Forever In Blue Jeans / ブルージーンズ・ライフ (Neil Diamond / ニール・ダイアモンド)1978



Money Talks
But it don't sing and dance
And it don't walk
As long as I can have you here with me
I'd much rather be
Forever in Blue Jeans

お金がものを言う世界
でもお金は歌ったり踊ったりしない
歩きもしないんだ
きみが僕と一緒にいてくれる限り
僕はブルージーンズを
永遠に履いていたいんだ

Honey is sweet
But it ain't nothing next to baby's treat
And if you'll pardon me
I'd like to say
We'd do okay
Forever in Blue Jeans

蜂蜜は甘い
けど甘さでは恋人のご馳走の次だよね
きみがゆるしてくれるなら
こう言いたいよ
僕らはブルージーンズがあれば
永遠にOKなんだって

Maybe tonight
Maybe tonight by the fire
All alone you and I

Nothing around but the sound
Of my heart and your sighs

たぶん今夜かな
たぶん今夜 暖炉のそばで
きみと僕は二人きり

僕の心臓の鼓動と
きみのため息だけ
ほかには何も聞こえない…

Money Talks
But it can't sing and dance
And it can't walk
As long as I can have you here with me
I'd much rather be
Forever in Blue Jeans, Babe

お金はものを言う
でも歌ったり踊ったりしない
歩きもしないんだ
きみが僕と一緒にいてくれる限り
僕はブルージーンズを
いつまでも履いていたい

Honey is sweet
But it ain't nothing next to baby's treat
And if you'll pardon me
I'd like to say
We'd do okay
Forever in Blue Jeans

蜂蜜は甘い
でも甘さじゃ恋人の作るご馳走の次
もし きみがゆるしてくれるなら
言いたいのさ
僕たちはいつまでも
ブルージーンズを履いていようって

Maybe tonight
Maybe tonight by the fire
All alone you and I
Nothing around but the sound
Of my heart and your sighs

Money Talks
But it don't sing and dance
And it don't walk
As long as I can have you here with me
I'd much rather be
Forever in Blue Jeans

And if you'll pardon me
I'd like to say
We'd do okay
Forever in Blue Jeans, Babe

こんなこと言っていいのかな
でも言いたいのさ
僕らはずっと
ブルージーンズを履いていよう

As long as I can have you here with me
I'd much rather be
Forever in Blue Jeans, Babe
As long as I can have you here with me

きみがそばにいてくれるなら
僕はずっとブルージーンズを履いていたい
きみがそばにいてくれるなら

Written by: Neil Diamond

Money Talks=お金がものを言う
I'd rather = I would rather」
=実際にそんなことはないが「もし~なら、~する」

Released in 1978
US Billboard Hot100#20
From The Album
"You Don't Bring Me Flowers"

220px-You_Dont_Bring_Me_Flowers_cover.jpg

 「ブルー・ジーンズ」って「飾らない」ってことの代名詞かな。ファッションであると同時に人の生き方でもある。

We'd do okay forever in Blue Jeans

歌詞のこの部分、いいカンジです。

◆本日は「Blue Jeans Song」のミニ特集です~!

◆Wikipediaにこの曲のエピソードがありました。
・あるコットン会社が言っていました。“ニール・ダイアモンドはこの曲を“Forever in Blue Jeans”と名付けたのは正解だった。次の買い物でジーンズを購入したいと考えてる女性の80%はブルージーンズにしたいと考えている。”
・この曲はブルージーンズのセールの際によく使われている。ウェル・フェレルがニールの歌真似をするGapの高億は有名です。
・ニールは偶然にもこの曲を歌う10年以上前の1960年代に彼のブランドのジーンズブランドをラジオ広告に出している。

◆1979年の日本のテレビドラマ「やる気満々」の主題歌でも使われました。出演は古谷一行、細川俊之、川谷拓三、志穂美悦子、山岡久乃…。男3人の生き方を描いたドラマのようです。(なんか薄っすらと記憶はあります…)

06221405_4fe3fd128e15b.jpg

◆ Live on Later with Jools Holland 2010。いや~、ニールは変わらないです。若い!
↓↓↓↓↓


◆GapのCM。俳優のウェル・フェレルがニールの歌真似をしています。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・中古CD専門店 Fan Fan
テレビドラマデータベース
・Wikipedia You Don't Bring Me Flowers
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Essential Neil Diamond [Original recording remastered, Import]
ニール・ダイアモンド ¥1,885

51dJCThgwTL__SL500_AA300_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

なるほど~!ニールダイヤモンドはこの曲がありましたね。小生も彼の特集は第10巻(072)http://rolingwest.exblog.jp/20681401/で取り上げましたが、殆どのヒット曲を網羅したつもりでいました。この曲は見逃していました。さすがですね~!

円熟した歌いっぷり

RWさん、コメントありがとうございます。この曲はなんか最初はボソボソとした歌い方で、??と思わせておいて、同じフレーズでも後半の歌い上げ方が違います。パートナーといつまでも着飾らず、自分たちらしくいよう!というメッセージをBlue Jeansに例えた歌詞も素晴らしいなあと思います。だってBlue Jeansは履けば履くほど、しぶーくなっていきますからね!