Separate Ways / セパレイト・ウェイズ (Journey / ジャーニー)1982



Here we stand
Worlds apart, hearts broken in two
Sleepless nights
Losing ground
I'm reaching for you

僕らはここに立つ
世界は二つに分かれ
心も二つに引き裂かれた
眠れない夜が続き
足元がぐらつく
そんななかでも
僕は君に手を伸ばしている

Feelin' that it's gone
Can't change your mind
If we can't go on
To survive the tide love divides

終わってしまったと思ったら
もう君の心は変えられない
僕らもう続けられないなら
この波を乗り越えられず
愛はまた別れてしまう

Someday love will find you
Break those chains that bind you
One night will remind you
How we touched
And went our separate ways

いつか愛は君を見つけて
君を縛る鎖を解き放つだろう
ある晩 君は思い出す
僕らが出会い
そして別れてしまった道を

If he ever hurts you
True love won't desert you
You know I still love you
Though we touched
And went our separate ways

彼が君を傷つけたとしても
真実の愛は君を見捨てない
今でも君を愛してる
僕らは出会い
そして別れてしまったけれど

Troubled times
Caught between confusion and pain
Distant eyes
Promises we make were in vain

困難な時が続き
混乱と痛みにさいなまれた
遠くて見つめ合うこともなく
僕らの交わした約束も
今となっては虚しい

If you must go, I wish you love
You'll never walk alone
Take care my love
Miss you love

君が行くというのなら
君の愛を祈るよ
もう一人になっちゃだめだよ
さよなら愛した人
君が恋しいよ

Someday love will find you
Break those chains that bind you
One night will remind you
How we touched
And went our separate ways

いつか愛は君を見つけて
君を縛る鎖を解き放つだろう
ある晩 君は思い出す
僕らが出会い
そして別れてしまった道を

If he ever hurts you
True love won't desert you
You know I still love you
Though we touched
And went our separate ways

彼が君を傷つけたとしても
真実の愛は君を見捨てない
今でも君を愛しているよ
僕らは出会い
そして別れてしまったけれど

I still love you girl
I really love you girl
And if he ever hurts you
True love won't desert you

今でも君を愛しているんだ
本当に君を愛している
彼が君を傷つけることがあっても
僕の真実の愛は君のそばにいるんだよ

Songwriters: CAIN, JONATHAN / PERRY, STEVE
lyrics c Journey - Weedhigh Nightmare Music

Released in 1982
US Billboard Top100#8
From The Album“Frontiers”

frontiers.jpg


*本日、大阪公演です!




以下、過去記事の再掲載です。
↓↓↓↓↓

 ある大学で1985年6月15日にスタジオALTAの7階イベントホールにて「ディスコパーティー」が開かれ、400人の学生が参加したのですが、そのときの報告ニュースを見たら「ラストのセパレイト・ウェイズで場内のノリは最高潮!」と書いてあった。
 日本のディスコでもかかるくらいのハードなアレンジと世界を真っ二つにしてしまうくらいの別れの歌!?この曲でジャーニーを好きになり、また嫌いになった人も多いようですね。僕は・・・嫌いじゃないし、2013年3月11日の武道館ライブでのSeparate Waysも楽しみ!
 でも、PVビデオはいただけないなあ。自分たちの大げさなアレンジと歌詞?を皮肉るかのようにチープな悪ふざけの度が過ぎた感じがしますね。この歌、マジに好きな人はPVを見ない方がいいよね。

(この記事は以下のページを参考にしました)
・Wikipedia Separate Ways (Worlds Apart)
(Albumジャケット写真もこのページからいただきました)

PVビデオのパロディも登場!(2008 BYU-Idaho film festivalで第二位という作品だそうだ)
↓↓↓↓



1983年3月3日の日本武道館ライブ。Frontiers発売の翌年だったから、なおの盛り上がり!
↓↓↓↓


2013.3.09 朝刊にJourney武道館の記事が!
いつのまに震災イベント的になったのかな?
3.11震災復興→信じることをやめないで→Don't Stop Believin'、ってか。
ワーナーマイカルの映画館の生中継(\2,000)は埋まるのかな。東北会場は無料←これはいいですね。
↓↓↓↓
asahi20130309.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

WBCのテーマ

めっ太さん、こんばんは。そしてブログ5周年おめでとうございます!
この曲はWBCのテーマで知りました。
男女の別れの歌だから、歌詞はスポーツとは全くの無関係ですね。(^◇^;)
でも、WBCのテーマソングに使用されているのは、
別れの曲とは思えないくらい覇気に溢れたメロディだからだと思います。
それでは!

No title

碧水さん、ドラマティックな展開のこの曲、スポーツの前に聴くのも気合いが入っていいんでしょうね!どうぞ5年目もよろしくお願いいたします。