【来日中】Close To You / クロウス・トゥー・ユー (Maxi Priest / マキシ・プリースト)1990



She was a Jezebel, this Brixton queen
Livin' her life like a bad sweet dream
Tellin' me lies when the truth was clear
I think she knew what I wanted to hear

彼女の名は"イザベル"
ブリクストンの女王さ
甘い悪夢みたいな人生を送ってる
真実がはっきりしてるのに俺に嘘をつく
俺が聞きたいことを彼女は知ってるのさ

Spinnin' around like a wheel on fire
Walkin' the tightrope on love's highwire
A fatal attraction is where I'm at
There's no escapin' me

炎に包まれた車のようにぐるぐると回り
ピンと張った愛の綱渡りのようさ
俺がいるのは"危険な情事 "
逃れることはできないよ

I just wanna be close to you
And do all the things you want me to
I just wanna be close to you
And show you the way I feel

お前に近づきたいだけなんだ
俺にしてほしいことがあるなら
なんだってしてやるよ
お前のそばにいきたいんだよ
俺がどんな気持ちか わかってほしくて

I feel love
When I'm lying in the midnight hour
Holding you just like a dream
Love is never what it seems

真夜中 横になっているときに
愛を感じるんだ
お前を抱くけど それはただの夢
愛は決して思ったようにはならないね

When we touch
And you're holdin' me the way you feel
Girl, you make my dreams come true
You make my dreams come true

俺たちが触れ合うとき
お前は感じるように俺を抱いてくれる
なあ お前が俺の夢をかなえてくれるのさ
お前が俺の夢なんだよ!

I just wanna be close to you
And do all the things you want me to
I just wanna be close to you
And show you the way I feel

お前に近づきたいだけなんだ
俺にできることはなんだってする
お前をそばに感じたいんだ
俺がどう感じたかを伝えたいのさ

She was a Gemini on the cusp of Mars
She holds me back but she goes too far
Windin' me up just to let me down
So emotional gagged and bound

彼女は火星の最前線にいる宇宙船
俺を繋ぎ止めておいて自分はずっと先に行く
セクシーにふるまってガッカリさせるんだ
感情的すぎる女
俺にさるぐつわをはめて縛り付けるのさ

There's more to this than meets the eye
A devil woman locked inside
With the formal risin' I was scared
I think I was possessed

そこには見た目以上のものがある
魔性の女が彼女のなかにいるのさ
装い用のガウンが俺を怯えさせる
俺は取りつかれちまったようなんだ

I just wanna be close to you
And do all the things you want me to
I just wanna be close to you
And show you the way I feel

I feel love
Everytime your body's next to mine
Somethin' deep inside of me
Wants to love you endlessly

愛を感じるんだ いつだって
お前の身体が俺の隣にあるときは
俺の深いところにある何かが
絶え間なくお前を愛したがってる

When we touch
Girl, you don't know how it makes me feel
I just can't believe it's real
I can't believe it's real

俺たちが触れ合うとき
どんな風に俺が感じるか知らないだろ
これが現実だなんて信じられない
夢じゃないかって思ってしまうんだ

I just wanna be close to you
And do all the things you want me to
I just wanna be close to you
And show you the way I feel

She had an attitude I can't explain
You never know if you're in flame
Tying me up with elastic words
I'm on a countdown till I get hurt

彼女は説明できない態度を取る
夢中になってちゃわかりっこないさ
しなやかな言葉で俺を繋ぎ止め
まるで傷つくまでの秒読み状態だよ

Her blood was hot
she burned so bright
A neon sign there in the night
It's hard to say if I went too far
My heart still bears a scar

彼女の血は燃えたぎり
輝きながら燃えている
夜中のネオンサインみたいにさ
行き過ぎちまったなんて言えないよ
俺のハートは今でも傷に耐えてるんだ

I just wanna be close to you
I just wanna be close to you
I just wanna be close to you

お前のそばにいたいだけなんだ
お前のそばにいちゃだめなのかい
ただそれだけなんだよ

She was a Jezebel, this Brixton queen
Livin' her life like a bad sweet dream
Tellin' me lies when the truth was clear
I think she knew what I wanted to hear

Spinnin' around like a wheel on fire
Walkin' the tightrope on love's highwire
A fatal attraction is where I'm at
There's no escapin' me

I wanna be close to you
And do all the things you want me to
I just wanna be close to you
And show you the way I feel

お前のそばにいたいんだ
できることはなんだってする
お前をそばに感じたいんだ
俺の想いをお前に伝えたいのさ

I just wanna be close to you
And do all the things you want me to
I just wanna be close to you
And show you the way I feel

お前に近づきたいだけなんだ
できることはなんだってする
お前をそばに感じたいんだ
俺の感じたことをお前に伝えたいよ

Writer(s)
Gary Benson, Winston Sela, Max Elliott
Lyrics c Universal Music Publishing Group, EMI Music Publishing

Jezebel=イゼベル (イスラエルの王アハブの邪悪な妻)恥知らずな女,悪女
Brixton=イギリスの都市。黒人が主によく住んでいる。
high wire=(特にサーカスで,綱渡りの)高張り綱.
on the cusp of=~の最前線で、~の変わり目で
Gemini=米国の2人乗り宇宙船
wind up=性的に刺激する
gag=さるぐつわをはめる
more than meets the eye=見た目以上のもの
possessed=取りつかれた 夢中になった
in flame=興奮させる たきつける
elastic=弾力性のある しなやかな

Released in 1990
US Billboard Hot100#1
From The Album"Bonafide"

220px-Bonafide_(Maxi_Priest_album).jpg

220px-Close_to_you.jpg

マキシー来日中です!今日からビルボードライブ東京のステージです!

↓↓↓↓ 記事は既掲載のものです。



タイトルは"Close To You"でもカーペンターズの「Close To You(遥かなる影)」とは歌詞の世界も違っていますね(当たり前か)。この曲はサビの"ア~ジャスウォナビークローストゥユ~"がとても印象的です。この部分がよく洋楽のカウントダウンなどで使われていました。

◆Blue Note Yokyo Webサイトより:
マキシ・プリースト(Maxi Priest)はジャマイカ人の家系を持つイギリス出身のレゲエロックの歌手。両親はジャマイカ系の移民で、母親は教会合唱隊のリード・シンガー。70年代中盤から、サウンド・システムの製作やクラブDJを務めながら歌い始め、1984年にインディーズ・レーベルから初シングルを発表。これがレゲエの本場ジャマイカでヒットすることで注目を浴びた。
 洗練されたレゲエ・オリエンテッドなスタイルをなお昇華させ、「ソフィスティケイテッド・レゲエ」「ラヴァーズ・ロック」と呼ばれるマキシ独特の表現世界を切り拓いた。そしてさらに、全米ナンバー・ワン・ヒットとなった〈クロース・トゥ・ユー〉を収める1990年のアルバム『ボナファイド』が10万枚を越すセールスを上げ、世界的スターの仲間入りをしている。2007年に“UB40”のリード歌手となり、レコーディングやツアーに花を添えてきた。
 日本では特に織田裕二主演のドラマ『踊る大捜査線』の主題歌"Love Somebody"の楽曲提供者としても知られており、彼自身もこのドラマにカメオ出演している。

◆Maxiは全米Top40的にはこの1曲のみだな。でもレゲエ歌手としてはソウルフル&エモーショナルな曲が多く、ジャンル的にも"レゲエ~ラヴァーズ・ロック"の第一人者として世界的にも人気を博しているようです。日本にも何度も来日してステージを行っています。

◆"Close To You"がNo1になった週の全米チャートです。
US Top 40 Singles October 6, 1990

ネルソンに代わってMaxiが1位に!ただし王座は1週のみで翌週はジョージ・マイケルが1位になります。さらに翌週はジェイムス・イングラム「I Don't Have The Heart」、そしてジャネジャク「Black Cat」が1位になります。

-1 2 CLOSE TO YOU –•– Maxi Priest
-2 5 PRAYING FOR TIME –•– George Michael
-3 1 (CAN’T LIVE WITHOUT YOUR) LOVE AND EFFECTION –•– Nelson
-4 6 SOMETHING HAPPENED ON THE WAY TO HEAVEN –•– Phil Collins
-5 11 I DON’T HAVE THE HEART –•– James Ingram
-6 4 BLAZE OF GLORY –•– Jon Bon Jovi
-7 16 ICE ICE BABY –•– Vanilla Ice
-8 9 OH GIRL –•– Paul Young
-9 7 DO ME! –•– Bell Biv Devoe
10 3 RELEASE ME –•– Wilson Phillips

◆こちら歌詞が少々短いショートバージョン。MTVではこっちがよく流れてましたね。
↓↓↓↓↓


◆横須賀で行われたレゲエの屋外ライヴ"Reggae Japansplash '94"。Maxiがカッコいいです。
↓↓↓↓↓
Closetoyoujapan.jpg
埋め込み無効のためこちらをクリックしてください

◆織田裕二とMaxiの"Love Somebody"!
↓↓↓↓↓




(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Maxi Priest
・Blue Note TOKYO Webサイト
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)あめりかん・ぱい
Maxi Priest / Best Of Me (輸入盤CD) (マキシ・プリースト)
商品番号 VIR86259.2
価格 2,290円 (税込) 送料別

pq_mpriest.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ボストン来日するんですか!そりゃ~凄いニュースですね。それにしても1日立っただけでもうこんなにボストン記事や他アーティストを沢山更新しているとは・・、ビックリです。小生の更新速度はめったさんの20倍以上遅いのでそちらの記事を読むペースになかなかついていけません。(苦笑)

No title

RWさん、いつもコメントありがとうございます!更新は自分のペースになっちゃって読んで頂ける方のことを省みない我がままブログですねえ~。好きな音楽とその歌詞の世界にのめり込むとその世界に入ってしまいます。毎日の更新もそうなのですが、土日祝には「アルバム・アーチスト特集」「同名異曲」「なんらかの関連での括り」で一挙に訳すのも好きなんですよ…。子供が大きくなって休日にとーちゃんと一緒に出かけてくれなくなったのも大きいんです(*_*)。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。でもRWさんも旅紀行やらスポーツのコメントなども含めて充実したブログを作られていらっしゃいますよね。次回のGFR、またGilbertの更新も楽しみにお待ちしております!
 BOSTON来日はほんと嬉しいですよ~。人生に前向きな曲も多く、訳す中での発見も沢山。続きもやっていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!