Can't Think Straight / ぼくときみのラブ・ソング (Gilbert O'Sullivan / ギルバート・オサリバン)1991



*ギルバートと来生たかおさんのTVでの共演の動画がこちらから観られるようです。
http://vimeo.com/132557720

If you see Mary
Will you tell her I called
Tell her that I love her
And I'm sorry that's all
You see we had our very first quarrel today
I got really angry and I slapped her face
Now I'm sorry but what can I say
I love her so much
I can't think straight

メアリーに会ったら伝えておくれ
愛してるけど もうおしまいさ
今日はじめてケンカして
彼女を殴ってしまった
後悔してる…けど何て言おう?
こんなに愛しているのに
素直に考えられないのさ

(Takao)
僕にもわかるよ君の恋する気持ちや痛み
そう 国境を越えても人は
わかりあえると今は信じたいから
難しいけど信じたいから

What about people other than me?
What about those with nothing to eat?
How can I claim that life isn't fair?
What a pathetic sight I swear
If I could kick I'd kick
Myself of course and if

他のみんなはどうだろう?
飢えている人もいるのに
僕が不公平なんて言えるだろうか?
世の中の悲劇に僕は抗議する
もちろん自分自身でね
そして もし…

(Takao)
愛も時にはつらいよ
男も女も同じ

well in the case
Why won't she answer the phone
Don't try and tell me
She's not at home

それなら彼女はなんで電話に出ない?
「留守にしてただけ」なんて言わないでくれ

I'm sorry but what can say

後悔してる…けれど何て言おう?

(Takao)
みんなつらいね

We're sorry but what can I say
I love her so much I can't think

こんなに愛しているのに
素直に考えられないのさ

What are we doing? What have we done?
What in the world is going on?
Isn't it crazy looking so fine
Knowing that in as much time
As it takes to make a drink
We could all become as the dinosaur has
Nothing but extinct
And to top it all I hear
That my rent is to be raised

一体何がどうなっているのだろう?
うまくいっているふりをするのは
おかしいよ
飲んだくれているうちに
人は絶滅するかもしれない
そのうえ また
家賃が上がるってうわさじゃないか

So if you see Mary
Will you tell her I called
Tell her that I love her
And I'm sorry that's all
And by the way thank you for being so kind
If I've taken up too much of your time
I'm sorry but what I can say

メアリーに会ったら伝えておくれ
愛してるけど もうおしまいさ
やさしくしてくれて ありがとう
時間をムダ使いさせたかもしれないね
後悔してる…けれど何て言おう?

We're sorry but what can I say

(Takao)
みんなつらいね

I love her so much
I can't think
Love her so much
I can't think straight

こんなに愛しているのに
素直に考えられないのさ

Songwriters: O'SULLIVAN, GILBERT
c EMI Music Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1991
From The Album
“Sounds Of The Loop”
あの日の僕を


 レア曲のご紹介!です。
 これTV「夜のヒットスタジオ」だったかな~。そのときの放映を直接僕は観ています。和訳も画面に出たものをそのままいただいています(ご了承ください!)。
 「来生たかお」とのデュエットですが、来生がギルバートの大ファンだったこともあり、1990年のアルバム「In The Key Of G」のアルバム解説を担当したのが大きなきっかけとなり、共作の話が持ち上がった。当初はカバー曲で、という話もあったが、ギルバートから「共作」の希望を出し実現した。
 日本盤アルバム『Sounds Of The Loop/あの日の僕をさがして』には、来生たかおが作った「What A Way(To Show I Love You)/出会えてよかった」が選ばれ、アルバムに収録。ギルバートといえば、ずっと自作自演でやって来たのに、自分達の曲を歌ってくれる事が信じられなかったと来生姉弟は回顧しており、現在においても、ギルバートのリリース楽曲中、唯一の例外となっている。この曲も「夜ヒット」で演った!

 男同士が電話で話しているんだけど、ちょっと会話がちぐはぐですね!
 また、ギルバートは、暮らしでの不満や皮肉を歌詞に1フレーズ入れることがよくある。先日紹介した「Where Peaceful Water Flow」では「新しい車を買ってもすぐに故障」、今回は「家賃の値上げ」。こういうのもおもしろいですね。

 Album「Soounds Of The Loops(あの日の僕を探して)」は中古CD屋さんでは割と常連(…)。Amazonでも100円を切る価格。いいアルバムなんですけどね…。
 1991年時では日本発売のみのアルバムで、1993年にジャケットも収録曲も差し替えられ、来生のパートがペギー・リーの歌唱による英語詞に差し替えられ、世界発売。ノルウェーではKistin Siggard、スペインではSilvia Torisaという歌手とデュエットしてアルバム収録がされる。
 輸入盤で購入する方は、発売国がどこなのか、収録曲に注意が必要です。

(この記事で参考にしたページ)
・ウィキペディア 来生たかお
The Offical Gilbert O'sullivan Website~Biogaphyから)

世界的にはこっちが有名。Peggy Leeバージョン
↓↓↓↓


SILVIA TORTOSA のスペイン語バージョン
↓↓↓↓


部屋を片付けていたら1992年の初来日のときのフライヤーが見つかりました。
裏面に来生たかお氏のコメントが掲載されています。
↓↓↓↓
rainiti.jpg

ura.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント