Welcome Back / ウェルカム・バック (John Sebastian / ジョン・セバスチャン)1976



Welcome back.
Your dreams were your ticket out.

Welcome back,
To that same old place
that you laughed about,

お帰りなさい
きみの夢をかなえる切符が
なくなっちゃったね

よく帰ってきたね
きみがかつて笑い飛ばしていた
以前と同じこの場所へ

Well the names have all changed
since you hung around.
But those dreams have remained
and they've turned around.

きみがよくいたあの頃から
生徒の名前はみんな変わったけど
あの頃の夢は残ってるのさ
誰もが見向きもしなくなったけど

And who'd've thought they'd lead ya,
(Who'd've thought they'd lead ya)
Back here where we need ya.
(Back here where we need ya.)

夢がきみを連れ戻してくれたなんてさ
(誰も思いもしなかったよ)
きみが戻ってきたこの場所は
みんなきみを必要としてたんだ
(みんなきみが必要なんだ)

Yeah we teased him a lot,
'Cause we got him on the spot.Welcome back.
(Welcome back. Welcome back. Welcome back)
(Welcome back. Welcome back.)

俺たちはきみをいっぱいからかった
そしたらその場ですぐに
仲間に戻れたんだ お帰り!ってね
(よく帰ってきたね)
(戻ってきてありがとう)

Welcome back
We always could spot a friend,
Welcome back
And I smile
when I think how you must have been

お帰りなさい
俺たちはいつだって友達を見つけるさ
よく帰ってきたね
きみが過ごしてきたに違いない生活を
想像すると 笑っちゃうよ

And I know what a scene
you were learning in
Was there something
that made you come back again

覚えてるよ
きみが教壇に立ってる場面を
そこには きみを再び
呼び戻す何かがあったんだね

And who'd've thought they'd lead ya,
(Who'd've thought they'd lead ya)
Back here where we need ya.
(Back here where we need ya.)

夢がきみを連れ戻してくれたなんてさ
(誰も思いもしなかったよ)
きみが戻ってきたこの場所は
みんなきみを必要としてたんだ
(みんなきみが必要なんだ)

Yeah we teased him a lot,
'Cause we got him on the spot.
Welcome back.
(Welcome back. Welcome back. Welcome back)
(Welcome back. Welcome back.)

俺たちはきみをいっぱいからかったね
そしたらその場ですぐに
仲間に戻れたんだ お帰り!ってね
(お疲れさん)
(戻ってきてくれてありがとう)

And I know what a scene
you were learning in
Was there something that made
you come back again

覚えてるよ
きみが教壇に立ってる場面を
そこには きみを再び
呼び戻す何かがあったんだね

And who'd've thought they'd lead ya,
(Who'd've thought they'd lead ya)
Back here where we need ya.
(Back here where we need ya.)

夢がきみを連れ戻してくれたなんてさ
(誰も思いもしなかったよ)
きみが戻ってきたこの場所は
みんなきみを必要としてたんだ
(みんなきみが必要なんだ)

Yeah we teased him a lot,
'Cause we got him on the spot.
Welcome back.
(Welcome back. Welcome back. Welcome Back.)
(Welcome back. Welcome back.)

きみをいっぱいおちょくって
その場でもう昔に戻れたよ
お帰りってね

Yeah we teased him a lot,
(Welcome back. Welcome back.)
'Cause we got him on the spot.
(Welcome back. Welcome back.)
Yeah we teased him a lot,
'Cause we got him on the spot.
Welcome back.
(Welcome back. Welcome back. Welcome Back.)
(Welcome back. Welcome back. Welcome Back.)

みんな昔とおんなじさ
その場ですぐに友達に戻れるんだ

お帰りなさい
戻ってきてくれてありがとう

Writer(s) John Sebastian
Lyrics c EMI Music Publishing

Welcome Back=お帰りなさい(お疲れ様のニュアンス)
Who would have thought ~? 
=~なんてだれが考えただろうか;これは驚きだ
tease=からかう
on the spot=その場で
spot=見つける

Released in 1976
US Billboard Hot100#1
From The Album"Welcome Back"

john_sebastian-welcome_back-01.jpg

220px-Welcome_Back_(Kotter)_cover.jpg

“Welcome Back”…家族の誰かが仕事から帰ってきたりしたときには、こういう言い方はしません。海外に行った人や長い旅をした人に対して使うフレーズだそうです。(海外に行った人が船が港に戻る時には「welcome back」と書いてある旗を振る人がいます)
参考サイト:「Eigo with luke

◆ピアノ、ハンドクラップ、そして優しい歌声、ハートウォーミングな感じのコーラス、そして間奏のブルースハープ(ハーモニカ)…“Welcome Back”のジャケットに写るメガネくん。ジョン・セバスチャンの表情も優しさに溢れてます。

◆この曲はアメリカのTV番組「Welcome Back、Kotter」の主題歌。1人の教師(Kotter)が母校のハイスクールに帰ってきて、問題のある生徒たちを相手に繰り広げるドラマ、とのことです。*曲の歌詞もこのストーリーに沿って作られたようですね。(ところで、このなかの生徒にSaturday Night Feverでブレイクするジョン・トラボルタがいました)

Johntravolt.jpg
sweatghog4.jpg
*教室と人形のフィギュアまで発売されてた人気番組だったんですね~。
 
◆1960年代に沢山のヒットを飛ばしたThe Lovin'Spoonful。ジョンはその中心メンバーでした(担当楽器はハーモニカ、オートハープ)。しかしバンドの中心的存在だったメンバーがマリファナ所持により逮捕され、バンドの明るい健全なイメージで売っていた彼らのイメージ・ダウンは決定的でした。1968年にジョンもバンドを脱退し、ラヴィン・スプーンフルは、解散となりました。

◆ジョンのソロ活動はレコード会社とのトラブルもあり順風ではありませんでした。そんななかで舞い込んできたのがTVドラマの主題歌。当初はタイトルもTVドラマと同じ「Welcome Back、Kotter」で60秒程度の短い曲でした。TVドラマが放映され、人気で出てくると同時に主題歌のレコード化を求める声が強くなり、セカンドバージョンを作りました。それがこの“Welcome Back”ということのようです。

◆これがドラマの主題歌のシーン。日本の教師ドラマ(金八先生など)だと、河原をみんな歩いてる通学シーンだとか出るんだけど、街の風景って感じだね。
↓↓↓↓↓


◆The Lovin' Spoonful "Do You Believe In Magic(1965年#9)。ジョンはすでにメガネくん。持っている楽器はオートハープ。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
John Kenneth Muir's Reflections on Cult Movies and Classic TV
・Wikipedia John Sebastian
・Wikipedia Lovin' Spoonful
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985(音楽之友社)
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp

The Best Of John Sebastian
John Sebastian
*新品はなかなか手に入らないようです。CDであれば中古、もしくはMP3のダウンロードであれば手に入るようです。

51JVt5LeYSL__SL500_AA280_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

素晴らしい! 感謝です

またよろしくお願いいたします

?さん、コメントありがとうございます。Welcome Backはずっとどんな歌詞だったかなあ?と思ってた曲です。"Welcome"も"Back"も中学生英単語でわかるけど"Welcome Back"になるとどういう意味なのかなと思ってました。曲の作成された背景=昔センセイだった人(熱血?先生)が期待に応えて、また学校に戻ってきたのを迎える曲=を知った時に"Welcome Back"が意味も含めてよく理解できました。するとなんか物語がよくイメージできるんですね。
"who'd've thought they'd lead ya"
"we teased him a lot,
'Cause we got him on the spot"
も僕の英語力だとすぐに意味がわからなかったのですが「センセイがかつての学校の教壇に再び立つ」という物語が頭にあるとなんとなく意味がわかる。語学の専門の方からすると訳してない単語やニュアンスがあったりする場合が多いかと思うのですが…(^▽^;)。
僕もこの曲は大好きで、"訳し甲斐"もありましたので、お褒めいただき嬉しいです。また別な曲でも想い出などありましたら、それも含めてぜひコメントください~!