a way
I need you now
Before I lose my mind
I need you now

きみがいま 必要なんだ
言葉にはできないくらい
きみがいま ここにいてほしいんだ
なんとかしてみせるよ
きみがいま 必要なんだ
僕はおかしくなってしまうよ
きみがいま ここにいてほしいんだ...

Here I am, I'm looking out my window
I'm dreaming about you
Can't let you go,
at six o'clock in the morning
I feel you beside me

窓の外を見ながら 僕はここだよ
きみのことを夢見てるんだ
きみを行かせたくないんだ
朝の6時 こんな早朝から
きみをすぐそばに感じてるんだ

And I know that it might
Seem too late for love

For love
Oh, oh, oh

わかってるさ
きみと恋に落ちるには
もしかして遅すぎるってこと

でも愛を守りたいんだ

Oh oh oh

I need you now
More than words can say
I need you now
I've got to find a way
I need you now
Before I lose my mind
I need you now

きみがいま 必要なんだ
言葉にはできないくらい
きみがいま ここにいてほしいんだ
なんとかしてみせるよ
きみがいま 必要なんだ
僕はおかしくなってしまうよ
きみがいま ここにいてほしいんだ...

Oh I got to hear you say
I need you now
Before I lose my mind
I need you now
I need you now

きみの声を聞きたいんだよ
いまきみがほしくてたまらない
僕がおかしくなってしまう前に

きみがここにいてほしい
今 きみが必要なんだ

Writer(s): Fred Curci, Steven Demarchi

Released in 1990
US Billboard Hot100#2
From The Album"Alias"

220px-CanSAAAAYY.jpg

2月14日はバレンタイン・デー!
「そんなの関係ねーよ」(-_-)って実は僕もそうなのですが…小中高とドキドキで過ごした日々が懐かしいなあ…(遠くを見つめる)。

かつてローマでは愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がると、兵士たちの婚姻を禁止した。キリスト教の司祭だったヴァレンティヌスは兵士たちを憐れみナイショで結婚式を挙げていた。そのことを知った皇帝は怒りヴァレンティヌスを処刑した。その日2月14日が「恋人たちの日」となった…そうです!(Wikipediaより)

そんなわけで「めったPOPS」の過去に取り上げた和訳記事から、「恋人たちの歌」を毎晩1日1曲ずつお届けしま~す。
(あくまでも予定)!

↓↓↓↓↓ ここから過去記事。


 ちょっと"ヤワ"な感じだけど透明感のあるいい曲です。ほんとに朝6時に聴いている感じです。Sheriffの"When I'm With You"をもうちょっと強力にしたパワー・バラード!って感じですね!Fredの声の伸びがいい!

◆"More Than Words Can Say"って印象的でいいタイトルですが、混同しやすいヒット曲が沢山ありますね~。

(1)"More Than I Can Say"…Leo Sayer それは「星影のバラード」ですね!

(2)"More Than Words"...Extreme  それはロックバンドのアコギ曲ですね!

(3)"Need You Now"…Lady Antebellum それは2011年のグラミー受賞。男女のカントリーグループですね!

◆"Alias"(エイリアス)って"別名"って意味なんだな。"Sheriff"って付けられなかったから皮肉を込めてそう名乗ったんだろうな(;一_一)

◆"More Than Words Can Say"が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles November 24, 1990

Aliasの1位を阻んだのは…マライア!強かったもんな~。翌週の1位は今週3位からホイットニーの"今晩あなたの赤ちゃん"。4位ディーライトは結構好きでした。5位のスティーヴBもヒットしたなあ。7位のポイズン、すげーいい曲です。

-1 1 LOVE TAKES TIME –•– Mariah Carey
-2 3 MORE THAN WORDS CAN SAY –•– Alias
-3 5 I’M YOUR BABY TONIGHT –•– Whitney Houston
-4 4 GROOVE IS IN THE HEART –•– Deee-Lite
-5 8 BECAUSE I LOVE YOU (THE POSTMAN SONG) –•– Stevie B
-6 7 SOMETHING TO BELIEVE IN –•– Poison
-7 10 FROM A DISTANCE –•– Bette Midler
-8 2 PRAY –•– M.C. Hammer
-9 12 FEELS GOOD –•– Tony! Toni! Tone!
10 11 KNOCKIN’ BOOTS –•– Candyman

◆スタジオで歌うAlias"More Than Words Can Say".
↓↓↓↓↓


◆全米13位まであがった"Waiting For Love"。この曲はなかなか好きだな。
↓↓↓↓



(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Alias
・Wikipedia More Than Words Can Say
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を買いたい)
Alias Import
Alias
新品の出品:9¥ 637より  中古品の出品:7¥ 590より

220px-Alias_cover_art.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

エイリアス初めて聴きました。なかなかいいですね・・!エアサプライやデビットフォスター時代のシカゴみたいな雰囲気です。今度GETしてみよう。ご紹介ありがとうございました。

出会えて何よりです!

ローリングウエストさん、出会えてよかった!洋楽をこよなく愛してるローリングウエストさんのような方にいい歌との新しい出会いを提供できて、ブログ担当者とし幸せであります(^^!。

エイリアス

めったさんの音楽はほんとに幅広いですね。
1980年代の中盤以降、あまり良い曲にめぐり合えなくて洋楽の熱が冷めてしまったのですが、1980年代終盤の頃からまた結構好きなタイプの曲がヒットして、再びしっかり聞くようになった頃でした。この曲もその中の1曲です。応援していたのですが残念ながら2位止まりでした。
この時の7位のベット・ミドラーの"FROM A DISTANCE"、この曲も素晴らしい曲でした。

遅ればせながら…リンクさせていただきました!

星船さん、僕もやっぱり70年代、80年代がやっぱり主です。想い出の曲、想い出のあの週のチャートっていうのはやっぱり1977~1978~1979年くらいが多いです。ちょうどいま、星船さんブログで取り上げていただいている「あたり」!。星船さんブログも『そうか、こんな曲あったよなあ~!』もいつも楽しみにしています。Dave Mason"Will You Still Love Me Tomorrow"、Patty Smith"Because The Night"、Rita Coolidge"You"とか、おおっ!と来ました。(この曲も和訳したいなあ) 星船さんの"青春の想い出"も僕もシンクロしてくるものが多いです。同世代、なんでしょうね。遅ればせながら、ブログリンクさせていただきました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます。

めったさんこんばんわ。
リンクありがとうございます。
同世代ですよね。いつも楽しみにめったさんのブログ拝見しています。
めったさんのブログの更新が早いので、もっとコメントしたい曲がたくさんあるのですがなかなか追いつけません。スミマセン。
先ほど更新されたトニー・シュートの「アイランド・ナイツ」、カッコよく良い曲でしたね~。涙が出るほど懐かしかったです。

自分のペースでいきましょう~

星船さん、コメントありがとうございます!
なんの星船さんブログも「最新」「あの頃」「名曲」とコンスタントな更新、すごいな~と思っていつも拝見しています。特集されているのが、1978年から1979年へとなっていきますね。ここの所、僕もそのあたりの曲が多くなっている?のは星船さんブログのせいですよ(笑)。
僕のペースはなんか自分でも「死に急いでる」?なんて思うこともあります(苦笑)。でも沸き起こってくる想いに逆らわないように…と思って、自分のペースになってきました。もうしばらくしたら、息子の朝の弁当づくり?も始まるかもしれませんので、そうなるとペースは…そしたらまたそのときで。
「アイランド・ナイツ」は"あの頃"のヒットとしても欠かせないと思っていてなんとか仕上げることができました。Only In Japanのヒットも思い出して取り上げていきたいと思ってます!またよろしくお願いいたします。

あったな~ハートとシェリフの合体!がウリ

すっごくいい曲だったのに、日本ではCDsingleしか手に入れられなかったんですよね~。一回だけ当時のF1のエンディングでもかかりましたんで、結構メジャーな曲なはずと思ってたんですが・・・。アルバム日本発売したんでしょうか?Waiting For Loveに至っては、コンピアルバムで手に入れましたからね・・・。

特に全米2位になったにもかかわらず、集計時期の関係で「年間チャート」で100位にすら入らず!?!?まさにぶったまげました~~。おい、Billboard!ここ2年間の年間チャートは「TOP40」入りしてもいない曲が年間HOT100入りしてんじゃんか!!どういうことだ!!!・・・スミマセン・・・怒りが・・・

No title

地味JAM尊さん、まあ落ち着いて!(^_^;) でももう僕はこの頃は年間チャート予想をしてませんでしたが、毎年予想を楽しみにしていたら、許せませんね!
この曲、当初はシェリフの“when im with you”に続けて和訳したので、記事を読み返すと、シェリフの記事を読まないと意味が不明になってますね。興味ある方は、そちらもご覧ください。