Be My Baby / あたしのベビー (The Ronettes / ザ・ロネッツ) 1963



The night we met
I knew I needed you so
And if I had the chance
I'd never let you go
So won't you say you love me?
I'll make you so proud of me
We'll make 'em turn their heads
every place we go

あなたと会った夜から
私はこの人だって思ったの
チャンスがあったら
あなたを絶対逃がさないって
だから私を好きって言ってほしいの
私はあなたに誇らしく思わせてあげるわ
あなたと歩いたら何処でだって
みんなが私たちの方を振り向くのよ

So won't you, please?
(Be my, be my baby)
Be my little baby
(My one and only baby)
Say you'll be my darlin'
(Be my, be my baby)
Be my baby now
(My one and only baby)
Whoa oh oh oh

だからお願いよ
(私の恋人になって ベイビー)
私の彼氏になってほしいの
(たった一人の恋人にね)
恋人になるって言ってほしいの
(私の彼氏になって)
今すぐのお願いなの
(恋人は一人だけ)
Whoa oh oh oh

I'll make you happy, baby,
just wait and see
For every kiss you give me,
I'll give you three
Oh, since the day I saw you,
I have been waiting for you
You know I will adore you
'til eternity

あなたを幸せにするわ ベイビー
待っててちょうだい
あなたがキスしてくれるたび
私はキスを三回お返しするの
ああ あなたを見てからというもの
ずっとあなたを待ってたの
わかるでしょ
私はあなたをずっと愛していくのよ

So won't you, please?
(Be my, be my baby)
Be my little baby
(My one and only baby)
Say you'll be my darlin'
(Be my, be my baby)
Be my baby now
(My one and only baby)
Whoa oh oh oh

だからお願い
(私の恋人になって ベイビー)
彼氏になってほしいの
(たった一人の恋人に)
恋人になるって言ってちょうだい
(私の彼氏になって)
お願い 今すぐなって
(たった一人の恋人に)
Whoa oh oh oh

So come on and please
(Be my, be my baby)
Be my little baby
(My one and only baby)
Say you'll be my darlin'
(Be my, be my baby)
Be my baby now
(My one and only baby)
Whoa oh oh oh

今すぐお願い
彼氏になってほしいのよ

Be my, be my baby
(Be my little baby)
My one and only baby
Be my, be my baby
My one and only baby

たった一人の恋人に!

Songwriters
JEFF BARRY, ELLIE GREENWICH, PHIL SPECTOR
Lyrics © WINDSWEPT HOLDINGS LLC, Universal Music Publishing Group, EMI Music Publishing

Released in 1963
US Billboard Hot100#2
From The Album“Presenting the Fabulous Ronettes Featuring Veronica”

220px-Ronettes.jpg

 この曲を歌うザ・ロネッツ(The Ronettes)は、ニューヨーク出身の1960年代の女性歌手グループです。リード・ボーカルのヴェロニカ・ベネットが実姉エステルといとこのネドラの3人組。フィル・スペクターがプロデュースしたことでも有名で、分厚く緻密な“ウォール・オブ・サウンド”から成る楽曲、様々なヒットを出してます代表曲は、「あたしのベビー(Be My Baby)」をはじめ、「ベビー・アイ・ラヴ・ユー(Baby, I Love You)」「(The Best Part of) Breakin' Up」「(Walking) in the Rain(恋の雨音)」などがあり、「Be My Baby」のレコーディングの撮り直しは計42回もあったそうです。

 シンプルな歌詞で「恋の出会い」を歌います。でもそのシンプルな分、録音は一発取りではなく、何度もいろんな楽器の音を重ねて作っていくのです。今ではコンピューターを使って様々な技術を駆使していろんな音を出せるようになりましたが、1960年代の初めにそんな仕事をしていたフィル・スペクターのサウンドを多くのミュージシャンや同業者は敬って、その敬意を払ったオマージュソングも沢山作られましたね。

★ブライアン・ウィルソンがフィル・スペクターと“Be My Baby”について語ります。
↓↓↓↓↓


★エディ・マネー「Take My Home Tonight」。“Be My Little Baby~”とロニー・スぺクターも登場します。
↓↓↓↓↓


★これはオマージュでもなんでもないか。“Be My Baby”by COMPLEX。さすがにタイトルはこの曲を意識して付けたと思うけどね。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Be My Baby
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ビー・マイ・ベイビー:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ロネッツ [Original recording remastered]
ロネッツ ¥1,636

41NiAzoLFnL__SL500_AA300_.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

エディー

夏休み中、エディーのCDを買い聴きまくっていました。私的にはお気に入りですが?やや一般的に評価が低いんですか?俺は好きです。
今になって買えなかったCDをほどほどに買いあさってます。

Be my little baby~

コメントありがとうございます。
Take me home tonigit はまだ和訳してませんが、Be my babyという曲の魅力を語るのに欠かせないなーと思い、取り上げさせていただきました。エディマネーは歌い方が全力投球で好きです。ただ「売れる」ということを志向するならば、工夫が必要だぅたかもしれません。、でも、そうしたら彼の荒削りのボーカルも生きなかったと思います。そんななかでも彼の曲をしっかり聴いてるリスナーがいるって、幸せなことですよね。エディが知り合いだったら伝えてあげたいよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます