Rock Me Gently / ロック・ミー・ジェントリー (Andy Kim / アンディ・キム)1974



Ain't it good
Ain't it right
That you are with me
Here tonight
The music playin'
Our bodies swayin' in time
(In time, in time, in time)

いいじゃない
それが正解さ
きみが僕と一緒にいる
今夜 いまここに
音楽が流れてきて
僕らの身体はやがて
曲に合わせて左右に揺れ出すのさ
(だんだんと ゆっくりと…)

Touching you
So warm and tender
Lord,
I feel such a sweet surrender
Beautiful is the dream
that makes you mine

きみに触れると
とても温かく優しい感じ
ああもう
僕はきみにすっかりお手上げだ
きみを僕のものにできたら
その夢はほんとに
素敵なものになるよ

Mmm
Rock me gently
Rock me slowly
Take it easy
Don't you know
That I have never been loved
like this before

ああ 
僕の心をやさしく揺さぶって
ゆっくり揺さぶって
あせらないでよ
きみに言ってなかったっけ
こんな素敵な恋
今までしたことなかったんだって

Baby baby
Rock me gently
Rock me slowly
Take it easy
Don't you know
That I have never been loved
like this before

ベイビー ベイビー!
僕の体をやさしく揺さぶって!
ゆっくり揺さぶって!
あせらないでいいのさ
きみに教えるよ
こんな風に人を愛したことなんて
僕は今までなかったんだ!

Oh my darlin'
Oh my baby
You got the moves that drive me crazy
And on your face I see a trace of love
(Of love, of love, of love)

ああ 愛しいきみ
ああ 僕の可愛いベイビー
きみの仕草は僕を狂わせる
きみの顔に愛のしるしが映ってるんだ
(恋のしるし 恋のサイン…)

Come hold me close
Don't let me go
I need you, honey
I love you so
You were made for me
by the stars above

そばにきて抱きしめて
僕を離さないでくれ
きみが必要なのさ ハニー
愛しているから
きみは満天の星が
僕のために寄こしたお姫様なのさ

Oooh
Rock me gently
Rock me slowly
Take it easy
Don't you know
That I have never been loved
like this before

ああ 
僕の心をやさしく刺激して
ゆっくり刺激してほしいんだ
あせらないでね
きみに言ってなかったっけ
こんな素敵な恋
僕は初めて経験しているんだって

And baby baby!
Rock me gently
Rock me slowly
Take it easy
Don't you know
That I have never been loved
like this before

ああベイビー ベイビー!
僕の体をやさしく刺激して!
ゆっくり刺激して!
あせらないでいいよ
きみに教えるよ
こんな風に人を愛したことなんて
僕は今までなかったんだよ!

Rock me gently
Rock me slowly
Take it easy
Don't you know
That I have never been loved
like this before

やさしくロックして!
ゆっくりロックして!
あせらなくていいのさ
わかったかい
僕はこんなに人のこと
愛したことなかったんだよ

きみがとても大切なんだ!

Writer(s) Andy Kim

be made for=生れつく

Released in 1974
US Billboard Hot100#1
From The Album“Andy Kim”

ddcca9aca1a3f0ed78d521a2cf2fb602.jpg

1327.jpg

 この曲「ロック・ミー・ジェントリー」は僕はリアルタイムでは聴いてなかったなあ。でも何回かのスペシャルプログラムでかけてくれたりしていたので耳で聴いて親しみを持ってました。1974年は次々にNo1ヒットが生まれた年で、全米トップ40リスナーの皆さんにとっても、チャートが面白い年だったんじゃないでしょうかね!

★1974年のNo1ヒット(8月以降)です。「ロック・ミー・ジェントリー」は9月28日の1週のみナンバー・ワン。

"Annie's Song" John Denver
"Feel Like Makin' Love" Roberta Flack
"The Night Chicago Died" Paper Lace
"(You're) Having My Baby" Paul Anka and Odia Coates (3)
"I Shot the Sheriff" Eric Clapton
"Can't Get Enough of Your Love, Babe" Barry White
"Rock Me Gently" Andy Kim
"I Honestly Love You" Olivia Newton-John (2)
"Nothing From Nothing" Billy Preston
"Then Came You" Dionne Warwick and Spinners
"You Haven't Done Nothin'" Stevie Wonder
"You Ain't Seen Nothin' Yet" Bachman-Turner Overdrive
"Whatever Gets You thru the Night" John Lennon
"I Can Help" Billy Swan (2)
"Kung Fu Fighting" Carl Douglas (2)
"Cat's in the Cradle" Harry Chapin
"Angie Baby" Helen Reddy

★アンディ・キムはモントリオール生まれレバノン系カナダ人。1968年から71年くらいまではチャートの常連でした。ソングライターとしてナンバー1ヒットも出してます。ジェフ・バリーと一緒に作った「Sugar Sugar」(アーチーズの大ヒット)が1969年に4週間ナンバーワンに。
 ただし1971年からしばらくヒットから遠ざかります。でもアンディは諦めませんでした。
“チャート入りしなかった3年間も、レコード契約のなかった18か月も、僕は負けを認めなかった”
1位になった1974年のビルボード誌のインタビューでも、
“1位になったら孤独になるってのは本当だよ。でもどこにもいないのはもっと孤独だよ”と話しています。諦めずにいたのがよかったですね。
 アンディはその後、「Fire、Baby I'm On Fire(炎の恋人)」(最高位28位)のヒットを出したあとはチャートには復活しませんでした。

★「Rock Me Gently」は歌詞は単純だし、サビのコーラスも同じ歌詞を2回繰り返します。でも1回目は「僕を優しくロックして…」と淡々と歌うのですが、“Baby Baby!”から「僕を優しくロックしてくれよ~!」って同じ歌詞を想いをぶつけるようにして歌うのがなかなかいいですねえ!こういうPOPSの作り方もあり!だなあって思います。

★スタジオで歌う“Rock Me Gently”(ちょっと編集してある)
↓↓↓↓↓


★アンディの歌う“Be My Baby”(1970年 最高位17位)。サビコーラスがオリジナルから変えてるのがなかなか面白いな。眉毛も見事だ(笑)。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・ビルボード・ナンバー・1ヒット 1971-1985下(音楽之友社)
・Wikipedia Andy Kim
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Greatest Hits: Baby I Love You [CD, Import]
Andy Kim ¥2,102

61YXoQfB4bL__SL500_AA300_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

これまたレア曲じゃないですか?
当時は、今のようにネットもYouTube もなく、ごくごくたまに(だったと思う)深夜などでやるTV洋楽番組で向こうのアーティストを見る程度だったかと思います。(遠〜い記憶)
今回、初めてYouTube でアンディ・キムが動くのを見ました。(笑)
私の英語の一番の先生だった洋楽。
I have never been loved like this before のフレーズに、おぉ、現在完了形受動態だ! と、当時妙な感激でした。

レアでしょう!

レア曲ではありますが、全米ナンバーワンヒットになった、トップ40的にはメジャー曲でしょう!トップ40を聴いていた人が喜んでくれれば良いのです(^o^)。洋楽ヒット曲は英文法も教えてくれましたよね。受験生の人は、この曲の“have never been loved...”をしっかり理解しましょうね(笑)