Run Joey Run / ラン・ジョーイ・ラン (David Geddes / デビッド・ゲッデス)1975



Daddy please don't
It wasn't his fault
He means so much to me
Daddy please don't
We're gonna get married
Just you wait and see

お父さん お願い やめて
彼のせいじゃないのよ
彼は私にとって大切な人
だからお父さん お願い
私たち結婚するの
だから待って よく見て

Every night, the same old dream
I hate to close my eyes
I can't erase the memory
The sound of Julie's cry

毎晩 同じ夢を見る
寝てしまうのが嫌なんだ
想い出が消えないんだ
ジュリーの叫び声が聞こえる

She called me up, late that night
She said, "Joe, don't come over,
But Dad and I just had a fight
And he stormed out the door!

彼女が電話してきたんだ 夜遅くに
こう言った“ジョー 来ちゃダメよ”
“お父さんと喧嘩しちゃたの”
“怒ってドアを飛び出しちゃったの”

I've never seen him act this way,
My God, he's goin' crazy
He said he's gonna make you pay
For what we done-- he's got a GUN!
So run, Joey run, Joey run!"

お父さんがこんな風になるのは
今まで見たことなかったんの
神様 お父さんはおかしくなっちゃった
私たちがしちゃったことのツケを
あなたに払わせるって言うのよ…
それで拳銃を持って…
だから逃げて ジョーイ 逃げて
お願いだから急いで逃げてちょうだい!

Daddy please don't
It wasn't his fault
He means so much to me
Daddy please don't
We're gonna get married
Just you wait and see

お父さん お願い やめて
彼のせいじゃないのよ
彼は私にとって大切な人
だからお父さん お願い
私たち結婚するの
だから待って よく見て

Got in my car, and I drove like mad
'Til I reached Julie's place
She ran to me, with tear-filled eyes
And bruises on her face!

僕は車に乗って ジュリーのところに
到着するまで飛ばしていった
彼女は駆け寄ってきた
涙を目にいっぱいにためて
顔には叩かれた傷があったんだ!

All at once I saw him there,
Sneaking up behind me
(Woman's voice: Watch out!)
Then Julie yelled, "He's got a gun!"
And she stepped in front of me

そのとき突然 お父さんを見つけたんだ
僕の後ろからこっそり近づいてきた
(女性の声“気をつけて!”)
そのときジュリーが叫んだ
“拳銃を持ってるわ!”
ジュリーが僕の前に飛び出したんだ

Suddenly, a shot rang out
And I saw Julie falling!
I ran to her, I held her close
When I looked down, my hands were red
And here's the last words Julie said...

突然 拳銃の音が鳴り響いた
僕は見たんだ
ジュリーの体がくずれ落ちるのを!
彼女の元に駆け寄り 体を抱き寄せた
見下ろしてみたら 僕の両手は真っ赤
そしてジュリーの最期の言葉を聞いたんだ…

Daddy please don't
It wasn't his fault
He means so much to me
Daddy please don't
We're gonna get married......

お父さん お願いやめて
彼のせいじゃないのよ
彼は私のとても大事な人なの
お父さん お願いやめて
私たち 結婚するの…

Run, Joey run,
Joey run, Joey run,
Joey ruuuuuunn!!!

ジョーイ 逃げて
走るのよ ジョーイ 走るの
ジョーイ 走って逃げて・・・・

Writer(s)
Paul Vance & Jack Perricone (aka Perry Cone)

storm out=怒って飛び出す

Released in 1975
US Billboard Hot100#4

tumblr_kv2f06Pq1I1qaz7pxo1_500.jpg

 ラジオ番組「全米トップ40」にはスペシャル・プログラムの回が何回かあって、そのいつだったかは覚えていませんがこの曲を聴きました。す、救われない曲…(-_-;)。「物語がある曲」は好きですが、こういうBad Endingは後味悪いですよね。

◆この「Run Joey Run」を歌ってるのはDavid Geddes(デビッド・ゲッデス)。本名は David Cole IdemaでGeddesはステージネームのようです。
 wikipediaに載っていた彼のプロフィール(先日亡くなられたDJのケーシー・ケイスンが紹介)がちょっと変わってて面白ろかった。です。
"デビッドはいくつかのレコード会社と契約をしましたがすべて不発に終わり、音楽の道を諦めて、大学(デトロイトのウェイン大学の法学部)に通っていました。この曲を書いたPaul Vanceは過去のデビッドの作品を耳にしてて、"Run Joey Run"を歌うのにピッタリの声は彼の声だ!として、デビッドを呼びました。

DavidGeddes.jpg

デビッドはそれに応え、ニューヨークでレコーディングをし、またデトロイトに戻って大学生活を再開。しかし嬉しいことに"Run Joey Run"が大ヒット!デビッドは大学を中退し、音楽界にカムバックした"ということです!運命の一曲だったんですね。

◆ちなみに、この歌で"Julie"の声を出しているのは誰か?ということなのですが、Paul Vanceの娘さんのPaulaさんということです。

◆なんとこの曲、GleeのSeason5 第17話「Bad Reputation(不名誉な映像流出)」(2010年)でも取り上げられ、「あの曲は誰の曲?」と話題になったようです。(この回はオリビア・ニュートン・ジョンも特別出演する回。登場人物らが最後に悪ノリして"Run Joey Run"のパロディPVを作って放映するというストーリーらしい?)
*劇中に使われた音楽の視聴はこちら
oliviaglee.jpg

◆Davidにはもう1曲のトップ40ヒットがある。"Run Joey Run"だけだと、"嫌な曲を歌う歌手」と思われてしまいますが、もう1曲の方もぜひ聴いてほしいと思います。これ、いい曲なんだ…!→こちらです

◆"Run Joey Runが最高位4位を記録した週の全米チャートです。
"US Top 40 Singles 4th October, 1975

ジョン・デンバーに代わって、ボウイの「Fame」がNo1に。ハハハっ「ミスターJAWS」が1位になるかの勢いでトップ10入りしてきたけど翌週も4位にステイ。すぐ後ろのニール・セダカのジャンプ・アップも見逃せない!

-1 2 FAME ??? David Bowie
-2 1 I’M SORRY / CALYPSO ??? John Denver
-3 3 RHINESTONE COWBOY ??? Glen Campbell
-4 5 RUN JOEY RUN ??? David Geddes
-5 14 MR. JAWS ??? Dickie Goodman
-6 25 BAD BLOOD ??? Neil Sedaka
-7 9 BALLROOM BLITZ ??? Sweet
-8 12 DANCE WITH ME ??? Orleans
-9 11 AIN’T NO WAY TO TREAT A LADY ??? Helen Reddy
10 24 ROCKY ??? Austin Roberts

◆Glee - Run Joey Run (Full Performance)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Run Joey Run
・Wikipedia David Geddes
・Wikipedia Glee Bad Reputation
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Vol. 15-Have a Nice Day! Import
Super Hits of the 70' ¥2,076

Have_a_nice_day_15.jpg

-1. I'm on Fire - Dwight Twilley Band
-2. Fallin' in Love - Hamilton, Joe Frank & Reynolds
-3. Black Superman - Muhammad Ali - Kinshasa Band, Johnny Wakelin
-4. I'm Not Lisa - Jessi Colter
-5. At Seventeen - Janis Ian
-6. Run Joey Run - David Geddes
-7. Rocky - Austin Roberts
-8. Eighteen With a Bullet - Pete Wingfield
-9. Sky High - Jigsaw
10. Saturday Night - Bay City Rollers
11. Convoy - C.W. McCall
12. You Sexy Thing - Hot Chocolate

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

これをここで見つけた衝撃!!(笑)
よくこんな(日本では絶対マイナーな)曲、見つけましたね。
懐かしいです。
それにしても、ドラマチックと言えばそうですが、なんでこんな暗くて重い歌がアメリカでもヒットしたんでしょうね?(苦笑)

コメントありがとうございます

Phoebeさんもツウでいらっしゃる!この曲についてはコメントがどなたからもいただけず、スルーされてしまい、内心、せっかく奮闘したのに、、なんて思ってました(^_^;)。
ほんとなんでこうした物語を歌にしたのか?なぜヒットしたのか?よくわかりませんね(笑)。でも歌っていたデビッドゲッデスさん、こうした曲だけの人かと思えば、この記事にリンクした“The last game of the season”、こんな素敵な曲も書くんだなあと思いました。これも洋楽の面白いところだなあと思っています。