Don't Worry Baby / ドント・ウォーリー・ベイビー (The Beach Boys / ビーチ・ボーイズ) 1964



Well its been building up inside of me
For oh I don't know how long
I don't know why
But I keep thinking
Something's bound to go wrong

ああ
この思いが僕のなかに募ってから
どのくらい経つのか わからないよ
理由はわからないけど
必ず何か道を間違えるように
思えてならないんだ

But she looks in my eyes
And makes me realize

でも彼女は僕の目を見て
僕に気付かせてくれるんだ

When she says "Don't worry baby"
Don't worry baby
Don't worry baby
Everything will turn out alright

彼女は言うんだよ
“心配ないよ ベイビー”って
心配いらないわ ベイビー
心配いらないわ ベイビー
すべてうまくいくわ

Don't worry baby
Don't worry baby
Don't worry baby

心配いらないわ
大丈夫だからね
心配ないからね ベイビー

I guess I should've kept my mouth shut
When I start to brag about my car
But I can't back down now because
I pushed the other guys too far

ああ口をつぐんでいればよかったよ
僕 車の自慢を始めちゃったんだ
でももう後には引けない
他の奴らに調子に乗っちゃったから

She makes me come alive
And makes me want to drive

彼女が僕を励ましてくれる
すると僕も車に乗りたくなっちゃうんだ

When she says "Don't worry baby"
Don't worry baby
Don't worry baby
Everything will turn out alright

彼女は言うんだよ
“心配ないよ ベイビー”って
心配いらないわ ベイビー
心配いらないわ ベイビー
すべてうまくいくわ

Don't worry baby
Don't worry baby
Don't worry baby

心配いらないわ
大丈夫だからね
心配ないからね ベイビー

She told me "Baby, when you race today
Just take along my love with you
And if you knew how much I love you
Baby nothing could go wrong with you"

彼女はこうも言ったよ
“ベイビー 今日のレースは
私の愛も一緒に連れてってね
そして私がどれだけ
あなたを愛してるかわかったら
もう間違いなんて起こさないわ”

Oh what she does to me
When she makes love to me

ああ 彼女がしてくれたこと
彼女が僕に愛をくれたのさ

And she says "Don't worry baby"
Don't worry baby
Don't worry baby
Everything will turn out alright

心配ないよ ベイビー
心配しないで ベイビー
大丈夫よ ベイビー
すべてがきっとうまくいく

Don't worry baby
Don't worry baby
Don't worry baby

彼女の言葉
“心配ないよ ベイビー”
その言葉が
僕を強くしてくれるんだ

Songwriters
WILSON, BRIAN DOUGLAS / CHRISTIAN, ROGER VAL / MARGO, MITCHELL STUART / MARGO, PHILIP / MEDRESS, HENRY / SIEGEL, JAY
Lyrics c Universal Music Publishing Group

be bound to=必ず
go wrong=道を誤る
brag about=自慢する
to push a good thing too far=図に乗る

Released in 1964
US Billboard Hot100#24
From The Album“Shut Down Volume2”

220px-ShutDownVol2Cover.jpg

220px-Beach_Boys_-_I_Get_Around.jpg

 この曲は、1977年に全米トップ40で初めて聴きました。でもオリジナルのビーチ・ボーイズではなくって、B.J トーマスのカバーでした。それからBay City Rollersのアルバム「青春に捧げるメロディ(Dedication)」でも聴いて、オリジナルのビーチ・ボーイズのバージョンを聴くのはそのさらに後でした。(想い出せない)。

 ブライアン・ウィルソンはこの曲を作るのに、ロネッツの“Be My Baby”に影響されたんだと自らコメントをしています。ある日‘Be My Baby’をラジオで耳にしたブライアンはフィル・スぺクターの作る‘ウォール・オブ・サウンド’~音の分厚さに感動して、その続編を作りたいと考え悩みながら曲を作っていたそうです。そのあまりの真剣さにブライアンの奥さんのマリリンが心配して‘Don't Worry Baby…’と声をかけたのがブライアンのヒントになったらしいですよ!(Don't Worry Baby songfacts)

 今日はビーチ・ボーイズの名曲「Don't Worry Baby」と、曲を作るきっかけとなったという「Be My Baby」をセットでお届けします~!

★僕が最初に聴いたのはこっち。B.J Thomasの「Don't Worry Baby」!1977年最高位17位になりました。
↓↓↓↓↓


★Bay City Rollesのヴァージョン。レスリーがファルセットで歌ってるけど、コーラスも含めオリジナルを意識してるんだろうな。
↓↓↓↓↓


★“Don't Worry Baby”を歌ってほしいと、曲をフィル・スペクターとロネッツに贈ったのですがそのときはボツになりました(なのでビーチ・ボーイズが自らレコーディングした)。その時のブライアンの願いがかないました!ロニー・スペクター(ロネッツのリーダーがフィルと結婚して)が“Don't Worry Baby”を1999年にレコーディングしたのです。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Don't Worry Baby
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Sounds of Summer: Very Best of [CD, Import]
ザ・ビーチ・ボーイズ ¥1,919

4132V44YATL__SL500_AA300_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

まさにこのCD!

こんばんは。

私もロネッツの曲は聴いたことがあるのですが・・・それをいつ、どういうきっけけで知ったのか、全く覚えておりません。
(うっすらの記憶ですが、好きなDJさんが紹介して、それをカセットに撮っていた・・? とか、そんなことで知っていたような気も致します。)

そして・・・
夏と言えばビーチボーイズ! 的な。
夏の代名詞的なサウンドととらえられていますよね。

日本のミュージシャンにもアルバム・ジャケットやサウンドなどで西海岸を意識したような流行がありましたね。そういう日本の音楽にも影響をもたらしたのがビーチボーイズあたりを元祖とするアメリカのミュージシャンたちだったのかな、という気がしますね。
夏、海、車・・・とセットで連想させる、こういうサウンド。
今では確立されたジャンルのようですが、「元祖」の人たちは、これを最初から作って培い、時代が変わるとやがてイーグルスなどに代表されるウェスト・コーストの派にも受け継がれ・・・。 形となっていったんですね。 
口では言い表せない、「その土地」だからこそ生まれた音楽という気が致します。

最近、ビーチボーイズもちょっと「マイ・ブーム」でありまして・・・。
我が家で新しい車を買う際、せっかく新車をお迎えするのだから(?)新しいCDを、何か、と思い。
普段私は、CDは家で初めて聴くもの、なのですが。
初めて車のCDプレーヤーに入れるのは、新しいCDでこけら落としにしよう、と思いました。

そこで買ったのが上で紹介されている、このベスト盤だったのです。
まだ数回しか聴いてはおりませんが。

夏にデビューの車なので、夏を連想させるサウンドで、と選びました。
そして・・・あともう1枚夏っぽいもの、買いました~。
 (^^♪

軽快なサウンドが心地よいですね。 海辺で聴くともっと良いのでしょうが、あいにくと景色は海ではありませんが・・・。





ん?もう一枚は…?

はるちゃん、コメントありがとうございます。
そうですか!「儀式」にThe Beach Boysが選ばれましたね。「夏」と「車」はあるけど確かに「海」の要素はない。(この夏のドライヴは海へ!?) Brian Wilsonの映画で見ましたが、Surf Musicはサーフィンという若者の文化、行為がサーフィンをしていないときに「聴くべき音楽」としてジャンルが確立していったとのこと。歌詞にもサーフィンにとっての必需品(行くときの)「車」もよく登場するのだと…!
 ところで「もう1枚夏っぽいもの」はなんでしょうね!?

昔、丘サーファーって流行りましたねぇ。(笑)

こんばんは!
暑いですね。
いよいよ夏本番ですね。
夏になると聴きたくなる音楽、ってありますよね。
暑い時に暑苦しい音楽でも構わない派、ですが。 (笑)
さわやか~な風を感じる、そんな音楽もまた好きです。
彼らのサウンドは透明度が高く・・・澄んだ海を思わせますね。

コメ・レスをありがとうございます。
「サーフィンをしていないときに「聴くべき音楽」」ですか!

それとは違うお話で、俗っぽい話になりすみませんが・・
昔、日本でサーフィンが爆発物に流行った時がありましたね。
本物のサーファーは鼻高々だったでしょうが・・・
サーフィンをしない、多くの人の間では、ファッションや小物だけまねたり。
赤いビートルにボードを積む、そんな図柄なども流行しましたね。
丘サーファー・・・誰が生んだのか、この言葉も流行。
その頃だったかと思います、西武新宿の下にアメリカン・ブルバードが誕生し・・。
日本人の、とりわけ若い世代のアメリカへの憧れが高まった頃、と記憶しています。

サーフィンはしないのだけど・・・ああいうアメリカンな情景への憧れってありました。
イメージですけれど、アメ車、広い道路、海、・・・ イメージ図としてのアメリカと 西海岸の音楽って若い感性の時、自分にとてもマッチしていた気がします。

今も相変わらず・・・・マリン・スポーツは苦手で夏は日焼けが怖い!なんて、どこが西海岸なんだ?という私ですが・・・
その対極にあるサーフ・ミュージック、憧れの景色が浮かぶから余計に気になるのかもしれないな、と思い当りました。
(ブライアンさんすみません、ちょっと彼がおっしゃる意味とは違うとは感じますが。)

もう1枚の夏っぽいもの・・・何だと思われますか?
(結構、ベタな答えですが。)
明日あたり記事にしようと思っております。
では!



夏っぽいもの!

はるちゃん、再びありがとうございます。
POPEYEやらHOT DOG PRESSでも「丘サーファー」っぽいファッション大特集していました。ファッション的には「サーファー」と「アイビー」って近いですよね。僕の友人のWは初デートに行くのに「VAN」のボタンダウンに蝶タイにマドラスチェックのジャケット、短パン、素足にローファー、カンカン帽みたいなファッション(雑誌のページそのまま)で出かけて、彼女にドン引きされていたのを思い出しました(笑)
 さて「夏っぽいもの」、なかなかすぐには答えてもらえませんね!(^▽^;)
 答えは「ベタ」とお書きになっていますが、ビーチ・ボーイズよりベタなものがあるんでしょうか!
 よし、当てましょう!(5つのうちどれかでしょう)
1)KISS「Hotter Than Hell」!
・・・でもこれだとご家族から「暑くるしいからヤメテ」と言われそうだな。ということで、West Coast Soundなのではと思い、
2)Linda Ronstadtの「Simple Dreams」
・・・「It's So Easy]「Tumbling Dice」で軽快に、「Blue Bayou」でしっとりと…。同じ路線で、
3)Eagles 「Greatest Hits」
・・・「Take It Easy」でスカッとして「New Kid In Town」のコーラスもいいね。しっとり「Desperade」…。
あっいま、Huey Lewisの曲もかかりました。
4)Huey Lewis&The News「Picture This」
・・・うーむ。僕だったら夏のドライブに「Do You Believe In Love」かけるな。車には乗りませんが(-_-;)
5)Seals & Crofts「Summer Breeze」
・・・最後はやっぱり「Summer」のつく曲で。

さて、このうちどれかかな?5つも挙げてしまった。はるちゃん方面?のHR/HM方面でしょうか?さらに「ベタ」な答えを愉しみにしています!